IBM Netezza Performance Server
ハイブリッドクラウド全体で統一された、コスト予測が可能なアナリティクスとAI
無料評価版を試す
Netezzaソフトウェア製品のUI画面
一元管理されたコスト効率の高いクラウド・データ・ウェアハウスで、アナリティクスとAIを拡張

IBM® Netezza Performance Serverは、クラウドネイティブのエンタープライズ・データ・ウェアハウスで、データを統合して、アクセス可能でスケーラブルにすることで、ディープ・アナリティクス、ビジネス・インテリジェンス、AI/機械学習(ML)のワークロードをどこでも運用できるように設計されています。Netezzaでは、ParquetやApache Icebergなどのオープン・フォーマットを新たにサポートし、データレイクやIBM® watsonx.dataレイクハウスとネイティブに統合することで、データ・エンジニア、データサイエンティスト、データ・アナリストが追加のETLやCloud Object Storage上でのデータ移動を行うことなく、複雑なワークロードを実行できるようにします。

NetezzaはAI浸透のエラスティック・スケーリングを活用することで、大規模なエンタープライズ規模でクラウドでのワークロードの効率とコストの予測可能性を実現します。既存のNetezzaアプライアンスのお客様は、ハイブリッドクラウド上でリスクのないスムーズなアップグレードを利用できるため、お客様自身のペースで簡単にモダナイズできます。

ソリューションの概要を読む

Netezzaとwatsonx.dataで企業全体のアナリティクスとAIを拡張します。

watsonx.dataの詳細はこちらオープンなデータレイクハウス・アーキテクチャーに基づいて構築

AIのためのデータ・ガイドはこちら

Netezzaの新機能

Netezza Performance Serverのアプライアンスを次世代にモダナイズすると、SaaS、ハイブリッド、オンプレミスを問わずにデプロイでき、新しいwatsonx.dataのデータ・ストアとシームレスに統合させることができます。

サービスとしてのNetezzaがAWSで利用できます。詳しくはこちら

NetezzaとAWSの最新発表をご覧ください。

AI ワークロードのスケーリング

Netezzaとwatsonx.dataでアナリティクスとAIのワークロードを最適化し、 ウェアハウスにかかるコストを最大50%削減します。

アプライアンスのアップグレード

新しく改良されたNetezzaのメリットをご覧ください。

メリット IBM Netezza Performance Serverで、どこでも分析 クラウドでコスト予測可能性を体験

必要なときに必要な分だけ支払うAI浸透のエラスティック・スケーリングと時間単位の消費モード

スケール分析とAI

Netezzaはオープン・フォーマットとwatsonx.dataとの統合をサポートし、ハイブリッドクラウド上にあるすべてのデータにわたってアナリティクスとAIワークロードを最適化します。

すべての人へ迅速にインサイトを提供

Netezzaの特許取得済みの超並列処理テクノロジーにより、クエリと分析ワークロードの高速化が可能になり、数千人の同時ユーザーがほぼリアルタイムのインサイトを得ることができます。

機能
AI を導入した柔軟なスケーリング Netezzaのエラスティック・コンピューティングでは、使用した分だけ支払うだけで スケール・アップとスケール・ダウンが可能です。 IBMのAIワークロード分析では、 ワークロードのニーズに基づいたスケーリングの予測とスケジュールが可能です。

オープン・フォーマット: ParquetやIcebergなどのオープン・フォーマットを活用して、企業全体での安全なデータ共有を可能にします。 データ・エンジニアやデータサイエンティスト、そして開発者は、 1つのデータ・コピーを共有することで、ETLを追加することなく、 より多くのデータを構築できます。

watsonx.dataの統合によるスケーラブルなAIワークロード AI用のデータをコスト効率の高いCloud Object Storageに保存・共有し、目的に合った クエリ・エンジン(PrestoやApache Sparkなど)を使用して、アナリティクスとAIのワークロードを 価格とパフォーマンスという側面から最適化します。

高性能かつ大規模な並列分析 何千人ものユーザーをサポートできる特許取得済みの超並列処理で複雑なクエリを実行することで、インサイトを得るまでの時間と意思決定までの時間を数日から数分に短縮できます。

管理対象データで信頼できるインサイトを取得 IBM Knowledge Catalogとの統合により、データ・ガバナンス、セキュリティー、 自動化が組み込まれた単一プラットフォームで、データの可視性、監査可能性、 データ・マスキング、アクセス制御などを実現します。

