無料利用枠の内容

IBM Cloud®無料アカウント

check mark inside a circle

IBM Cloudの無料アカウントは、従量課金制で提供されます。50種類を超える無料利用枠付きの製品を利用でき、無料利用枠を超過した分のみ支払いが発生します。手数料も前払金もなく、いつでも解約できます。

40種類を超える常時無料の製品

nine small squares in a three-by-three grid with circles in four of the squares

ライト・プランでは、IBM Watson® APIなど40種類を超える常時無料の製品を利用できます。有効期限が切れたり、料金を請求されたりすることはありません。

200米ドル分のクレジット

simplified shopping cart

アプリケーションやサービスを初めて利用する場合、200米ドル分のクレジットが付与されます。30日間有効なこのクレジットを活用して、ご希望のIBM Cloud製品をお試しください。

注目のIBM Cloud製品をご紹介します。

有効期限なしの無料利用枠が用意された製品です。

無料評価版の試用期間は30日間です。この期間内でも記載されている無料利用枠を超過すると料金が発生します。

期間限定、数量限定プロモーションの対象製品です。IBMの現従業員は対象外です。

よくある質問

無料アカウントには何が含まれていますか。

IBM Cloudの無料アカウントでは、ライト・プランが用意された40種類以上の製品を利用できます。ライト・プランはいつでも無料であり、料金を請求されたり、有効期限が切れたりすることはありません。

  • ライト・プランでは、どのサービスでも1つのインスタンスをプロビジョニングできます。
  • 開発作業が10日間連続で行われなかった場合、アプリケーションはスリープ状態になります。アプリケーションで作業を続けることにより、起動状態を維持できます。
  • 開発作業が30日間連続で行われなかった場合、ライト・プランのサービス・インスタンスは削除されます。

無料アカウントの作成にクレジット・カードが必要な理由を教えてください。

IBM Cloudの利用を開始するには、まずEメール・アドレスを用いてアカウントを作成する必要があります(既存のアカウントと関連付けられていないEメール・アドレスが必要です)。新規にアカウントを作成すると、従量課金制が適用されます。いずれかの有料サービスを利用する場合は、有効かつ承認されたクレジット・カードの登録が必要になります。サービスはいつでも解約でき、無料利用枠の製品とサービスおよびクレジットを超えて利用した場合にのみ支払いが発生します。

複数のリソース・グループを作成することで、一連のリソースに関する割り当てを簡単に管理したり、請求使用量を表示したりすることができます。料金は、IBM Cloudのコンピューティングおよびサービスの使用量に基づいて決定されます。使用量が無料利用枠を超えた場合、リソース課金の詳細を記載した月額請求書が送付されます。消費量通知の設定を行うと、アカウントまたは特定のサービスが設定した一定の使用量に達した際に通知を受け取ることができます。

いつ料金が発生しますか。また、料金発生前に通知を受け取ることはできますか。

ライト・プランで料金が発生することはありません。ただし、ライト・プランで無料利用枠を超えて使用した場合、超過分に対して料金が発生します。この場合、超過したリソース使用量について月ごとに料金をお支払いただくことになります。

アカウント、コンテナ、ランタイム、全てのサービスおよび特定のサービスについて、個別に異なる制限値を設定できます。月次の使用量が制限値の80%、90%、および100%に達すると自動的に通知を受け取ります。使用量に関する通知を設定するには、IBM Cloudコンソールで管理 > 請求および使用量に移動して消費量の通知を選択します。詳細については、使用量通知の設定をご確認ください。

常時無料と無料評価版の違いを教えてください。

常時無料とは、有効期限のないライト・プラン(無料利用枠)がある製品です。これらの製品はプロジェクトに安心して取り組めるように設計されており、予期しない請求の発生を防止できます。ライト・プランの無料利用枠は使用量に基づいており、期限切れになることはありません。また、月次あるいは1回限りの使用量に基づいて更新されます。全てのライト・プラン製品については、こちらをご確認ください

