計画、予算編成、予測
急速に変化する今日のビジネス状況に効果的に適応
ソリューションの詳細を見る
データを見ている女性
計画、予算編成、予測とは

一般的に、計画、予算編成、予測は、組織の短期および長期の財務目標を決定し、緻密に計画するための3テップのプロセスです。

  • 計画では、企業の財務目標(通常は、今後3年から5年間)の枠組みを設定します。
  • 予算編成では、収益、経費、潜在的なキャッシュ・フロー、負債の削減などの項目について、月ごとに計画をどのように実行するかを詳細に設定します。 伝統的に、企業は会計年度を指定し、その年度の予算を作成します。 実際の収益に応じて予算を調整したり、実際の財務諸表を比較して、予算の達成度や超過度を判断したりします。
  • 予測では、過去のデータと現在の市場の状況に基づいて、その組織で今後数カ月または数年の間にどの程度の収益が期待できるかを予測します。 予測は通常、新しい情報が利用可能になった時点で調整されます。

このプロセスは通常、最高財務責任者(CFO)と財務部門によって管理されます。 しかし、この定義は、財務計画と分析、サプライチェーン計画、販売計画、労働力計画、マーケティング計画など、組織計画のすべての分野を含むように拡大することができます。


プロセスの進化

ビジネス会計の基本的な手法は、1400年代まで遡ります。当時、ベネチアの投資家は、複式簿記、損益計算書、貸借対照表を使用してアジアの貿易遠征を管理していました。 「予算(budget)」という言葉は、古いフランス語で「小さな財布」を意味する「bougette」に由来します。 英国政府が「予算案を議会に提出する」という言葉を使い始めたのは1700年代半ばで、首相が年次財務諸表を発表する際に使用しました。 1800年代の後半には、企業も財務のために「予算」という言葉を常用するようになりました。

現代のビジネス予測は、1930年代の世界大恐慌による経済的な荒廃を受けて始まりました。 企業が将来をより正確に予測するのに役立つ、新しいタイプの統計や統計分析が開発されました。 このような新しい予測ツールを企業が利用できるように支援するコンサルティング会社が登場しました。

20世紀初頭の会計と予測は、手間のかかる手書きの方程式、台帳、スプレッドシートに依存していたため、困難な作業でした。 1960年代にメインフレーム・コンピューターが、1980年代にパーソナル・コンピューターが登場したことで、このプロセスはスピードアップしました。 また、Microsoft Excelなどのソフトウェア・アプリケーションが財務報告に広く使用されるようになりました。 しかし、Excelのプログラムやスプレッドシートは、入力ミスが起こりやすく、さまざまな部門や個人が共同で報告書を作成する必要がある場合には扱いにくいものでした。

2000年代に入ると、企業は増え続ける業務データ・ソースに加えて、気象、社会的気運、計量経済データなど、企業のトランザクション・システム外の情報にもアクセスできるようになりました。 その結果、予測に利用できるデータは膨大な量になり、それを処理するためのより洗練されたソフトウェア・ツールが必要になりました。

このような複雑なデータを処理するために、多くのプランニング・ソフトウェア・パッケージが登場し、処理とコラボレーションの両方の側面で、計画、予算編成、予測をより迅速かつ容易に行えるようになりました。 データから自動的に得られる予測的な洞察によって、企業は変化していくトレンドを見極め、後知恵だけでなく先見性を持って意思決定を導くことができるようになりました。

今日では、クラウド・ベースのシステムが標準になってきており、柔軟性、セキュリティー、コストの削減が実現されています。これにより、組織は正確な予測と予算をより少ない誤差で生成することができます。

しかし、このような進歩にもかかわらず、企業は依然として伝統的なスプレッドシートに大きく依存しています。1 70%の企業は、スプレッドシートでの報告に大きく依存しており、オンプレミスの専門ソフトウェアを利用している企業はわずか16%、計画にクラウド・ソフトウェアを利用している企業はわずか10%に過ぎません。