組み込みのアナリティクスと機械学習(ML) Netezzaソリューションの管理対象データでアナリティクスを実行し、独自のMLモデルを データベース内で直接構築、トレーニング、チューニング、デプロイします。 IBM Netezza Performance Serverは、Python、C、C++、R、Lua、Javaなどの主要なプログラミング言語を すべてサポートしています。

IBM Netezza Performance Server の使用方法

データ・エンジニアリングを簡素化 共有メタデータ、オープンなテーブル・フォーマット、そしてオブジェクト・ストレージにより、Netezzaとwatsonx.dataの複数のクエリ・エンジン間でアナリティクスとAI用に1つのデータ・コピーを共有することで、ETLを不要にします。

あらゆるタイプのデータに対して複雑なディープ・アナリティクスを実施 データレイクに保存されている大量の構造化データと非構造化データに対してディープ・アナリティクスを実施します。 豊富なアナリティクス機能と地理空間機能が組み込まれているため、データの前処理や変換が不要になり、より迅速なインサイトを得ることができます。 ビックカメラ社がバッチ時間を210分から15分に短縮した方法はこちら

アナリティクスの統合ビューと AI 資産 データを重複させることなく、ユーザーとサード・パーティー間でアクセス権を付与し、データを配布します。IBM Knowledge Catalogとの統合により、一元的なガバナンスが可能になり、品質やコンプライアンスが向上します。 データ・レイクハウス・アーキテクチャーを用いた Netezzaについて詳細はこちら

管理対象データで予測分析、ML、AIを実行 リネージとwatsonx.dataでの統合でサポートされたNetezzaの管理対象データで、 独自のAIモデルを構築、トレーニング、チューニング、デプロイしますNetezzaのインメモリー処理と 組み込みのMLモデル実行を組み合わせて、データの異常を特定し、 予測分析を実行します。 Netezza によるクレジットカードの承認の予測

デプロイメントを選択

お客様固有のビジネスニーズに対応

ハイパーコンバージド・システム

ストレージ、コンピューティング、ネットワーキング、ソフトウェアが事前に構成されたシステムで迅速にデプロイします。

As a Service

Microsoft Azure と AWS での予測可能なコスト・プロファイルを特徴とする、柔軟なセルフサービス展開によりパフォーマンスを最適化します。現在は、HIPAAに対応済みです。

お客様事例 業績の向上

Conestoga社が、オンプレミスのNetezzaからAWS上のIBM Netezza SaaSにダウンタイムなしで移行し、ワークロードの互換性を100%にした方法。

お客様事例はこちら
モダナイズされたデータ・インフラストラクチャーによるパーソナライズされたバンキングの提供

Capital Bank of Jordanが、Netezzaに統合されたデータ・ハブと 強力なアナリティクスで急成長に備える方法。

お客様事例はこちら
記念すべきアップグレード

ビックカメラ社がIBM Cloud Pak for Data上のNetezza Performance Serverを利用して、データ・レポート時間を100倍に短縮した方法。

お客様事例はこちら
データドリブンな意思決定を強化

Majid Al Futtaim Retail社が Netezza Performance Server を使用して、毎日 750,000 人を超える顧客にリーチするためにとったデータ駆動型のアプローチ方法

お客様事例はこちら

お客様の声

「AWS上のIBM Netezza SaaSは、クラウド・データ・ウェアハウスの経済性を本当に実現してくれました。 移行は簡単で、レポートやダッシュボードに変更を加えることもありませんでした。次は、watsonx.dataとNetezzaをAWSとの連携で使用できるよう検討します。」

Karen Loose氏
ビジネス・インテリジェンス開発マネージャー、
Conestoga Wood Specialties社

関連製品 IBM watsonx.data

管理対象データおよびAIワークロード用に最適化された唯一のオープンでハイブリッドなマルチエンジン・データ・レイクハウスです。

IBM Cloud Pak for Data

あらゆるクラウドで実行される完全に統合されたデータとAIプラットフォームであり、モダナイズは分析のライフサイクルをサポートします。

参考情報 Forresterレポート

Forrester 2022年版「Total Economic Impact Report for Data Management」で、IBMのROI 241%向上をどのように達成したかはこちらです。

Azure Marketplace の発表

Netezza Performance Server as a ServiceがAzure Marketplaceで利用できるようになりました。完全に管理された従量課金制のクラウド・データ・ウェアハウス・サービスで支出を管理します。

