概要

すべての段階でのセキュリティー

IBMが提供する最新のセキュリティー機能でデータを保護します。

データの所有権

Watson Assistantでは、お客様が自身のデータと洞察を管理できます。これには、どのデータを複数のインスタンスにわたって共有および記録するかを調整する機能が含まれます。

データの分離

エンタープライズ組織の追加のニーズに対応するために、オプションのデータ分離は、他のどんなアプリケーションとも共有されない単一のテナント環境を提供します。

データ保護

高度な暗号化手法、プライベート・エンドポイントのオプション、そしてBring Your Own Key(BYOK)の使用により、データが保存時も転送中も暗号化で保護されていることを把握してください。

セキュリティーのテストとレビュー

IBMは、社内/社外のペネトレーション・テストと継続的なレビューを実行することで、データの保護をサポートします。

アクセス制御

個々のスキル、アシスタント、インスタンス全体を表示できる組織内のユーザー、また編集できるユーザーを選択します。

監査証跡

重要なアクションが発生した場合に、そのアクションを適切に理解するために、スキルとアシスタントに対して行われた更新を追跡します。

コンプライアンスと認証

ISO 27001、27017、27018

ISOロゴ

ISO 27001、27017、27018

Watson Assistantは、情報セキュリティーとデータ保護についてのISO認証を受けており、エンタープライズ組織の高い基準を満たしています。

SOC 2

SOCロゴ

SOC 2

IBM Cloud上のWatson AssistantはSOC 2認定を受けています。

米国のHIPAA

HIPAAロゴ

米国のHIPAA

Watson AssistantのEnterpriseプランを使用しており、IBMのワシントンDCとテキサス州ダラスのデータセンターでホストされている組織は、サポートを利用できます。

EUのGDPR

GDPRロゴ

EUのGDPR

IBMでは、GDPR準拠をサポートするためのデータ・プライバシー、セキュリティー、ガバナンスを提供します。

導入の柔軟性とレジリエンシー

必要なところに必要な方法で、時間とともに変化する機能を持つアシスタントを実装できます。

エンタープライズの拡張性

グラフのアイコン

使用量が低、中、高のどれであっても 問題ありません。Watson Assistantはニーズに合わせて成長し、顧客の需要に対応するよう拡張できます。

オンプレミスでの導入

建物のアイコン

IBM Cloud Pak® for Dataを使用して、ご使用の環境内でアシスタントを実行できます。

IBMまたはその他のパブリッククラウドでの稼働

クラウド・アイコン

IBM Cloudを使用して価値実現までの時間を短縮します。 Amazon、Google、Microsoftのクラウドでも稼働できます。

高可用性と障害復旧

地球のアイコン

IBMのグローバル・ロケーションでは、少なくとも8マイル離れた3つのデータセンターがシームレスに動作して、アシスタントの可用性を確保します。

複数ゾーンの地域での可用性

地球のアイコン

Watson Assistantは高可用性をサポートするために複数のゾーンの地域に実装されており、お客様の中断とダウンタイムを最小化します。

サービス・レベル・アグリーメント

リストのアイコン

Watson Assistantは、ご希望のプランに基づいて最大99.9%の可用性を提供します。

その他の参考情報

コンプライアンスの認証

IBM Cloudの認証とコンプライアンスのすべてのサポートについてご覧ください。

データ・ポリシー

Watson Assistantでのデータの使用方法と記録方法、また、IBMによるコンプライアンス要件のサポート方法についてお読みください。

IBM Cloud Pak® for Data

IBMが、IBM Cloud Pak for Dataでオンプレミスまたは任意のクラウド上にWatson Assistantを提供する方法を説明します。

お客様の声

よくあるご質問(FAQ)

Watson Assistantは安全ですか。

Watson Assistantは、情報セキュリティーとデータ保護についてのISO認証を受けており、エンタープライズ組織の高い基準を満たしています。

Watsonはデータを保管しますか。

ほとんどのWatsonサービスはステートレスです。つまり、お客様がIBMに基本モデルのトレーニングにお客様のデータを使用しないように指示する場合、Watsonはお客様のデータを保管しないということです。 監査は社内で実行されますが、IBMは、お客様のセキュリティーとプライバシーを保護するためにプロセスを共有しません。

チャットボット・テクノロジーは人工知能、機械学習、または自然言語処理(NLP)を使用しますか。

Watsonは、ディープ・ラーニング、機械学習、自然言語処理(NLP)のモデルに基づいて構築されており、顧客体験を向上させ、顧客による予定の変更、出荷の追跡、残高の確認を支援します。 Watsonはまた、機械学習アルゴリズムを使用し、補足の質問を行って、顧客についての理解を向上し、必要に応じて人間のエージェントに引き継ぐこともできます。

拡張されたインテント検出モデルをお試しください。 英語のダイアログとアクションのスキルにおいてベータ機能として提供されている、この新しいモデルは、より迅速かつ正確です。 実行時に高い即応性を持つ包括的なモデルで、従来の機械学習、転移学習、ディープ・ラーニングの手法を組み合わせています。 詳しくは、インテント認識の向上を参照してください。

Activity Trackerイベントとは何ですか。

セキュリティー担当者、監査員、または管理者として、Activity Trackerサービスを使用して、ユーザーとアプリケーションがIBM Cloud®内のIBM Watson™ Assistantとどのように対話するかを追跡することができます。

IBM Cloud Activity Trackerは、IBM Cloudでサービスの状態を変更するユーザー開始アクティビティーを記録します。 このサービスを使用して、異常なアクティビティーや重要なアクションを調査し、規制当局の監査要件に準拠することができます。 さらに、アクションが発生したときにアラートを受け取ることができます。 収集されるイベントは、クラウド監査データ・フェデレーション(CADF)標準に準拠しています。 詳しくは、IBM Cloud Activity Trackerの入門チュートリアルを参照してください。

WatsonはEUの一般データ保護規則(GDPR)の準拠をサポートしますか。

IBMは、お客様とパートナーによるGDPR準拠の行程を支援するために、これらの企業へのデータのプライバシー、セキュリティー、ガバナンスのための革新的なソリューション提供に尽力しています。

IBM独自のGDPRに対する準備の行程と、お客様の準拠の行程をサポートするGDPR機能とオファリングについて、ここで詳細をご覧ください。

Watsonは医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)の準拠をサポートしますか。

米国の医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)のサポートは、ワシントンDCまたはダラスのロケーションでホストされるEnterpriseプランで利用できます。 詳しくは、EUおよびHIPAAのサポート設定の有効化を参照してください。

作成するトレーニング・データ(ユーザー例を含むエンティティーとインテント)に個人医療情報(PHI)を追加しないでください。 特に、インテントまたはインテント・ユーザー例の推奨に利用するためにアップロードする、実際のユーザーの発話を含むファイルからすべてのPHIを必ず削除してください。

次のステップへ

顧客体験を向上させるスマートなAIチャットをはじめましょう

一社ごとにシナリオ・ベースのデモを通して解説、疑問にお答えするオンライン・デモ相談会を開催しています。
デモ内容: シナリオにない、自由な質問への回答 / 満足度を高める回答

オンライン・デモ相談会 → 無料評価版を始める →