基幹業務のデータをクラウドに保存

無料の1,500米ドル分のクレジットを取得して、IBM Cloud® Object Storageを90日間お試しください。

概要

メリット

活用事例

バックアップとリカバリー

バックアップとリカバリー

IBM Cloud Object Storageは、重要なデータをバックアップできる拡張性の高い安全な保存先を提供します。 これにより、即時アクセスを維持しながら、バックアップのコストを削減します。

データ・アーカイブ

データ・アーカイブ

アーカイブ・データを統合し、IBM Cloud Object Storageに保存することで、コスト効率よくデータを永続化し保護できます。

クラウドネイティブ・アプリケーション

クラウドネイティブ・アプリケーション

コンピューティングのランタイムとマイクロサービスとともにデータ・ストレージとしてIBM Cloud Object Storageサービスを使用することで、統合アプリケーションを開発できます。 SDKはAPI関数をサポートします。

AIとビッグデータ分析

AIとビッグデータ分析

IBM Cloud Object Storageにデータレイクを作成し、インプレース検索ツール、分析ツール、機械学習ツールを使用して実用的な洞察を抽出できます。

IBM Cloud SQL Query

データ分析のための、サーバーレスで対話式の照会サービスです。

主要な機能

IBM Cloud Object Storageの特徴

Smart Tier

Smart Tierがデータ・アクティビティーに基づいてティアの分類とコストの最適化を自動化します。 データの使用パターンが不明な場合や変化する場合に最適な機能です。

高い耐久性とレジリエンシー

99.99999999%のデータ耐久性を実現するよう構築されています。 お客様が必要とするロケーション、可用性、およびパフォーマンスに合わせたレジリエンシー・オプションを選択できます。 個々のお客様の結果は異なります。

データ保護および安全性

IBM Key Protectで暗号鍵を管理します。 IBM Cloud Identity and Access Managementサービスを使用して、役割ベースのポリシーとアクセス権を設定します。

高速データ転送

ネイティブ統合されたAsperaの高速データ転送オプションにより、データを安全にIBM Cloud Object Storageに移動します。 データのアップロードは無料です。

データを移動せずに照会

IBM SQL Queryを使用するとIBM Cloud Object Storage内のデータを迅速に分析できます。 データの抽出、変換、格納(ETL)のために、データを容易に活用できます。

改変不能なオブジェクト・ストレージ

電子レコードを保存し、データを削除や変更から保護します。

クォータ管理

バケット使用量を制限してストレージ・コストを管理します。 上限に達した場合は、これを拡張しない限りデータを追加することはできません。 しきい値に基づいたアラートを設定します。

独自のキーを保持可能

IBM Cloud Hyper Protect Crypto Servicesとの統合により、強化されたデータ・セキュリティー、暗号化オプション、よりきめ細かな管理と権限を実現します。

高速アーカイブ

最大2時間の高速リストア・オプションを使用すると、長期データのストレージ・コストを削減しながら使用頻度の低いデータにアクセスできます。

スキルを構築する

IBM Cloud Object Storageのトレーニングと認定資格

Cloud Developer Professionalカリキュラム内の「IBM Cloud Object Storage」コースを通じて、ストレージに関するスキルを習得できます。