ハイブリッドクラウド管理とは
IBM Cloudのソリューションはこちら クラウド関連の最新情報を購読する
ハイブリッドクラウドを使っている人のイラスト

公開日: 2024年1月22日
寄稿者: Stephanie Susnjara、Ian Smalley

ハイブリッドクラウド管理とは

ハイブリッドクラウド管理(HCM)とは、組織で保有するオンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウド、Edgeの各環境にあるITインフラストラクチャーとサービスを監視・管理することです。

ハイブリッドクラウド管理では、ソフトウェアのソリューションを組み合わせて、コンピューティング・リソースの設計、デプロイ、管理に対応した統合管理プラットフォームを構築します。この柔軟なソリューションは、自動化人工知能(AI)、その他のテクノロジーを組み合わせて制御と可視性を一元化し、あらゆる環境のコスト、パフォーマンス、コンプラインス、セキュリティーを最適化する単一の画面を作成します。

ハイブリッドクラウドの価値を最大限に実現

システムを接続して統合し、AI 用のインフラストラクチャを準備します。

関連コンテンツ

登録してアプリのモダナイゼーションに関するガイドを受け取る

ハイブリッドクラウドとは?

ハイブリッドクラウドのアーキテクチャーは、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドのインフラストラクチャーをミックスさせたリソースとサービスを統合します。この環境は、自動化されたワークロードをオーケストレーションして、ビジネス・ニーズとユースケースに基づいて、最適なクラウドベースの環境でデータを迅速かつ安全に共有します。

現代の企業組織がハイブリッドクラウド・コンピューティングに依存しているのは、従来のオンプレミス・インフラストラクチャーの設定よりも高い柔軟性、拡張性、コストの最適化ができるからです。IBM Transformation Index: State of Cloudによると、ビジネスおよびITのプロフェッショナルの77%以上がハイブリッドクラウドの手法を採用しています。

ハイブリッドクラウド環境は、3つの重要なコンポーネントで構成されています。 

オンプレミス

オンプレミス(「オンプレ」とも呼ばれます)とは、従来からあるコンピューティングの形態で、組織がオフィスビルやオンプレミスのデータセンターなど、自社の物理的な場所にあるハードウェアとサーバー上でコンピューティング・リソース、ネットワーク、ストレージ、ソフトウェアを実行・管理することを指します。

プライベートクラウド

プライベートクラウドとは、すべてのリソースが分離されており、1人の顧客のためだけに運用されるクラウド・コンピューティング環境のことを指します。プライベートクラウドは、クラウド・コンピューティングの多くのメリットと、オンプレミスのITインフラストラクチャーのセキュリティーと制御を組み合わせたものです。

パブリッククラウド

パブリッククラウドクラウド・コンピューティングの一形態で、マルチテナントのクラウド・サービス・プロバイダー(CSP)(Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud Services、IBM Cloud、Microsoft Azureなど)が、個々の仮想マシン(VM)やパブリッククラウド・サービスなどといった、パブリッククラウドのリソースを公共のインターネット上でホストします。 

クラウドベースのサービスや管理ツールには、以下のようなものがあります。

  • Infrastructure-as-a-Service(IaaS): クラウド上でアプリケーションやワークロードを実行するバックエンドのITインフラストラクチャーを構成する、クラウドホスト型の物理サーバーや仮想サーバー、ストレージ、ネットワークにオンデマンドでアクセスできるサービスです。
  • Platform-as-a-Service (PaaS): アプリケーションの開発、実行、保守、管理に完全対応した、すぐに使えるクラウドホスト型プラットフォームにオンデマンドでアクセスできるサービスです。
  • Software-as-a-Service(SaaS): エンドユーザーがすぐに使えるクラウドホスト型アプリケーション・ソフトウェアにオンデマンドでアクセスできるサービスです(SlackやShopifyなど)。

ハイブリッドクラウド環境には、環境間のデータ転送もサポートする強力なネットワーク機能もあります。 この接続は通常、ワイド・エリア・ネットワーク(WAN)、)仮想プライベート・ネットワーク(VPN)アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)を使って行われます。

ハイブリッド・マルチクラウドの最新モデル

エンタープライズ・ビジネス向けのハイブリッドクラウド・モデルは通常、マルチクラウド(複数のクラウド・プロバイダーが提供するクラウド・コンピューティング・サービス)と統合されています。 マルチクラウドのアプローチで、組織は複数のクラウド・ベンダーからサービスを選択でき、プロバイダー1社に過度に依存する可能性を防ぐことができます。ハイブリッド・マルチクラウドにより、企業はベンダー・ロックインを回避し、柔軟性とコスト管理を最適化できます。

