デジタル変革とは

市場の需要に後押しされ、テクノロジーによって加速したデジタル変革とは、デジタル・ファーストの顧客、ビジネス・パートナー、従業員の体験を取り入れることです。

Detail view of businesswoman working on digital tablet during meeting in conference room

デジタル変革の定義

デジタル変革では、ビジネス・モデルから顧客体験、プロセス、運用に至るまで、ビジネスのあらゆる側面に対して顧客主導のデジタル・ファースト・アプローチを採用します。 AI、自動化、ハイブリッドクラウド、その他のデジタル技術を利用して、データを活用し、インテリジェントなワークフロー、より迅速でスマートな意思決定、市場のディスラプションへのリアルタイムの対応を推進します。 そして最終的には、顧客の期待を変え、新たなビジネス・チャンスを生み出します。

多くの組織は、単一の競争上の脅威や市場の変化に対応するためにデジタル変革を実施してきましたが、それが1回限りの修正で終わったことはありません。 MIT Sloanのマネジメント・レビュー (リンク先はibm.comの外部)によると、「デジタル変革とは、絶えず変化する環境への継続的な適応と考える方がよい」とされています。 その目的は、予測不能で絶えず変化する顧客の期待、市場の状況、地域的または世界的な出来事に対して、可能な限り最善の方法で進化して対応するための、技術的および運用的な基盤を構築することです。

また、デジタル変革は企業が行うものですが、その効果はビジネスをはるかに超えているという点も注目に値します。 Red Hatのある専門家は、次のように表現しています。「ソフトウェアを通じてより良い生活を実現すること、それが デジタル変革 です(リンク先はibm.comの外部)。 このような定義はどうでしょうか?」 特に、「より良い生活」に、新たな機会、利便性の向上、変化への耐性が約束された世界で働いたり遊んだりすることが含まれると考えた場合、それは確かな定義です。

ビジネスや生活においてこれほど多くの分野が20年前とは根本的に異なるものになったのは、デジタル変革のおかげです。 また、程度の差はあるとしても、私たちがデジタルの時代を生きているのも、デジタル変革が進められてきたからです。


デジタル変革の原動力

デジタル変革の主な原動力となってきたのは、常に顧客の期待でした。 次々に誕生した新しいテクノロジーによって、次のように、新しい方法で新しい種類の情報や機能にアクセスできるようになったことから始まりました。 

  • モバイル・デバイス
  • ソーシャル・メディア
  • モノのインターネット(IoT)
  • クラウド・コンピューティング

AmazonやNetflixなどの先駆者(破壊者ともいえる)は、これらの技術を採用して以下のことを実現することで、競合他社から市場シェアを奪いました。

  • ビジネス・モデルの再構築(eコマース、電子配信)
  • プロセスの最適化(サプライチェーン・マネジメント、新機能の開発)
  • 顧客体験の継続的な向上(状況に応じたカスタマー・レビュー、パーソナライズされた推奨)

他の組織が行っているデジタル変革については、こちらをご覧ください

競合他社は、より多くの機能と利便性を提供するために適応しました(あるいは、苦戦し、消滅した企業もあるでしょう)。 今日の顧客は、あらゆるビジネスをデジタルで管理し、場所や時間、使用するデバイスを問わずに、必要なサポート情報やコンテンツを手元で扱えることを期待しています。

最終的には、デジタル変革とは、ますます高まるこれらの期待に応えることです。 しかし多くの場合、組織は、この目的を達成するための特定の手段に対処するためのトランスフォーメーション・イニシアチブから始める必要があります。例えば、次のようなことです。

ビジネス・プロセスの自動化

AIと自動化を取り入れることで、顧客へのサービスが向上し、より価値の高い仕事をできるようになります。 また、運用モデルを簡素化し、生産性を向上させ、従業員がより適切な意思決定をより迅速に行えるようにする、インテリジェントなワークフローを構築できます。

