データウェアハウス・ソリューション

先進的なデータウェアハウス・プラットフォームを高度な分析の基盤として構築します。

デスクトップPCで作業するオフィス・ワーカー

概要

高性能なデータウェアハウス・ソリューション

ビジネス・インテリジェンス・イニシアチブをサポートし、意思決定を加速するためには、さまざまな種類のソースから大量のデータを収集し分析するために最適化された柔軟な基盤が必要です。

IBMのデータウェアハウス・ソリューションは、オンプレミスとクラウドで、または統合アプライアンスとしてご利用いただけます。 より詳細で高速な分析のために機械学習とAIが組み込まれている上に、照会を合理化するための共通SQLエンジンも共有されています。 IBMデータウェアハウスは、 IBM Cloud Pak  for Dataのプラットフォーム 上でも使用可能で、ハイブリッドクラウドの導入をサポートします。

IBM Cloud Pak for Data

読む: IBM は 2021 Gartner® Magic Quadrant™ Cloud Database Management Systems でリーダーに選出されました

メリット

IBMのデータウェアハウジングを使用する理由 ハイブリッド・マルチクラウド

マルチクラウド・アプローチによりベンダー・ロックインを回避します。 ハイブリッドクラウドのデータ・プラットフォームであるIBM Cloud Pak® for Data上で稼働します。

適応可能なスケーリング

IBM Cloud®上のデータウェアハウス向けの柔軟な料金体系を使用して、ストレージとコンピュートを独立して拡張できます。 必要な機能のみ購入できます。

洞察の基盤

全社的にAIを運用化することによって、構造化データ、非構造化データ、地理空間データの完全な価値を実現します。

お客様事例

大量のデータを素早く共有 IBM Db2® Warehouse on Cloud Pak® for Dataがこの医療情報サービス・プロバイダーに、増大する顧客分析の需要に対応するために、必要に応じて拡張を行うための柔軟性と機能をどのように提供したか説明します。


参考情報

データウェアハウスに関する参考情報

次のステップ

IBMの無料の個別相談を予約して、データウェアハウス・ソリューションをご検討ください。