多くの企業は、未だに100年以上前に開発された管理手法である年次計画と予算に基づいて戦略を立てています。 しかし、より競争の激しい今日の環境において、計画、予算、予測は、2四半期や3四半期、あるいはそれよりも前の実態ではなく、現在の実態を反映する必要があるということを組織は認識しています。 継続的プランニングとローリング予測は、計画、予算、予測を年間を通じて頻繁に、四半期ベースまたは月ベースで更新するための手法として、広く使用されるようになりつつあります。 これらのアプローチは、責任者が競合他社よりも先にトレンドを見つけ、料金体系、製品構成、資本配分、さらには人員配置のレベルについて、より多くの情報に基づいた適切かつアジャイルな意思決定を行うのに役立ちます。


これらのプロセスが重要である理由

適切な計画、予算編成、予測のプロセスを構築して実装することで、組織はより正確な財務報告と分析を確立できます。これにより、より正確な予測が可能になり、最終的には収益の拡大につながります。 この重要性は、最も伝統的な業界にも破壊的な競合他社が参入してきている今日のビジネス環境において、さらに高まっています。

企業が、定評のある計画や予測のベスト・プラクティスと組み合わせて、データや分析を取り入れることで、戦略的意思決定が強化され、より正確な計画やよりタイムリーな予測を手に入れることが可能になります。 全体として、これらのツールやプラクティスの導入によって、時間を節約し、エラーを減らし、コラボレーションを促進し、真の競争上の優位性をもたらす統制のとれた経営文化を醸成することができます。

具体的には、企業は以下のことが可能になります。

  • 新たな脅威や機会に対応して計画や予測を迅速に更新し、リスク領域を早期に特定して、問題が深刻化する前に修正する
  • 変更が発生した場合の影響を特定および分析する
  • 運用計画と財務計画の連携を強化する
  • キャッシュ・フローの計画と予測を改善する
  • 計画作成者間のコミュニケーションとコラボレーションを強化する
  • 起こりうるさまざまな事象に対して、タイムリーで信頼性の高い計画と予測、および危機管理計画を一貫して提供する
  • 計画との差異や逸脱を分析し、迅速に是正措置を講じる
  • 成長に特化した予算を作成し、使用できる予算に確信を持つ
  • 販売パイプラインをより正確に管理し、目標に対する実績を追跡する
  • 希望や推測ではなく、ハード・データに基づいた戦略的意思決定を自信を持って行う
  • 複数のデータ・ソースと高度な分析に基づいて、潜在的な投資家や融資機関に対して組織の将来の軌道を示す証拠を提供する

高度なソフトウェア・ソリューションによる支援

予算編成、計画、予測を行うためのソフトウェアは、既製のソリューションとして購入することも、より大規模な統合企業業績管理(CPM)ソリューションの一部として購入することもできます。

高度なソフトウェア・ソリューションにより、組織は次のことが可能になります。

  • 対話式のセルフサービス・ダッシュボードと視覚化を利用して、パフォーマンスを測定およびモニターする
  • 多次元データの高精度な分析によって根本原因を調査する
  • 内部または外部のデータから、自動的にトレンドを評価して予測を行う
  • 迅速にwhat-ifシナリオをモデル化し、タイムリーで信頼できる計画と予測を作成する

実行者が定評のあるベスト・プラクティスに従うことで、計画はより簡単で効果的なものになります。 これらのプラクティスをサポートするソフトウェア・ソリューションは、情報の適時性と信頼性を高め、組織全体の主要人物、特に最前線にいる主要人物の参加を増やすことができます。

先進的な企業では、データ収集、モデリング、分析、レポート作成などの計画サイクル全体を、インフラストラクチャー要件の少ない共通の計画プラットフォームで実施するソリューションに移行しました。 このようなプラットフォームは、予算に焦点を当てた財務タスクから、例えば、何千ものSKU(最小在庫管理単位)を持つ小売環境のためのサプライチェーンに焦点を当てた計画まで、多様なビジネス機能を扱うことができます。