ディスラプションに対する防御

デジタル変革は、競争上の脅威、市場の動向、顧客の期待の変化に対応して、迅速な製品開発、新しい顧客体験、新しいビジネス・モデルのための技術とベスト・プラクティスを導入します。 

変化への効果的な対応

このプロセスには、レガシー・テクノロジーを最新のインフラストラクチャー上で実行し、最新のアプリケーションと相互運用するためのモダナイズが含まれます。 これにより、システムやプロセスに弾力性を加えたり、買収や合併によって獲得したアプリケーションやデータを統合したりします。

より少ない制限で、より多くのリソースへのオンデマンド・アクセスを可能にする

デジタル変革により、企業は、エコシステム・パートナー、業界ソリューション・リーダー、複数のクラウド・サービス・プロバイダーから、可能な限り幅広いソリューションやサービスを採用できるようになります。


新型コロナウイルス感染症のパンデミックは究極の原動力になるか

2020年、新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、あらゆる組織のデジタル変革への取り組みとその進捗状況(あるいはその欠如)を明らかにしました。 製造メーカーは、いかに迅速かつ効果的に新製品を市場に投入できるかを学びました。 小売業者は、安全な買い物をするための新たな方法を顧客に提供しようと先を争いました。 雇用主は、従業員が自宅で仕事をできるようにするための技術を導入したり、拡張したりしました。

業務ワークフローの中で、最も明白に弱点が露呈したのがサプライチェーンでした。 サプライチェーンは常に脆弱です。McKinsey Global Institute社によると、3.7年ごとに1カ月以上続くサプライチェーンのディスラプションが発生しています(1) 。 しかし、パンデミックが始まって間もなく、米国では主要貿易相手国からの輸入量が瞬く間に約50%減少しました (2)。 企業は、数年から数十年分のサプライチェーンの変革を、数週間から数カ月で行うことを余儀なくされました。

その影響は長期間続きます。 Twilio社は最近の調査で、新型コロナウイルス感染症を「10年に一度のデジタル加速要因」と呼んでいます。 2019年10月のパンデミックに先立ち、業界アナリストのIDC社は、全世界でのデジタル変革への支出が2023年に2.3兆米ドルに達すると予測していました(3) 。 パンデミックの発生から8カ月後の2020年12月には、IDC社はその見積もりを約3倍の6.8兆米ドルまで引き上げました(4)

不確実性の中での企業の変革(PDF、201 KB)


変革をもたらすテクノロジー

事実上、どのようなデジタル・テクノロジーであっても、組織のデジタル変革戦略において何らかの役割を果たすことはできます。 しかし、現在および近い将来において中心的な役割を果たすと考えられるテクノロジーには、次のものがあります。

人工知能と自動化

 

機械学習などの人工知能(AI)技術は、コンピューターや機械が人間の脳の機能を模倣することを可能にします。 AIは、さまざまな事例から学習し、物体の認識や意思決定などを行います。 自動化と組み合わせることで、AIはあらゆるワークフローにインテリジェンスとリアルタイムの 意思決定を注入することができます。 AIは、革新的なスマート製品、ますますパーソナライズされた顧客体験やユーザー体験、サプライチェーン・マネジメントや変更管理などのために最適化されたワークフローなど、あらゆるものを推進できます。

ハイブリッドクラウド

 

ハイブリッドクラウドは、オンプレミスのIT、パブリッククラウド、プライベートクラウドのリソースを、オーケストレーション、管理、アプリケーションのポータビリティーによって接続するクラウド・コンピューティング・インフラストラクチャーです。 あらゆるワークロードを実行するための柔軟かつ最適な単一のクラウドを構築し、組織を単一のプラットフォームやベンダーに固定しないことで、ハイブリッドクラウドは、デジタル変換の成功を持続的なものにするために必要な俊敏性、拡張性、レジリエンスを提供します。

マイクロサービス

 

