IBM Db2 DevOps Experience for z/OS
Db2 for z/OSアプリケーションを高速性、俊敏性、品質を備えてモダナイズ
Db2 for z/OSの製品画面
メインフレームアプリケーションに DevOps プラクティスを実装する

IBM® Db2 DevOps Experience for z/OS®は、アプリケーションをより迅速に、より低コストで、より少ないリスクで市場に投入できるように設計されています。データベースの変更とプロビジョニングのプロセスを自動化および標準化することで、最新のアプリケーション開発プラクティスを導入できます。 これは、組織の基準とビジネス・ルールが確実に遵守されるようにするのに役立ちます。

 

Db2 Tools for z/OSコミュニティー

メリット DBAとアプリケーションの開発効率を向上

ITの専門知識やメインフレームの知識がなくても、ITのセキュリティーとコントロールを維持しながら、IBM® Db2 for z/OS環境をプロビジョニングできます。

Db2 for z/OS開発のモダナイゼーション

Zoweオープンソース・フレームワーク上に構築されたWebベースのグラフィカル・ユーザー・インターフェースなら、新しいメインフレームを使用する担当者のオンボーディングにかかる時間を短縮できます。

リスクとコストを抑えてアプリケーションをより迅速に提供

メインフレーム・アプリケーションの実装パイプラインを自動化して、リスクやコスト、さらには複雑さを軽減します。 これにより、変化し続ける市場や顧客のニーズへの対応力も向上します。

機能 Db2 for z/OSオブジェクトの変更を最新のアプリケーション ・パイプラインのプロセスに組み込めます。 拡張性、使いやすさ、パフォーマンス

Db2 for z/OSとそのデータを操作および管理するための最新の方法を提供します。 IBM® Unified Management Server for z/OSは、発見、構成、操作など、IBM® Db2 DevOps Experienceに必要なすべての基本サービスを提供します。ユーザーは、オープンソースのZowe Application Framework上に構築されたブラウザー・ベースのグラフィカル・ユーザー・インターフェースであるIBM® Unified Experience for z/OSを通じてすべての機能にアクセスできます。また、RESTful APIを介してこれらにアクセスし、既存のパイプラインに連携することもできます。

アプリケーションの検出

チーム、環境、権限をリンクします。 コグニティブ機能は、スキーマ・アプリケーション・コンポーネントを識別するためにアプリケーションを検出します。オブジェクトを視覚的に検出および選択します。これに検索機能およびフィルタリング機能と組み合わせて、スキーマ・オブジェクトを正確かつ効率的に検出します。

役割ベースの機能

組織内の異なるロール間のコラボレーションを可能にします。 開発者は、アプリケーションのバージョンをプロビジョニングし、変更を加え、テストし、それらの変更を承認のためにプロモートすることができます。品質エンジニアは、Db2テスト環境の作成を自動化して、テスト活動を迅速化および改善できます。管理者は、Db2 スキーマ標準のサイト ルールを設定したり、変更や使用ルールを確認して承認したりできます。

ルールベースの DDL および HTML エディタ

生成されたサイトルールにより、確立されたデータベースプロトコルと標準に対する粒度が向上し、コントロールできるようになります。ルールベースのデータ定義言語(DDL)とHTMLエディターにより、開発者による不正な変更が防止され、時間とリソースを節約できます。

変更のレビューと承認のメカニズム

エンド・ユーザーによって送信された変更がアプリケーション定義の一部になる前に、承認されたユーザーがこれを承認または拒否できるメカニズムを確立します。これにより、承認された変更のみが機密環境に適用されるようになり、不正な変更や制御されていない変更が適用されることはありません。チーム間の競合を解決し、同じデータベース・オブジェクトに対して複数の変更が試みられないようにすることで、時間とリソースを節約し、アプリケーション・パイプライン上のエラーを防ぎます。

参考情報 詳しくはこちら

製品の他の利用者から技術的なヒントやインサイトを入手できます。

サポート

製品サポートのオプションの詳細について学習します。

関連製品 パフォーマンスの最適化

Db2 for z/OSシステムと各種アプリケーションのパフォーマンス管理を事後対応型から事前対応型に変更します。

データベース管理

アプリケーションのライフサイクル全体を通じて、Db2 for z/OSのオブジェクトとスキーマの複雑さ、拡大、変化を管理するのに役立ちます。

ユーティリティー管理

Db2 for z/OSユーティリティー管理を自動化および最新化して、保守タスクに必要な時間とリソースを削減します。

クエリーと視覚化

分析、可視化、データ準備、セルフサービス・ビジネス・インテリジェンスは、事実上あらゆるデータに対応します。

次のステップ

IBMの営業担当員にご連絡の上、Db2 DevOps Experienceをご体験いただけるよう、プレゼンテーションとデモをご予約ください。