概要

今日、データはビジネスそのものとなっており、種類も数も急増しています。このような状況ではデータの保管、保護、アクセスの方法が重要となっており、これに対応できるコスト効率と拡張性の高いソリューションが必要です。 IBM Cloud Object Storageは、オンプレミスでもホスト型IBMクラウド(Bluemixインフラストラクチャー)環境でも導入でき、ハイブリッド・クラウド向けオブジェクト・ベースのストレージ・プラットフォームとして理想的です。IBM Cloud Object Storageは、IBMストレージ・ファミリーに不可欠なソリューションでもあります。厳しい要件に対応する幅広いストレージ・オプションを、信頼できるベンダー1社から提供することができるのが、IBMストレージ・ファミリーです。

柔軟な導入形態

オンプレミスまたはクラウド(あるいはその両方)や、複数の地域にわたり導入できるオブジェクト・ストレージ・ソリューションで、自社のニーズに応えるストレージ・アーキテクチャーの設計が可能

柔軟なライセンス体系

必要なストレージ容量を購入して企業とクラウドの間でデータを柔軟に移動可能

柔軟なインターフェース

ファイルとオブジェクト両方のストレージ・ワークロードをサポートしており、従来型とWebベースの両アプリケーションに対応するデータ・ストレージ・ハブを導入可能

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

IBM Cloudで使用可能

この製品は、アプリケーションの作成、実装、管理を素早く簡単にオープン・ソース環境のIBM Cloudで実施できます。

詳細を表示