AIを活用したデジタル変革をより強力に支援

お客様が企業全体で戦略的かつ効率的なAI活用を推進するための包括的なサービス「 IBM AI ナレッジ・プラットフォーム(正式名称: IBM Services AI Enterprise Knowledge Foundation)」を提供して、AIを活用した企業のデジタル変革をより強力に支援します。

企業におけるAI活動の課題

企業の中でさまざまなAIシステムが開発されているが、誰が何を作っているのか共有されていない。

AIシステムを作るにはAIへの訓練に多大な工数がかかるため、実装には躊躇してしまう。

AIシステムのパフォーマンスが十分なのかよくわかっていない。
そのAIの性能を理解するには、人が膨大なログを分析する必要がある。

企業全体でAIを活用するために必要な仕組みの実現

AIシステム開発の生産性向上と、AIシステムの品質を改善する業務の効率化が重要です。そのためには、企業全体での体系的なAIマネジメントが必須です。

  • データ(知識)・アルゴリズム(訓練手段)・モデル(訓練結果)の体系的管理
  • AIシステム資産の再利用と訓練データ生成の効率化
企業のAI活用に求められる仕組み IBM AI ナレッジ・プラットフォームの概要図

IBM AI ナレッジ・プラットフォーム

IBM AI ナレッジ・プラットフォームはサービス群とツール・アセット群で構成されます。

  • サービス群:AI活用の戦略策定から導入支援、AI人材の育成といった多様なサービスをまとめています。
  • ツール・アセット群:データ、アルゴリズム、モデルなどのAI資産を公平に、かつ透明性を保ちながら統合的に管理してシステム構築・運用の品質向上や大幅な効率化を推進するツールやアセットで構成されます。
IBM AI ナレッジ・プラットフォームの構成 概要図

サービス群

AIマネジメント支援

  • AI活用戦略策定・AIロードマップ作成・管理
  • 機能強化課題・開発予定AIシステム管理
  • AIシステム導入によるROIのモニタリングと課題管理
  • 機能強化や新たなユースケースの迅速なPoCの実施

AIガバナンス支援

  • AI管理プロセスの定義と実行・モニタリング
  • AIナレッジの管理(訓練データ、モデル、アルゴリズム、検証データ)
  • Enterprise AI Platformの構築と運用
  • AIパフォーマンスのモニタリング

AIプロジェクト導入支援

  • Design Thinkingを通したユースケース評価・定義と創出価値の定義
  • 技術検証支援
  • 本番導入支援

AI運用・再学習支援

  • KPIダッシュボード構築と運用
  • 課題抽出と品質向上アクション(再学習)の効率的な実施
  • AIシステムのバージョン管理と切替支援

AI人材育成・スキル移管支援

  • データサイエンティスト育成支援
  • AIシステムに関するスキル移管
  • Enterprise AI Knowledge Foundationに関するスキルトレーニング
  • Watson API技術支援

アセット群

企業全体でのAI活用を前提に、AI資産を統合管理

顧客とのコミュニケーションだけでなく、企業全体の業務に活用できるように、AIシステムに関するデータやアルゴリズム等の資産を統合的に管理・再利用することが可能

OSSを含めたAI資産を統合的に管理

IBM製品だけでなく、OSS*も含めたAIシステムに関するデータ・モデル・アルゴリズム・各種ツールが管理でき、企業のAIノウハウを統合的に蓄積

*OSS: Open Source Sysytem

AIの仕組みの可視化と利用の容易化

データサイエンスの専門性が低くても容易に利用できるUIを提供し、最適なAIアルゴリズムを推奨。また、各AIシステムが使用するデータとアルゴリズムを可視化

AIシステム構築・品質改善業務の生産性向上

AIシステムの構築では、登録されたデータやモデルの再利用により開発生産性を向上でき、従来のデータ準備・学習に必要な工数を圧倒的に効率化する方法論とアセットを提供

AIシステムのパフォーマンスを可視化

実際に稼動しているAIシステムの技術的・業務的・経営的なKPIを可視化し、ダッシュボードでモニター可能

AIシステム開発と継続学習の一連のサイクルをサポート

AIシステム開発全般と継続学習の一連のサイクルをサポートし、AIシステム開発・運用に関する業務の効率化を実現します。

AIシステム開発・運用業務を効率化

IBM AI ナレッジ・プラットフォームが提供するAIパフォーマンス・ダッシュボードにより、AIの運用と再学習プロセスを効率化します。

登録済みモデル・訓練データ・テストデータの再利用によって開発工数を削減します。

IBMアセットによる学習データの選別により、トレーニング工数を大幅に削減します。

サポート範囲

IBM AI ナレッジ・プラットフォームのサポート範囲 概要図

関連情報

エンタープライズAIへのシフト

更なる価値を実現するために、データとスキルのギャップを解決

企業全体での戦略的かつ効率的なAI活用を支援

コグニティブ化する日本

AIが創る未来の日本

関連ソリューション

IBM Watson

膨大な情報を知見に変え、新たな顧客体験の創出や、的確な意思決定を可能にします。お客様のビジネスに活用いただくためのAIです。

コンサルタント

松瀬 圭介の写真

松瀬 圭介

鈴木 至の写真

鈴木 至

IBMのエキスパートにご相談ください。

電話でのお問い合わせ:0120-550-210 | 識別コード:Services

IBMをフォローする

IBMをフォローする