ホーム topics ESGフレームワーク ESGフレームワークとは 
ESGフレームワークについてのガイド IBMソリューションでESG目標を追跡する
顔の横顔、葉、雲のピクトグラムのコラージュによるイラスト
ESGフレームワークとは

ESGレポート・フレームワークは、事業運営、事業の環境、社会、ガバナンス(ESG)面に関連する機会とリスクをカバーするデータを開示するために企業によって使用されます。

ESGレポート・フレームワークは、NGO、証券取引所、ビジネス・グループ、非営利団体、シンクタンク、政府など、さまざまな組織によって作成されています。ESGフレームワークは数百も存在しますが、主要なものとみなされるのはわずか12程度です。

各フレームワークは通常、企業が開示すべき指標と定性的要素、および形式とレポート頻度を設定します。フレームワークには自主的なものもあれば、政府が義務付けるものもあります。

EUのCSRDに関する独占ガイドを掘り下げる

一部の企業に対しては早ければ2025年にESG情報の開示が開始されるので、当社のガイドを参考に準備しておきましょう。

関連コンテンツ

GHG排出量算定に関する電子ブックに登録する

ESGレポートが重要な理由

ESGメトリックがレポートされるペースは、驚くべき軌道に乗っています。主に投資家やコミュニティーの関心の高まりに応えて、サステナビリティーのパフォーマンス向上を目指し、ESG目標を設定し、そのパフォーマンスをレポートする組織が増えています。

その結果、ESGは周縁部から主流へと移行し、現在、組織はこれまで以上にESG効率をレポートすることが求められています。ESGリスクを真剣に受け止めないと、年次総会での株主の行動から資産マネージャーによる投資撤退まで、組織に多くの悪影響が生じる可能性があります。

ESGの重要性が増しているということは、組織がESGの影響をレポートする際に、さまざまなフレームワークを用いるようになっているということです。

ESGレポート・フレームワークの選択

ESGレポートの世界には、多数のさまざまなレポート・フレームワークが乱雑に存在しています。さまざまな観点からさまざまなフレームワークを評価および分類すると、選択肢を理解し、組織に適したESGレポート・フレームワークを選択するのに役立ちます。

レンズ1―インパクトの可能性

どのフレームワークを使用してレポートするかを決定するには、重要性の評価に基づいて、組織がどこで最も大きな違いを生むことができるかを検討することから始める必要があります。

ESGにおけるマテリアリティ

マテリアリティの概念は、組織が自社に関連し、ビジネスに測定可能なインパクトを与えるESG問題に焦点を当てるのに役立ちます。

マテリアリティを判断するには、組織はまずリスクを特定し、次にそれらの脆弱性の影響を評価する必要があります。「リスク・マトリックス」アプローチを使用すると、組織はリスク・プロファイルに基づいてどのESG関連リスクを優先すべきか、そして、それらの影響のどれが組織に重大な負のインパクトをもたらす可能性があるかを判断することもできます。

例えば、大型のeコマース企業は、環境へのインパクト、全体的な株主と消費者の信頼、および規制要件のリスク・プロファイルが最大であると判断したため、マテリアリティ評価で包装材料と廃棄物(環境)、サプライチェーンの労働基準(社会)、およびビジネス倫理(ガバナンス)に焦点を当てることを選択できます。この場合、会社は3つのESGカテゴリーすべてをカバーするESGレポート・フレームワークを探す必要があります。

– ダブル・マテリアリティの評価。ダブル・マテリアリティでは、金融のマテリアリティと、市場、環境、人に対するマテリアリティという2つの観点からマテリアリティを検討することが組織に求められます。ダブル・マテリアリティは、組織が内部に目を向けることによって自らの金融リスクを管理する責任があることを認識します。その意思決定や運営が人々や環境に与える外的なインパクトにも注目しています。ダブル・マテリアリティの概念を適用することで、組織は事業の金融面のインパクトと非金融面のインパクトの両方を特定し、より包括的なESG戦略の策定に役立てることができます。