ハイブリッド・マルチクラウド環境は、アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)経由で通信させる独立した小さなサービスでソフトウェアを構成するクラウドネイティブなソフトウェア開発で用いる手法、マイクロサービス(またはマイクロサービス・アーキテクチャー)をサポートする際に重要になります。従来のモノリシックな手法とは異なり、マイクロサービスではDevOpsや他の開発チームが個々のサービスを個別のエンティティーとして扱うことができるため、開発、テスト、そしてクラウドへのデプロイメントが簡素化されます。

マイクロサービスはコンテナでデプロイされます。コンテナとは、あらゆる環境で実行するために必要なアプリケーション・コードと仮想化されたオペレーティング・システムの依存関係のみで構成された、軽量なソフトウェア・パッケージです。 コンテナ・オーケストレーション・プラットフォーム(通常はDocker SwarmまたはKubernetes)が、クラウド環境全体へのデプロイメントを自動化します。

ハイブリッド・マルチクラウド管理の手法は、エンタープライズ・ビジネスにおいて標準的なITインフラストラクチャー・モデルとなっており、97%以上の企業が2つ以上のクラウドを運用し、ほとんどの組織が10以上のクラウドを運用しています(PDF)。

ハイブリッドクラウドの課題

組織はハイブリッド・マルチクラウドのクラウドITモデルを構築し続けていますが、複数のクラウド・プラットフォームを採用すると、あらゆる業種の企業にとってますます複雑な問題が生じてきます。複雑な課題には以下のようなものがあります。

セキュリティーの維持

ハイブリッド・クラウドの実装では、さまざまな環境間で機密データやワークロードを移行させることになるため、セキュリティー攻撃対象領域が拡大し、データ漏えいの可能性が生じます。クラウドに設定ミス(クラウドのリソースや資産の設定におけるエラーや不具合)があると、セキュリティー・ギャップが生じ、サイバー攻撃データ侵害のリスクを高める可能性があるため、特に脅威となります。

監視と可視性

ハイブリッド・マルチクラウドにはさまざまな不確定要素があるため、チームはクラウド資産全体でオペレーションを監視・観察することが難しくなります。セキュリティー脅威を予測することが難しいだけでなく、データのサイロ化と断片化が生じる可能性もあることから、ビジネス価値を高めるデータ駆動型インサイトを取得することが難しくなります。可視化をしないと、クラウド・スプロール(組織がクラウド・コンピューティングのリソースを意図的に管理できないこと)が生じ、非効率で不要なコストにつながる可能性があります。

コスト管理

ハイブリッド・クラウドの導入には、複数のクラウド料金を管理することが含まれます。CSPに関連する標準的な従量課金モデルの場合、クラウドは使用したデータのギガバイト数などのメトリクスに基づいて課金されますが、ハイブリッドクラウドのコストは、複数のCSPやその他のサードパーティー・ベンダーによるクラウドの使用や課金の複雑さがあるため扱いにくくなる可能性があります。

ハイブリッドクラウド管理のメリット

ワークロードはあらゆる環境にあるさまざまなハードウェア・リソース上で実行されるため、組織にはワークロードの場所に関係なく、包括的に管理できる方法が必要です。完全ハイブリッドのマルチクラウド・プラットフォーム・テクノロジーと運用モデルから得られる価値は、単一のクラウド・ベンダーによるアプローチから得られる価値の2.5倍あることから(PDF)、ハイブリッドクラウド管理ソリューションのニーズが高まっています。

こうしたソリューションを利用することで、組織は以下のようなことができるようになります。

インフラストラクチャーを管理

ハイブリッドクラウド管理は、複数の環境にあるデータ、サーバー、アプリケーションのライフサイクル管理を合理化します。これにはEdgeロケーションも含まれており、データ処理能力をエンドユーザーに近づけることで遅延の短縮し、ユーザー・エクスペリエンスを向上させます。

リソースの最適化

ハイブリッドクラウド管理を利用すると、企業はビジネスの需要に応じてリソース(ネットワーク、処理能力、データ・ストレージの容量など)を増減させることができます。

可観測性を確保

ハイブリッドクラウド管理は、分散されたエンタープライズ・アプリケーションの監視と可視化を自動化する可観測性のある機能を中心に構築されているため、問題の解決や解消の迅速化と自動化が可能になります。

