IBM Envizi ESG Suiteの参考情報
コンテンツ・ライブラリーを活用して、サステナビリティーへの取り組みを加速してください。
オンライン・デモ相談会の予約 無料評価版を試す
持続可能性とESGの概念図
ESG を始める

ESGとサステナビリティーに関する知識を深めるための解説記事です。

ESGレポートとは

ESGレポートとは、企業の環境・社会・ガバナンス(ESG)の各面に関連する事業運営に関する情報を開示するためのレポートです。

ESGレポーティング・フレームワークとは

ESGレポーティング・フレームワークは、企業がESGに関連する詳細な業績、機会、リスクなどのデータを公的に報告するために使用します。

ESGデータとは

このビデオでは、ESGデータとは何か、他のデータセットとの違い、ESGデータを取得、管理、レポートする際に考慮すべき点について説明します。

炭素会計(カーボンアカウンティング)とは

温室効果ガス(GHG)の算定または炭素会計は、企業から直接的または間接的に発生する温室効果ガスをスコープ1、2、3の範囲にわたり定量化するプロセスです。

ネットゼロとは

大気中に排出される温室効果ガスが、大気から除去される同等の量によってバランスが保たれる点。

脱炭素化とは

温室効果ガス (GHG) の排出量を削減し、大気中から除去する気候変動緩和の方法。

eBookダウンロード EU CSRDガイド

欧州連合の企業サステナビリティー報告指令について、コンプライアンス、報告要件、主要な日付などを解説しています。

ESGレポーティング・フレームワークのガイド

報告のためのESGフレームワークを選択し、各フレームワークを比較します。

スコープ3排出量報告ガイド

スコープ3排出量の計算とレポート作成へのアプローチを解説します。

GHG排出量算定ガイド

金融機関対応レベルのデータを確立する方法と、排出量計算のベストプラクティスについて説明します。

お客様事例

さまざまな業界の先駆企業がIBM® Envizi™を使用してESGレポート作成とパフォーマンスに与えている影響を見てみましょう。

不動産投資信託

Envizi は、特にスコープ 3 排出量の積極的な開示に関して、持続可能性情報に対するステークホルダーの変化する要求に応えるために同社を支援します。

水関連のインフラ

Melbourne Water社はサステナビリティー・レポートの作成を合理化し、エネルギーの使用状況とESGパフォーマンスのデータが集約された単一のデータ管理システムを作成しています。

商業不動産

多角的な不動産グループのGPT社は、ESGデータの管理とレポートに対する系統的なアプローチにより、サステナビリティーにおいて業界を先導しています。

統合サービス

Downer Group社では、サステナビリティー・データの取り込みと脱炭素化戦略の変革を通じ、奏効している取り組みとそうでない取り組みを迅速に特定できるようになりました。

製造

各国に広範な製造拠点ポートフォリオを擁するCelestica社は、ESGデータの収集とレポート作成の変革に取り組んできました。

商業不動産

BanFast社はサステナビリティー・レポートに関する業務の合理化と迅速化にIBM Envizi ESG Suiteを活用しています。

ESGデータ関連記事 炭素会計(カーボンアカウンティング)とは

温室効果ガス(GHG)の算定または炭素会計は、企業から直接的または間接的に発生する温室効果ガスをスコープ1、2、3の範囲にわたり定量化するプロセスです。

ESGレポーティング・フレームワークとは

ESGレポーティング・フレームワークは、企業がESGに関連する詳細な業績、機会、リスクなどのデータを公的に報告するために使用します。

スコープ3排出量とは

スコープ3の排出量は組織の温室効果ガス排出量の大部分を占め、企業は直接的な物理的フットプリント以外の要素にも目を向ける必要があります。

スコープ3排出量報告ガイド

スコープ3排出量の計算とレポート作成へのアプローチを解説します。

ESGフレームワークの概要

さまざまなESGフレームワークの指標を詳細かつ視覚的に紹介します。

GHG会計の複雑さをマスターする

再生可能エネルギーの購入をどのように考慮するか、スコープ 3 の排出量計算にどのようにアプローチするか、そして 4 番目の排出量スコープが何を意味するのかを検討します。

デモ動画

ユースケース 排出量管理
ユースケース ESGレポートの作成
ユースケース 脱炭素化

データ分析
ワークフロー管理
ESGレポートの作成

脱炭素化施策の定義および分析

モジュール 温室効果ガス排出量スコープ1、2 算定・報告

モジュール 温室効果ガス排出量スコープ3 算定・報告

モジュール ESGレポーティング・フレームワーク
モジュール 目標値の設定と追跡

モジュール バリュー・チェーン・サーベイ・アセスメント

モジュール 光熱費分析

発表資料 IBM Enviziが7ヶ国語対応へ

IBM EnviziがEnviziの最新リリースを7ヶ国語対応としたことで、プロセスによりアクセスしやすくなりました。お客様は、IBM Envizi ESG Suiteインターフェースを、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ブラジル/ポルトガル語、日本語で表示できるようになりました。

ニュース:NLP(自然言語処理)機能がIBM EnviziのScope 3サービスに統合

新たなテキスト分類機能では、排出量の計算や外部開示に必要な支出データを組織が自動的に取り込み、整理、管理できるようにすることで、効率と精度を飛躍的に向上できるよう設計されています。

Digital Realty が ESG レポートに IBM Envizi を選択

Digital Realty は、クラウドおよびキャリアニュートラルなデータセンター、コロケーション、および相互接続ソリューションを世界中で提供する最大のグローバルプロバイダーの 1 つです。IBM Envizi ESG Suiteを使用して、27か国の300以上のデータセンターのポートフォリオ全体でESGパフォーマンスを収集、分析、報告します。

ESG対応をもっとシンプルに

「日本語データをインポートできる?」 など、個別のご相談を承ります。お気軽にお申し込みください。

オンライン・デモ相談会の予約