無料評価版とは、製品の有効期限付き試用版です。製品によっては、特定の期間(例えば、30日間)または使用量の制限が設けられている場合があります。試用期間が終了または使用量の制限に達した場合に、料金が発生する製品もあります。全ての無料評価版製品については、こちらをご確認ください

ライト・プランのインスタンスが月次の割当制限に達するとどうなりますか。

ライト・プランのインスタンスがいずれかの割当制限に達すると、その月のサービスは停止されます。割当制限は、インスタンスごとではなく、組織ごとに設定されます。以前のインスタンスに少しでも使用量がある場合、同じ組織内で作成された新規のインスタンスにその使用量が反映されます。割当制限は、毎月1日にリセットされます。

使用量を確認するには、IBM Cloudコンソールで管理 > 請求および使用量を開いて、使用量を選択してください。詳細については、使用量の表示をご確認ください。

200米ドル分のクレジットは、どこで確認できますか。

アカウント内のプロモーションとクレジットのページを開くと、現在利用可能なプロモーションを確認できます。お客様の200米ドル分のプロモーション・クレジットは自動的に適用されますが、アカウントに表示されるまでに数時間かかる場合があります。このクレジットは、最初の従量課金制のアカウントのみで使用できます。サード・パーティーの製品には使えません。

学生が利用できるアカウントを教えてください。

IBM Cloudの評価版アカウントは、認定された教育機関の教職員と学生の方がご利用いただけます。評価版アカウントをご利用いただくには、Harness the power of IBMを開いて、所属する機関の資格情報を確認してください。評価版アカウントの有効期限は30日です。

評価版アカウントにクレジット・カードを登録すると、アカウントは従量課金制アカウントにアップグレードされ、評価版アカウントに戻すことはできなくなります。

さらに、従量課金制アカウントでは、教育機関用の機能コードも使用できなくなります。教育機関用の評価版アカウントの詳細については、IBM Academic InitiativeのFAQをご確認ください。

プロモーション・コードを適用する方法を教えてください。

プロモーションとクレジット・ページを開いてプロモーション・コードを入力し、プロモーションの詳細を確認してから適用をクリックしてください。プロモーション・コードが適用されると、成功メッセージが表示されます。

プロモーション・コードを適用するには、認証のためにクレジット・カードを登録しておく必要がありますのでご注意ください。

無料利用枠を使い切った後は、どのようにコストを見積もればよいですか。

コスト見積もりツールを使用して、ニーズに合わせてプランをカスタマイズすることにより、IBM Cloud®製品のコストを見積もることができます。カタログを閲覧して、見積もりに追加する製品を見つけてください。

無料アカウントでは、どのようなサポートが受けられますか。

IBM Cloudの従量課金制アカウントには、基本的な業務保護が含まれています。IBM Cloudの技術サポート・チームにCase、電話、チャットを使用して24時間365日アクセスできます。また、アドバンストまたはプレミアム・サポート・プランへのアップグレードを選択することもできます。これらのプランでは、サポートCaseに割り当てる重大度やサポート・センター内で利用可能なツールへのアクセス・レベルを決定できます。サポート・プランの詳細については、こちらをご確認ください

IBMのお客様

1-800-Flowers.com社のロゴ
Ancestry社のロゴ
Ancestry社のロゴ
Bausch社のロゴ
Bendigo and Adelaide Bankのロゴ
Coca-cola社のロゴ
Deloitte社のロゴ
Etihad社のロゴ
GIA社のロゴ
Honeywell社のロゴ
Jones社のロゴ
Kone社のロゴ
Loreal社のロゴ
Mastersのロゴ
Mercedes-benz社のロゴ
Panasonic社のロゴ
Prudential社のロゴ
Ricoh社のロゴ
Ubankのロゴ
Veritas社のロゴ

使ってみる