インパクトと影響

マテリアリティのコインのもう一方の面は、インパクトと影響力です。ESGレポートのアプローチを評価している組織は、最も直接的かつ迅速に影響を与える可能性のある環境上のおよび社会的要因を考慮することもメリットがあると考えられます。

アクションの優先順位またはインパクトへの取り組みの優先順位付けマトリックスを使用すると、組織は最初の取り組みをどこに集中させるべきかを迅速に特定できます。次に、これらの洞察を使用して、手の届く目標を実現するためにどのESGフレームワークが役立つかを判断できます。

例えば、変化の速い消費財メーカーや小売セクターの組織は、サプライチェーン内で影響力を発揮できます。これらの分野では、組織の調達の選択がサプライチェーン内の企業のESGパフォーマンスに大きな影響を与える可能性があり、その結果、企業のESGへの影響が拡大します。

レンズ2―ステークホルダーの期待

フレームワークを検討する際、優先されるESGレポート・フレームワークに特有のステークホルダーの期待と、さまざまなステークホルダーが開示からの情報をどのように利用するかを検討します。

外部のステークホルダーは何を求めていますか

組織は、ステークホルダーが何を求めているのか、また、これらのステークホルダーがどのESGフレームワークを利用する想定なのかを検討することもできます。例えば、投資家、取締役会、保険会社、債権者は、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)のガイダンスや、サステナビリティー会計基準審議会(SASB)に従って報告することを好む場合があります。一方、従業員や消費者は、国連の持続可能な開発目標(UN SDGs)(ibm.com外部へのリンク)に基づいた開示を期待する場合がありますし、逆に、政府や規制当局は、地域に応じて、合理化エネルギーおよび炭素報告法(SECR)または国家温暖化エネルギー報告法(NGER)を好む場合があります。

内部のステークホルダーは情報をどのように使用しますか

利害関係者はさまざまな目的でESG開示を使用しますが、組織はESGレポート戦略を策定する際にそれを考慮する必要があります。リスク、コンプライアンス、人事は、公平性とインクルージョンをめぐる戦略的決定を推進するためにデータに投資する可能性が高く、エネルギーとユーティリティーのチームは、組織全体の消費と支出を綿密に検討している可能性があります。あるいは、調達チームは収集されたデータを使用して、サプライチェーンの運用とサプライヤーのリスク・プロファイルを評価することになります。

レンズ3―地理学

特定のESGレポート・フレームワークは、特定の地域にのみ関連します。場合によっては、レポートすることが法律で義務付けられているからです。また、フレームワークがローカルの状況に固有であることが原因である可能性もあります。

例えば、欧州の企業サステナビリティー報告指令 (EU CSRD) やENERGY STAR(ibm.com外部へのリンク)(北米およびその他一部の国)、SECR(英国)、NGER (ibm.com外部へのリンク)(オーストラリア)などがあります。

レンズ4―セクターの設定

特定の業種セクターに属する組織は、そのセクターと、不動産やインフラ・ポートフォリオのサステナビリティー効率を評価するために使用されるグローバル・リアル・エステートサステナビリティ・ベンチマーク(GRESB)のようないくつかのESGレポート・フレームワークとの間に、自然な整合性を見出すことができます。

同業他社がどのフレームワークを使用しているかをレポートすることに興味がある組織は、セクターのフィルターやレポーターのリストを含むレポート・フレームワークのWebサイトを検討することで、この情報を見つけることができます。この情報を使用して、組織はESGフレームワークと自社のセクターとの関連性を確認できます。同様に、同業他社のWebサイトで、アニュアル・レポートとともに公表されているサステナビリティー・レポートを確認し、関連するフレームワークへのレポート状況を確認することができます。

レンズ5―フレームワーク・カバレッジ

主要なESGレポート・フレームワークはそれぞれ、環境、社会、ガバナンス、炭素、エネルギー、廃棄物、水などの主要なESGパフォーマンス指標にさまざまなレベルで重点を置いています。

どのフレームワークがどのインジケーターに重点を置いているか を理解することは、フレームワークの選択に役立ち、組織が既存のデータを使用して複数のフレームワークにレポートできる場所についての洞察を得ることができます。