新たにAWS に対応

誰もがどこからでもアクセスできるシンプルな高速分析、インサイトがAWSでプレビューできるようになりました。

新サービスのWebセミナー

AWS上のサービスとしてのNetezzaとwatsonx.dataで、企業全体のアナリティクスとAIを拡張します。

よくあるご質問

はい、クラウド向けIBM Netezza Performance Serverは、既存のTwinfin、Striper、Makoのワークロードと100%互換性があります。これは、クラウド用に再設計・再構成されたのと同じデータベース・エンジンで、クラウドでREST API呼び出しとして利用できるようになったのと同じユーティリティーがすべて含まれています。

オンプレミスの場合、IBM Cloud Pak for Data Systemハイパーコンバージド・アーキテクチャーでは、Netezza Performance Serverクライアントは、システム・コントロール・プレーン・ノード上でipshost1という名前のDockerコンテナーとして実行されるNetezza Performance Serverホストに接続します。このホストは、システムが顧客のネットワークにインストールおよびプロビジョニングされるときに、特定のホスト名とIPアドレスで構成されます。

詳細は IBM ナレッジセンターをご確認ください

クラウド上の Netezza の場合、バックアップとリストアは、IBM Cloud Object Storage、Amazon Web Services (AWS) S3、または Azure Blob Storage のいずれかのオブジェクト・ストアに保存されます。

詳細は IBM ナレッジセンターをご確認ください

Netezza Performance Server for IBM Cloud Pak for Data の詳細 Netezza Performance Server for IBM Cloud Pak for Data as a Serviceの詳細

はい。Netezza Performance Server as a Serviceは、超並列処理(MPP) アーキテクチャーに基づくフルマネージドのクラウドネイティブ分析データ・ウェアハウスで、パブリッククラウドで利用できます。

IBM Performance Server for PostgreSQL はモダナイズされ、IBM Netezza Performance Server for IBM Cloud Pak for Data に改名されました。

Cabot Partnersによる2020年6月の所有総額調査によると、Netezza Performance Serverは主要分野で競合他社を上回っています。

調査結果全文の詳細はこちら

Netezza Performance Serverにより、データ・サイエンティストはデータベース内機械学習モデルを迅速に作成、トレーニング、デプロイする機能が手に入ります。Netezza は、コグニティブ機械学習を使用して、データ・サイエンティストにデータベース内のアナリティクス、分析を提供し、1 つの統合プラットフォーム内でのコラボレーションを可能にします。組み込み Spark と Python と R のサポートにより、データサイエンスと機械学習を迅速かつ高度に大規模に導入できます。

IBM PureData System for Analyticsからクラウド上の Netezza にデータをマイグレーションするには、バックアップおよびリストア方式、または「nz_migrate」コマンドを使用できます。注: Mako からクラウド上の Netezza に移行または接続するには、バージョンが 7.2.1.9 P1以下であることを確認してください。

詳細は IBM ナレッジセンターをご確認ください

100%の互換性があるため、ほとんどのクライアントは簡単に移行できます。必要なのは「nz_migrate」のコマンドだけです。ただし、必要に応じて IBM Expert Labs がサポートいたします。Netezza Performance Server を購入するたびに、次の2 つのサポートを提供いたします。(1) ワークロード用の Netezza Performance Server のセットアップと構成 (運用ワークショップを含む)と (2) IBM Cloud Pak for Data System へのワークロードの移動に関するガイダンスを提供する 3 か月の Expert Connect Advancedの使用です。

IBM Knowledge Centerでは、バックアップとリストアの方法に関する一般情報を提供しており、Netezzaシステムでサポートされているサード・パーティーのストレージ・ソリューションの使用方法についても説明しています。

データベースのバックアップと復元に関する詳細はこちら

現在、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域の複数の拠点に、Netezza Performance ServerをサポートするIBM Cloud、AWS、Microsoft Azureデータセンターがあります。IBM クラウド・データセンターの拠点は、増え続けています。詳しくはIBM担当員にご相談いただくか、無料相談をご予約ください。

専門家への相談予約

組み込み型のオートメーションとオートリカバリーは、IBM Cloud、AWS、およびMicrosoft Azureで利用でき、最小限の介入で高可用性でフォールト・トレラントなNetezzaデプロイメントを提供し、データ・ウェアハウスが24時間年中無休で稼働できるように支援します。

Netezza Performance Server が IBM Cloud、 AWS、Azureで利用可能になりました。

専門家への相談予約
次のステップ

Netezzaへのアップグレード30分間の無料相談をご利用ください。

その他の参考情報 資料 参考情報 コミュニティー