IBM Db2 Query Management Facilityとは

QMFは、IBM Z®データ向けに最適化された、安全で使いやすいビジネス分析・可視化ソリューションの提供を目的として設計されています。

  • インタラクティブなダッシュボードと直感的な表示でセルフサービス形式のビジネス・インテリジェンスを提供します。
  • リレーショナル、非リレーショナル、フラット・ファイル、Webサービス・データなど、多様なデータ・ソースをサポートします。
  • Information Management Systems(IMS)、Adaptable Database System(ADABAS)、IBM Db2® for z/OS®、Virtual Storage Access Method(VSAM)、Integrated Database Management Systems(IDMS)、System Management Facilities(SMF)などのIBM Zデータ・ソース向けに最適化されています。
  • IBM Zデータにリアルタイムでその場でアクセスできる、データ仮想化テクノロジーが組み込まれています。
  • IBM Resource Access Control Facility(RACF®)を基盤として使用し、さまざまなリソースに安全かつ役割ベースでアクセスできるようにします。
  • Web、ワークステーション、Interactive System Productivity Facility(ISPF)の各インターフェースを介して組織全体での使用を許可します。
絶景を眺めるノートPCを手にした人

利点

ビジネス上の実用的な洞察を引き出す

複数のIBM Zデータ・ソースを他の構造化データ・ソースおよび非構造化データ・ソースと組み合わせることにより、包括的な組織全体のビューを作成します。

分析機能がすべてのユーザーで利用可能に

直感的なユーザー・インターフェースを利用してビジネス・ユーザーが複数のデータ・ソースにまたがる表示を自動的に作成し、その表示から得られる洞察を同僚と瞬時に共有できるようになります。

コストを統合して削減する

データ・ソース別、さらにはユーザー・コストやソース・コスト単位でBIツールを複数用意する必要はありません。複数のユーザーとデータ・ソースに対して、インプレース分析を素早く作成します。