アプリケーションのモダナイゼーションを強化

ハイブリッドクラウド管理は、既存のレガシー・ワークロードを置き換えるのではなくて更新し、モノリシックなアプリケーションをマイクロサービスに分割することでソフトウェア配信のパフォーマンスを向上させるアプリケーション・モダナイゼーションをサポートします。 Amazon、Netflix、Uber、Etsyのような大手の組織では、さらに革新的な機能と、よりよい顧客体験を提供する迅速なアップデートで競争上の優位性を得るためにマイクロサービスを使用しています。

ハイブリッドクラウド管理のストラテジー

統合ハイブリッドクラウド管理プラットフォームの構築に関わるテクノロジーベースのツールを検討する前に、企業はハイブリッドクラウド管理のストラテジーを策定する必要があります。ハイブリッドクラウド管理のストラテジーは、個々のビジネス目標に応じて異なるように見えますが、組織はいくつかの基本的な手順から始める必要があります。

  1. ハイブリッドクラウド・エコシステム全体のチーム・メンバーに対する明確なポリシー、役割、責任を定めます。
  2. ワークロードを特定し、プライベートクラウド設定かパブリッククラウド設定かを問わず、ワークロードの配置場所を決めます。例えば、金融サービス会社では、機密性の高い顧客データの保管にはプライベートクラウドを利用し、カスタマー・サービス用の新しいモバイル・アプリのテストにはパブリッククラウドを利用する場合があります。全体的なパフォーマンスを向上させるために、クラウドネイティブなマイクロサービスベースのテクノロジーで更新できるワークロードを検討します。
  3. クラウドのSLA(サービス・レベル・アグリーメント)、特にシステムのアップタイム、遅延、データの可用性に関する条件や保証内容を確認します。複雑なハイブリッド・マルチクラウドのクラウド環境でSLAに従っていないと、取引価格、サービス提供の品質、カスタマー・エクスペリエンスに悪影響を及ぼす可能性があるため、すべての条件を注意深く読むことが不可欠です。
  4. エンドツーエンドの一貫性を実現するために、トップダウンでセキュリティー管理に対する全体的なゼロトラスト・アプローチを構築します。最終的に、データ・セキュリティーはデータ所有者の責任であり、組織はオンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドの各設定で一貫したセキュリティー、コンプライアンス、規制ストラテジーを確保する必要があります。

 

ハイブリッドクラウド管理ツール

統合ハイブリッドクラウド・プラットフォームには、独自またはオープンソースのソフトウェア管理ツールを多数組み込むことができます。各組織のハイブリッドクラウド環境はそれぞれ異なりますが、ここでは最も一般的な管理ソフトウェア・ソリューションをいくつか紹介します。

ハイブリッドクラウド管理プラットフォーム(CMP)

ハイブリッドクラウド管理プラットフォームとは、オンプレミス環境とクラウド環境にあるワークロードの管理と自動化を合理化する統合ソフトウェア・ソリューションのスイートを指します。

このようなプラットフォームは、統合ダッシュボード(つまり単一の画面)を基盤にしており、販売パターンから予算支出、セキュリティー問題に至るまで、組織がビジネスのあらゆる側面をよりよく理解できるように支援します。また、管理者や開発チームが、従業員のデバイス、サーバー、ネットワーク設備、Edgeロケーション、その他のITインフラストラクチャー・コンポーネントを含むIT環境全体を監視・管理するのにも役立ちます。

ハイブリッドクラウド管理プラットフォームは、リソースのプロビジョニングの自動化、アプリケーションのデプロイ、セキュリティーの管理、パフォーマンスの最適化、データ駆動型インサイトの提供を行う際にAIや機械学習(ML)を活用するようになってきています。

ハイブリッドクラウドのオーケストレーションと自動化ツール

Kubernetesのようなオーケストレーション・ツールを利用すると、ITチームはワークフローを自動化し、他のタスクに集中できるようになります。ハイブリッドクラウドの自動化はクラウド・バーストもサポートしており、プライベートクラウド内でアプリケーションの需要とコンピューティング容量が急増したタイミングを監視できます。設定したしきい値に需要が達すると、ワークロードのトラフィックはオンデマンドでパブリッククラウドにリダイレクトされます。ワークロードをパブリッククラウドに移行すると、プライベートクラウド内の重要なアプリケーションのリソースを解放することができます。

ハイブリッドクラウドのセキュリティー・ツール

ハイブリッドクラウド管理ソリューションは、ゼロトラストのセキュリティー・アプローチをサポートしており、一元化されたダッシュボードですべての環境のあらゆるアクティビティーを監視して可視化し、利害関係者が潜在的なセキュリティー脅威を監視、特定、対応できるようにします。セキュリティー・ソリューションのコンポーネントには、以下のようなものがあります。