IBMなどの企業は、計画、予算編成、予測のプロセスを合理化するために、包括的な統合ソフトウェア・ソリューションを提供しています。 急速に変化する今日のビジネス状況に組織が適応するためには、信頼できる単一のソースを構築してそのすべてのデータを可視化するための1つのソリューションが必要だということです。 このようなソリューションは、ビジネスの財務的な側面だけでなく、企業全体の強力な予測エンジンとなります。 クラウドであるかオンプレミスであるかにかかわらず、これらのアジャイルな計画と探索的分析のソフトウェア・ソリューションによって、企業はより迅速かつ俊敏に、先見性を持って計画、予算編成、予測を行うことができます。

 


洞察の獲得:適切なソリューションの選択方法

計画、予算編成、予測のソフトウェアを評価して選択することは、複雑な作業です。 ソフトウェアの機能、計画プロセスに対する価値、および計画のベスト・プラクティスをサポートする能力を慎重に検討する必要があります。 また、ベンダーの信頼性やサポート、ユーザー・コミュニティーとのつながり、販売完了後の顧客の成功に向けたの取り組みなどの要素もあります。

IBM Analytics は最近、組織が計画、予算編成、予測のソフトウェアを評価するのに役立つガイドを発表しました。このガイドでは、探求すべき重要な品質を特定しています。

  • 適応。 ビジネス・ユニットからの情報に基づいて、モデルを迅速に変更し、頻繁に再予測することができますか? 必要に応じて何度でも計画を更新できますか?
  • タイムリー。 一元管理された計画データベースにユーザーが直接関与することで、常に最新の情報を使用していますか? 期限内の完了を容易にするために、統合とロールアップは自動的に行われていますか?
  • 統合。 計画、分析、ワークフロー、およびレポート機能が1つの共通プラットフォーム上に配置され、「影の」計画システムを維持する必要性が軽減されていますか?
  • 連携。 ソリューションはWebベースですか? そのソリューションには、いつでも、どこからでも、安全な接続で参加できますか?
  • セルフサービス。 ユーザーは、IT部門の支援がなくてもデータにアクセスし、複雑な分析を行うことができますか? 使い慣れたスプレッドシート・インターフェースを使用して、ユーザーの導入を促進し、タイムトゥバリューを短縮できますか?
  • エンタープライズ規模のデータ容量。 ソリューションは、キューブ・サイズを制限することなく、非常に大きなデータ量を処理できますか? 一部のソリューションでは、「データ・スパース性」を適切に処理できないことがあり、データを分析するために複数のキューブに分割する必要があります。これにより、バージョン管理の問題が発生します。
  • 効率性。 管理者は、データ管理に費やす時間を減らし、より多くの時間をビジネス管理に費やすことができますか?
  • 関連性。 さまざまなユーザーの役割に合わせてビューをカスタマイズし、導入率とプロセスのオーナーシップを高めることができますか? 関連するすべてのビジネス推進要因のモデリングを可能にする数式機能はありますか?
  • 正確性。 リンク切れ、古いデータ、不適切なロールアップ、コンポーネントの欠落などによるエラーが計画に含まれていませんか?

重要なのは、製品の機能や性能を評価するだけではなく、それらの機能が組織内のさまざまなユーザーによってどのように実行されるかを評価することです。 財務、業務、人事、販売など、さまざまな利害関係者が使用する計画ソリューションをテストすることが重要です。

 


製品

IBM Planning Analytics

IBM Planning Analyticsは、企業の計画、予算編成、予測を自動化する単一のソリューションを提供します。


IBM Cognos Analytics

IBM Cognos Analyticsを使用すると、管理された信頼できる環境で、ユーザーが必要とする洞察を見つけ、詳しく検証し、共有するために必要な自律性を得ることができます。


IBM Cognos Controller

合理化されたベスト・プラクティスの財務統合とレポート作成のための機能と柔軟性を提供する包括的なソリューションです。