ローコードとは何か?
ローコードとは、ビジュアル開発とインターフェイスに焦点を当てたアプリ開発プロセスです。手作業によるコーディングをほとんど行わずに迅速なアプリ配信を可能にするローコードについて学びます。
IBMニュースレターの購読
トンネルスピードモーションライトトレイル
ローコードとは何か?

ローコードは、最小限のハンドコーディングでアプリケーションをより迅速に配信できるようにする、ソフトウェア開発への視覚的なアプローチです。ローコード・プラットフォームのグラフィカル・ユーザー・インターフェイスとドラッグ・アンド・ドロップ機能により、開発プロセスのさまざまな側面が自動化され、従来のコンピューター・プログラミング・アプローチへの依存が排除されます。ローコード・プラットフォームは、特に「市民レベル」の開発者、つまりビジネス・アナリストやプロジェクト管理者など、正式なコーディング経験がほとんどないビジネス・ユーザーにとって、アプリ開発を民主化します。これらのツールを使用すると、技術力の低い従業員でも、IT 部門のバックログの軽減、シャドー ITの削減、ビジネス・プロセス・マネジメント(BPM) ワークストリームに対する所有権の強化など、さまざまな方法でビジネスに大きな影響を与えることができます。そうは言っても、ローコード開発プラットフォームは、経験豊富なプログラマーにも役立ちます。コーディングの経験はほとんど、またはまったく必要としないため、開発者のコーディングのバックグラウンドがより柔軟になります。たとえば、一部のビジネス・アプリケーションでは特定のプログラミング言語に関する知識が必要となるため、開発者の選択肢はさらに狭まります。このボトルネックを解消することで、ローコード・プラットフォームはアプリケーション開発ライフサイクルを短縮し、より短い時間でより多くのことを達成できるようになります。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、ビジネスではプロセスを自動化し、デジタル・トランスフォーメーションのイニシアチブを優先する必要性が高まっています。ローコード・プラットフォームはこのニーズに対応し、ワークフローを合理化し、自動化プロジェクトを加速します。Gartner氏によると、ローコード開発テクノロジーの世界市場は2021年に 22.6%増加し(リンクは IBM 外部にあります)、138億米ドルに達すると予想されています。最新の マジック・クアドラント・レポート (リンクは IBM の外部にあります)によると、2023年までに中規模から大企業の50%以上がローコード・アプリケーション・プラットフォームを採用すると予想されています。

ローコード・モデルは、ユーザー・エクスペリエンスをよりアクセスしやすくすることで、迅速なアプリケーション開発を促進します。一般の開発者もプロの開発者も、ビジュアル統合開発環境(IDE)、標準装備のデータ・コネクターやAPI、コード・テンプレートなどのコア機能の恩恵を受けられます。ローコード・ツールのこのすべての機能により、DevOpsプロセスが改善され、イノベーションにより多くの時間を費やすことができます。

ローコードとノーコード


Forrester社は、ターゲット・エンド・ユーザーによってローコード製品とノーコード製品を区別しています。ローコード・アプリケーション・プラットフォーム(LCAP)は範囲が広く、プロの開発者と一般開発者の両方に対応していますが、それでもある程度のコーディング・スキルが必要な場合があります。したがって、ローコード・アプリケーション・プラットフォームは主にフルタイムおよびパートタイムの開発者にサービスを提供します。ただし、ノーコード製品は特にビジネス・ユーザーをターゲットにしており、専門的な開発スキルや知識がなくてもカスタム・アプリを作成できます。

ローコードと同様に、ノーコード開発プラットフォーム(NCDP)を使用すると、ユーザーは従来の手作業によるプログラミングの代わりに、ドラッグ・アンド・ドロップ・インターフェイスを通じてエンタープライズ・アプリケーションを作成できます。ローコード・プラットフォームとノーコード・プラットフォームはどちらも、プロセスの自動化を加速し、プロセス全体のスケーラビリティを実現するために構築されています。

ノーコード・プラットフォームの主な欠点は、シャドーITを削減できる一方で、その道を切り開いてしまう可能性があることです。ビジネス・ユーザーがIT部門の監督を受けずにソフトウェアを開発および編集すると、パフォーマンス、セキュリティ、およびコンプライアンスの基準が確実に満たされるようにするための追加のワークストリームが作成される可能性があります。

関連ソリューション
AIを活用したオートメーション

ビジネス・ワークフローからIT 運用に至るまで、AIを活用した自動化をサポートします。

AIを活用したオートメーションの詳細を見る
IBM Cloud Pak for Business Automation

単一の柔軟なパッケージで事前に統合された自動化テクノロジーを使用して、任意のクラウド上で自動化アプリケーションとサービスを設計、構築、実行します。

Cloud Pak for Business Automationの詳細を見る
参考情報 ローコードとノーコードの違いは?

ローコードとノーコードによるソフトウェア開発ソリューションの違いを学び、比較します。

詳細情報はこちら

IBM Automation Platformを活用することで、開発チームがエンタープライズ・グレードのビジネス・アプリケーションとモバイル・アプリケーションをより迅速に設計および構築できるように支援します。このプラットフォームには事前に構築された機能とコードが含まれているため、開発者でなくても、ITサポートをほとんど受けずに基本的な自動化アプリケーションを簡単に構築できます。

今すぐIBM Cloudアカウントを作成