この3回シリーズのWebセミナーで、IBM Banking and Financial Markets Data Warehouseについてご理解いただけます。

この3回シリーズのWebセミナーで、IBM Banking and Financial Markets Data Warehouseについてご理解いただけます。 Webセミナーを視聴する(IBM外部へのリンク)

銀行・金融市場向けのグロッサリーおよびデータ・モデル

モバイル決済を使用する顧客

IBM Banking and Financial Markets Data Warehouseは、ビジネス・ボキャブラリー、データウェアハウス設計モデル、および分析のテンプレートを提供する、業界の青写真となるものです。IBM Banking and Financial Markets Data Warehouseモデルは、データ・アーキテクチャー、データ・ガバナンス、データウェアハウスの各イニシアチブの進展を加速します。またこのモデルは、戦略的バンキング・データ・イニシアチブのための包括的で拡張性と柔軟性の高いフレームワークも提供します。

銀行・金融市場にとってのメリット

リスクとコンプライアンスのイニシアチブを加速

規制と標準のオンボーディングのためのプロジェクトの分析および設計のフェーズを加速します。GDPR、CCAR、IFRS、CCPA、バーゼルII/IIIなどの規制遵守にすぐに使用可能なビルディング・ブロックを提供します。

意味のある金融データの統合

複数のチャネルおよび製品にわたる、クリーンで意味のある銀行・金融市場データの統合、ガバナンス、および設計を実現します。

エラーおよび開発コストの最小化

インクリメンタル方式による統合報告を推進することで、リスクを軽減し、開発コストを最小化できます。要件およびカスタマイズのニーズのスコープ確定にかかる時間を短縮します。

ビジネス要件および規制要件に対応

IFRS金融商品(IFRS 9およびIFRS 7)のサポート

国際財務報告基準(IFRS)第9号および第7号は、特に金融商品の会計基準の進化を表すものです。IFRS 9およびIFRS 7では、現在の財務会計業務を大幅にアップグレードする必要があります。IBM Banking and Financial Markets Data Warehouseモデルは、ビジネスで理解しやすいグロッサリー構造で、IFRS基準の条項を表現します。

カスタマー・リレーションシップ・マネジメント

今日の市場をリードする金融機関にとっては、顧客中心のイニシアチブと包括的な関係管理と分析が重要です。IBM Banking and Financial Markets Data Warehouseモデルには、金融機関内でのカスタマー・リレーションシップ・マネジメントのデータ・アクティビティーをサポートするため、顧客の特性、行動、対話、関係、および財務状況を記述する幅広いコンテンツが含まれています。

資産負債管理と流動性リスク

近年、流動性リスクに対応する長期的な資金調達要件に焦点が当てられていることから、IBM Banking and Financial Markets Data Warehouse V8.10グロッサリーでは、資産負債管理(ALM)の基本的な特性と流動性リスクに関する情報が、グロッサリー・モデルに合わせて調整されました。これにより、顧客はALMおよび流動性リスク・ソリューションによって必要とされる情報を特定し、その記述を統一することができます。

決済分析

IBM Banking and Financial Markets Data Warehouseモデルは、決済の領域における分析機能をサポートします。このモデルは、決済のさまざまな要素についての広範な記述を提供します。これには、商用決済の代表的な報告パターンを記述する特定の分析要件が含まれます。特に商用決済に重点が置かれていますが、定義された分析要件の多くの側面は、小売決済にも関連します。

FATCA

外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)は、米国の個人または法人が、海外の口座を利用して資産を保有することにより所得税を免れることができないようにするために導入されました。IBM Banking and Financial Markets Data Warehouseモデルには、FATCA法文書、関連する納税様式、および政府間協定に関する文書の詳細な分析に基づいて、それらの文書内に存在する重要なビジネス・データ要素が含まれます。

バーゼルII/IIIフレームワークのサポート

成功するリスク・データ集約および報告のソリューションには、信頼性の高いデータウェアハウス・モデルが鍵となります。このモデルは、金融機関のあらゆるリスク側面をカバーするために広範なものでなければならないと同時に、地域の監督上の変更および長期的な規制の変更への適応性も考慮する必要があります。IBM Banking and Financial Data Warehouseモデルは、信用リスク、市場リスク、流動性リスク、および運用リスクからリスク・データのあらゆる側面を取り込み、統合されたエンタープライズ・リスク・ソリューションをサポートするように設計されています。

データ・プライバシーおよびデータ保護のサポート(GDPR/CCPA)

IBM Banking and Financial Markets Data Warehouseは、プライバシー・データの検出と管理に役立つ業界固有のボキャブラリーを提供します。規制報告用のKPIテンプレートと、一般データ保護規則(GDPR)およびカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)の用語の階層構造が含まれています。グロッサリーおよび基礎となるデータウェアハウス・モデルは、エンタープライズ・データ・アーキテクチャーが、データ保護の問題について報告するために必要なデータ成果物を提供できるようにするとともに、どの個人データ・タイプが必要かを判別および定義するのに役立ちます。

IFRS金融商品のサポート

IBM Banking and Financial Markets Data Warehouseが、IFRS基準をビジネスで理解しやすいグロッサリー構造でどのように表現しているかをご確認ください。

その他のIBM Industry Models

IBM Banking Process and Service Models

金融サービスに固有のボキャブラリー、ワークフロー、アクティビティーやサービス、インターフェースやコンポーネントが事前定義されています。これはビジネス・プロセス・マネジメントとサービス指向アーキテクチャーの分析と設計に役立ちます。

IBM Insurance Information Warehouse

保険業界に固有のボキャブラリー、KPI、データ構造が事前定義されています。これは企業のガバナンスや分析プロジェクトの促進に役立ちます。

IBM Data Model for Energy and Utilities

エネルギー/電力/ガス業界に固有のボキャブラリー、KPI、データ構造が事前定義されています。これは企業のガバナンスや分析プロジェクトの促進に役立ちます。

IBM Unified Data Model for Healthcare

ヘルスケアに固有のボキャブラリー、KPI、データ構造が事前定義されています。これは企業のガバナンスや分析プロジェクトの促進に役立ちます。