デジタル変革(DX)

SMART ENTERPRISE BLOCKCHAINによる企業グループ活動の見える化

記事をシェアする:

昨今、ブロックチェーン技術の普及により、その技術を用いて台帳管理を非集中管理することで各種取引の期間・コスト・脆弱性を改善することが期待されています。
特に製造業では異なる企業間・グループ間において、取引情報の即時連携や透明化などが求められており、導入が進んでいます。
このブログでは、企業がブロックチェーンの技術をサプライチェーン・マネジメントへ活用することによって解決する課題や様々な導入効果について、事例を用いてご紹介いたします。

(ブロックチェーン技術で企業間・グループ間の即時連携を実現)

製造業において、取引データなどの即時連携にはビジネス面での様々な課題が発生します。

  1. グローバル化、M&A等により新規システム連携作業が増大し経営スピードに追い付けない
  2. 戦略経営としてのSCM/SRM、統合DB等、グローバル視点での見える化が必須
  3. ペーパー中心の現場作業における作業効率の低下とデータの入力ミス防止
  4. 法規制への追従および、耐監査性の強化

SMART ENTERPRISE BLOCKCHAINには主に下記のような機能があり、様々な業務効率化やトレーサビリティの実現をすることができます。

ブロックチェーン機能:

  • 信頼性のあるデータ(確証データ)とトレーサビリティの確保
  • データの真正確認工数の削減
  • 耐監査性の向上

(SMART ENTERPRISE BLOCKCHAINの主な機能)

(実際の操作画面例)

個別開発の抑制で年間6.4億円のコストを削減。
顧客や取引先も含めたサプライチェーン強化に向けた活用にも期待

住友電工様ではグローバル化の進展により、世界40カ国を超えるグループ会社においてEDI適用率が低く、経営状況の把握が困難でした。
同社は業務データの統合の必要性や、ESG対応などの調達リスク管理の重要性に鑑み、SMART ENTERPRISE BLOCKCHAINを中核としたデータ統合基盤を構築しました。この導入により、全社で利用できるデータ統合環境が整い必要な時に業務データを活用することができるようになりました。

2019年4月の水処理事業への導入を皮切りに、グループ内各事業へ順次グローバル・データハブの展開を進め、2021年11月時点で国内17社の50システム、93種類のデータの接続で同データハブを利用しています。それにより、個別のシステム連携開発が不要となったことで約2,300万円の費用抑制効果が上がっているほか、データ連携に関する運用トラブルも激減しました。今後は2027年度までに国内外148社のグループ会社と578件のデータ連携を実現し、延べ2,000種類のデータの統合を目標にグローバル・データハブの展開を計画しています。それらのEDI化で年間6.4億円のコスト削減効果を見込んでいるほか、グローバル生産管理の高度化、グローバルの品質管理や調達リスク管理の強化にもグローバル・データハブが大きく寄与するものと期待されています。

詳細はこちらをご参照ください。

ブロックチェーンの導入構築から実業務適応のプロセス、さらに導入後の運用フェーズにおけるご支援まで、プロジェクトをスムーズに進めるためにお客様をサポートします。

主なメニュー:
ご提供可能なメニューは下表の通りです。詳細は営業担当にお問い合せください。

主なメニュー 大まかな期間
構想策定 ブロックチェーン技術を使用した経営・プロセス改革の構想策定支援 2か月
技術検証 ブロックチェーン技術によるお客様要件の実現性検証および、評価 2か月
企画書作成 ブロックチェーンを使用したシステム開発・維持に関する企画書作成支援 2か月
要件定義・設計・開発 貴社要件を満たすシステムの要件定義、設計および、開発支援 6~12か月
基盤構築 ブロックチェーンを使用した基盤構築支援 2~3か月
システム運用・監視 運用監視ツールを用いた24×365日の日英2か国語による運用支援

 

※弊社には既にいくつかのブロックチェーン周囲のアセットがあり、設計・構築段階におけるスピードアップをお約束します

詳しくは営業担当よりご説明いたします。ぜひお気軽にご相談ください。

 

田中 一郎

株式会社パラミックス
DX推進部 部長

橋川 征悟

日本アイ・ビー・エム株式会社
デジタルセールス事業部
アウトバウンドセールス事業 ビジネス開発営業部


【関連情報】

More デジタル変革(DX) stories

ロードアイランド州、IBM Watson Assistantを採用してコンタクトセンターを変革

IBM Data and AI, IBM Watson Blog, 事例...

あらゆる規模の組織が、増加する通話量に直面する顧客の問題に対処するためにWatson Assistantを利用していています。 COVID-19の新たな事象が急増し始めたとき、ロードアイランド州は、心配する住民からの何十 ...続きを読む


ニューノーマル時代の営業変革の処方箋 ‐ 行動データ×営業プロセスの可視化で営業変革の実践 ‐【後編】

IBM Data and AI, オートメーション, 業務の自動化

前編では、AIやプロセス・マイニングなどによるデジタル・データの活用をご紹介してきました。しかしながら、対象データが限られている状態では期待する情報が得られないことが起きることも事実として存在します。これは営業プロセスに ...続きを読む


ニューノーマル時代の営業変革の処方箋 ‐ 行動データ×営業プロセスの可視化で営業変革の実践 ‐【前編】

IBM Data and AI, オートメーション, 業務の自動化

企業は、業務改善、コスト削減やDXの推進といった様々な問題解決の取り組みを行っていますが、期待される効果は出ているでしょうか? 新型コロナウイルス(COVID-19)は、私たちの生活とビジネスのあり方に大きな変革をもたら ...続きを読む