マイクロサービス 、それぞれ単独でもデプロイ可能なコンポーネントの疎結合によって単一のアプリケーションが構成されている、クラウドネイティブなアプリケーション・アークテクチャーです。 マイクロサービスは、アジャイルやDevOpsの手法とともに、デジタル・ディスラプションを生み出したり、それに対抗したりするためのエンジンです。 マイクロサービスを使用することで、組織は、新しいソフトウェアや製品の機能を毎日、場合によっては1日に数百回、あるいは数千回でもデプロイできるようになります。

モノのインターネット

 

モノのインターネットット(IoT)とは、インターネット上でデータを収集して送信するセンサーを備えたオブジェクトやデバイスです。 IoTデバイスは、デジタル技術が物理的な現実と出会う場所です。 サプライチェーンの物流管理や自動運転車などのアプリケーションは、リアルタイム・データを生成します。AIやビッグデータ分析アプリケーションは、そのデータを使用して自動化や意思決定に発展させます。

ブロックチェーン

 

ブロックチェーンは、電子取引の永続的かつ変更不可能な分散型の台帳あるいは記録です。 ブロックチェーンを使用すると、取引を必要とする人に対してはその取引の完全な透明性が保証される一方で、必要としない人はその取引にアクセスすることができなくなります。 組織は、強力な弾力性を備えたサプライチェーンや国境を越えた金融サービスの変革の基盤としてブロックチェーンを 利用しています。

デジタル化

 

デジタル化とは、紙ベースの情報をデジタル・データに変換することです。 印刷された情報をデジタル化するというのは古いやり方のように思えるかもしれませんが、これはほぼすべての産業やセクターにおいてデジタル変革の取り組みの一環として行われていることです。 また、デジタル化は、医療(電子カルテ、EMR)、行政、教育の分野においても、変革に向けた基本的な取り組みに不可欠なものです。

 

 


デジタル変革戦略

100の組織がデジタル変革戦略について詳しく説明すると、おそらく100通りの異なるロードマップが示されるでしょう。 それでも、成功したデジタル変革のほとんどは企業のビジネス戦略に沿ったものであり、次の2つの原則に従っています。

  1. 最初に理想的な顧客体験を設定し、そこから逆算して取り組みます。
  2. 事業の変革に対して総合的なアプローチをとります。

企業はまず、顧客に対して、顧客でいてもらいたいと望む期間にわたって自社の製品やブランドによって提供したい体験を思い描くことから始めます。 この目標を設定するということは、顧客のニーズや期待がどのように変化するかを予測し、ディスラプションの機会を見極めるために、テクノロジーの傾向だけでなく、市場も分析する必要があることを意味します。

次に組織は、インフラストラクチャー、製品開発、運用、ワークフローなど、エンドツーエンドのデジタル・ビジネスをどのように変革しなければならないかを決定します。 そして最後に、その顧客体験を実現し、機会や変化に応じて継続的に改善していきます。


関連するソリューション

デジタル変革

デジタル・ファーストのビジネス・モデルを開発することで、競争上の優位性を獲得し、顧客に価値を提供する方法を根本的に変革します。 IBMのビジネス戦略とテクノロジーの専門知識を活用して、デジタル変革の旅を加速してください。


IBM Garage

IBM Garageは、デジタル変革を加速するためのエンドツーエンド・モデルです。 ユーザーが革新的なアイデアを生み出し、それらのアイデアをビジネス価値に変えるためのプラクティス、テクノロジー、専門知識を身につけるのを支援します。


AIを活用した自動化ソリューション

AIを活用した自動化と、AIを拡張するための実証済みの方法論により、ビジネスの運営方法を簡素化します。


ビジネス・コンサルティング・サービス

デジタル変革を成功させるには、組織の境界やレガシー・システムをまたいでプロセスを統合する必要があります。 財務、調達、カスタマー・サービス、人材管理の各プロセスをまたいでデータを利用できるようにすることで、効率性を向上させます。


ビジネス運営ソリューション

企業の資産管理、サプライチェーン、施設運営にAIを活用したソリューションを取り入れることで、より弾力性のあるビジネスを構築します。