AIとの融合でBIが新たなステージへ

ビジネス・インテリジェンスにAIのパワーが加わることで、これまでになかった新たな洞察をデータから導き出すことができます。データ整備から分析、ダッシュボードやレポートによる共有まで、一連のプロセスをツールがガイド。すべての人がデータにもとづいて意思決定できる環境を実現します。

すべてのユーザーのためのビジネス・インテリジェンス

A computer icon

経営層の場合

正確で最新のデータによる経営指標を見える化でき、的確な経営判断を行うことが可能になります。

Magnifying glass icon

管理職の場合

AIによるレコメンドを活用することで、必要な情報をさまざまな切り口で多角的に確認することができ、担当者ごとにきめ細やかなアドバイスを行うことが可能になります。

squares icon

業務担当者の場合

IT部門に依頼することなく、欲しい情報を欲しいタイミングで入手することができるため、業務を柔軟に変更し、最適なアクションを取ることが可能になります。

あらゆる業種で活用できるスマートなビジネス・インテリジェンス

リアルタイムでの情報把握でビジネスへの有効活用を実現

  • Excelで行っていた情報分析環境を刷新することで、それまで要していた時間と手間を大幅に削減。
  • システム部門を介さずに現場のスタッフが欲しい情報をリアルタイムで抽出して、自在に分析することが可能に。
  • スピーディーな情報把握により、分析結果のビジネスへの有効活用を実現。

複合的なデータ活用により、沿線エリアの価値向上を実現

  • グループ全体でのデータ統合と共有化を行い、データの一元性、一貫性に基づいて意思決定を実行できます。
  • 定量データと定性データを複合的に組み合わせることで、より深く掘り下げたマーケティング分析が可能に。
  • 現状を“見える化”することで、その先にある事実を読み解くために何をすべきか、今後のBIの進むべき方向性も明らかに。

効果的なマーケティング・コミュニケーション戦略を支援するサービスの提供を可能に

  • 顧客接点で取得できる各種データを活用し、プロモーション全体を体系的にとらえ、効果的・効率的なコミュニケーション活動をサポートできます。
  • クライアントがインターネットを通して、自分のパソコンのブラウザー上で簡単に分析を行うことができます。
  • 分析結果をプロモーションのアウトプットと連動し、商品の選び方や写真の表示を改善して、より購買意欲を高めることができます。

主なソリューション

IBM Cognos Analytics

AIによって分析を自動化、誰もが簡単にデータから洞察を得ることができます。社員によるセルフサービスBIから全社的なエンタープライズBIまで、組織全体のスマートな意思決定を促進します。

リソース

データに対する信頼性の構築

優れた情報は、優れた意思決定の基盤となります。ビジネスにおいて「データが正しいか」を確認せずに「何が起きているか」を正確に知ることはできません。IBMがどのようにして支援するのかをご覧ください。

ビジネス・インテリジェンス・ソリューションはどれも同じではない

Aberdeen Research社のこのレポートには、常に競合他社の先を行く方法が説明されています。また、リーダー企業が競争力を維持するために使用する、主要なビジネス・インテリジェンスのコンポーネントや機能も説明されています。

ランキング1位のビジネス・インテリジェンス・ソリューション

最近のBARC Scoreのビジネス・インテリジェンス・レポートでIBMが市場リーダーに選ばれた理由をご覧ください。

Webセミナー・センター

業界アナリストや専門家による、ビジネス・インテリジェンスに関する旬のトピックを探すことができます。

お客様事例

柔軟なアナリティクス機能とパワフルな管理機能を活用したフライトの提供

カナダの航空会社であるウエストジェット航空は、顧客に快適なフライトを提供するために、IBM Cognos Analyticsの新しいダッシュボード、マッピング機能、データ可視化機能を活用しています。

アナリティクスが学生の定着を支援

フロリダ大学では、学生の行動データの中に定着に関する貴重な情報が含まれている可能性があることを理解、IBM Cognos Analyticsを使って、教授や管理者のためにデータから実用的な洞察を引き出しました。

アナリティクスが企業の成長を支援

米国のある大手保険会社は、IBM Cognos Analyticsを使用して分析環境をアップグレード、ビジネス・ユーザーが自分で答えを見つけることを支援する新しいセルフサービス機能を導入しました。

お問い合わせ

データ活用にまつわる課題をお持ちではありませんか?
IBMはデータ活用のための多様なソリューションを幅広く揃え、ご要望にお応えします。
データ活用に関するご相談・お悩みがございましたら、お気軽にエキスパートにお問い合わせください。

電話番号: 0120-550-210            識別コード:Analytics