  • ユーザーを検証するIDおよびアクセス管理(IAM)機能。
  • セキュリティー・イベントをリアルタイムで監視・分析するセキュリティー情報およびイベント管理(SIEM)ソリューション・ツール。
  • 転送時および保存時のデータに対するエンドツーエンドの暗号化を含むデータ保護ツール。
  • インターネット上のデバイスやネットワーク間に安全なトンネルを作ることで、転送中のデータを保護する仮想プライベート・ネットワーク(VPN)。
ハイブリッドクラウド・コストの最適化ツール

クラウド・コスト管理ソフトウェアは、組織がクラウド・リソースを監視して、オーバープロビジョニングを回避し、SaaS費用を削減し、投資収益率(ROI)を最大化するのを支援します。このようなツールは、コンピューティング、クラウド・ストレージ、ネットワーク・リソースの効果的な使用を自動化し、クラウド関連の全体的なコストを削減します。

ハイブリッドクラウドの規制対応ツール

ビジネスと規制の要件は常に進化しています。ハイブリッドクラウドのソフトウェア・ツールは、コンプライアンスの更新やアラートを自動化し、企業が日々進化する規則や規制に対応できるように支援します。

関連ソリューション
IBM Hybrid Cloud Solutions

さらに革新的なストラテジーを利用して、ハイブリッドクラウドのソリューションで根本的なビジネス・トランスフォーメーションを推進します。IBMは、お客様がアーキテクチャーに関して十分な情報に基づいた意思決定で成果を促進し、ビジネスの将来性を確保して、持続的な価値創造を実現できるよう支援します。

ハイブリッドクラウド・ソリューションの詳細はこちら →

IBM Cloud Management Console

IBM Powerのインフラストラクチャーを柔軟なSaaSソリューションで監視します。IBM® Cloud Management Consoleは、IBM Cloudでホストされるサービスとして実行され、組織はインフラストラクチャーを監視するためのソフトウェアを保守する必要がなくなります。

IBM Cloud Management Consoleを調べます

IBM Z によるハイブリッドクラウド

IBM Zをハイブリッドクラウドにシームレスに統合することでモダナイゼーションを加速させ、柔軟性とビジネスの俊敏性を実現します。

IBM Zによるハイブリッドクラウドの詳細はこちら
参考情報 ハイブリッドクラウド管理の価値

組織がアプリケーションとデータのモダナイゼーションに着手する際、ほとんどの場合、アプリケーションとデータのワークロードをパブリッククラウドとプライベートクラウドの両環境にバランスよく配置されるハイブリッドクラウドのストラテジーを採用します。組織には、すべてのシステムを円滑に稼働させるために、インフラストラクチャー全体で機能する堅ろうな管理ソリューションが必要です。

ハイブリッドクラウドの活用

ハイブリッドクラウドは、大規模なクラウド資産にある多様な要素を単一で一貫した機能ファブリックとして簡素化し、統合します。しかし、ハイブリッドクラウドを導入するだけでは不十分です。ITランドスケープの簡素化と統合というそのメリットを実現させるには、組織がその内容をマスターする必要があります。

ハイブリッド、マルチクラウドITの強化と保護

新しい管理ソリューションと提供方法は、データセンター内またはクラウド内を問わず、パフォーマンスの最適化、コストの管理、迅速なクラウド・アクセスの提供、そしてアプリケーション、環境、データがミックスされた環境の安全性確保に役立ちます。

ハイブリッドクラウドとは?

ハイブリッド クラウドは、パブリック クラウド、プライベート クラウド、およびオンプレミスのインフラストラクチャを組み合わせて統合し、柔軟でコストが最適な単一の IT インフラストラクチャを作成します。

ハイブリッドクラウドの説明

IBM SMEが、ハイブリッドクラウドとは何か、そのアーキテクチャーの仕組みなど、ハイブリッドクラウドについて知っておくべきことをすべて説明します。

クラウド・コンピューティングとは

クラウドコンピューティングにより、顧客はインフラストラクチャとアプリケーションをオンプレミスにインストールして保守することなく、インターネット経由で使用できるようになります。

次のステップ

IBMと提携して、IBMパートナーのエコシステムや、卓越したハイブリッドクラウドの専門知識、Red Hatのオープンなハイブリッドクラウド・プラットフォームによるAI対応のインフラストラクチャー・ソリューションを活用することで、AIのビジネス成果を達成し、ROIを最大化するハイブリッド・マルチクラウドを構築します。

ハイブリッドクラウドソリューションの詳細はこちら