専用のESGレポート・システムの採用

投資家コミュニティがESG指標に重点を置くようになるにつれて、このデータに適用される精査のレベルも厳しくなります。結局のところ、資本市場で最も価値のある商品は、信頼性があり監査可能なデータです。

投資家がよく知っている典型的な財務データとは異なり、ESGデータは一般的に同じ精度基準に保たれていません。温室効果ガス(GHG)会計をリスク満載のスプレッドシートで行おうとしている組織もあります。これらのアプローチは、特に複数のフレームワークにレポートする複雑なグローバル組織にとって、ステークホルダーや規制の圧力に直面した場合、ESGデータを管理する効率的な手段ではありません。

組織は、プロセスとセキュリティーに対応する専用のITシステム、金融データを安全に保管するアカウンティング・システム、および従業員データを取り込んで管理する人事システムを運用しています。ESGレポートも例外ではないはずです。組織は、アクティビティー・データを取り込み、サステナビリティーのイニシアチブである排出量データおよびESGレポートを裏付けるためのサプライチェーン・データを計算する、専門化されたソフトウェア・プラットフォームを備えることでメリットを受けることができます。

ESGの「E」ほど重要なものはありません。ESGはレポートと追跡が最も難しく、二酸化炭素排出量の削減をしたい組織にとって最も重要です。これらの指標には通常、スコープ1、2、および3全体にわたるGHG排出量の計算をサポートするために必要な指標に加えて、水、廃棄物、汚染物質、エネルギーなどの環境要因が含まれます。

どのようなフレームワークを選択するとしても、正確性、オートメーション、監査可能性は健全なESGレポート慣例の中心です。専門化されたESGレポート・ソリューションを通じてこれらの慣例を採用する組織は、ESG地勢に影響する変化に対処するために最適な準備ができます。

SGレポート・ソフトウェアは、ソースから直接データ取り込みを自動化し、全国的に認められた炭素排出係数データ・テーブルの排出係数エンジンを維持することで、整理された状態を維持するのに役立ちます。これらの表には、米国EPA気候リーダー・プログラム、e-GRID USA、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)、IEA国別電力係数、オーストラリア全国温室効果ガス・アカウント、DEFRA(英国)、ニュージーランド環境省が含まれています。

ベンチマーク・フレームワーク

ベンチマークESGレポート・フレームワークでは、フレームワーク内のすべての質問への回答が必要であり、通常はスコアリング要素があります。

カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)

CDPは、企業が投資家、従業員、顧客などの利害関係者に環境情報を提供するためのフレームワークです。これには、環境ガバナンスとポリシー、リスクと機会の管理、環境目標と戦略とシナリオ分析が含まれます。

CDPの仕組み

CDPは、気候変動、水、森林のトピックに関する3つのアンケートを提供しており、それぞれが異なる方法を使用してスコア付けされます。各アンケートには、影響力の大きいセクターを対象とした一般的な質問とセクター固有の質問が含まれています。 CDPのアンケートのスコアリングは、CDPのトレーニングを受けた認定スコアリングパートナーによって行われます。

グローバル不動産サステナビリティー・ベンチマーク(GRESB)

GRESBは、世界中のリアル・エステートやインフラストラクチャーのポートフォリオ、資産のサステナビリティー効率を評価するために主に投資家によって使用されるグローバルなツールです。

GRESBの仕組み

GRESBのアセスメントは、投資家や資産マネージャーに会社のリアル・エステートのサステナビリティー効率に関する重要な洞察を提供します。これらのパフォーマンス効率に関する洞察は、GRIや責任投資原則(PRI)などの国際的なレポート・フレームワークと連携しています。アセスメント参加者は、同業他社と比較した自社の立ち位置を示す比較ビジネス・インテリジェンス、ESG効率を向上させるために実行できるアクションを含むロードマップ、および投資家と関わるためのコミュニケーション・プラットフォームを受け取ります。投資家は、ESGデータとGRESB分析ツールを使用して、投資ポートフォリオのサステナビリティー効率を改善し、マネージャーと連携して、ますます厳格化するESG義務に備えることができます。

自主的フレームワーク

自主ESGレポート・フレームワークを使用すると、レポーターは、事業の業種やマテリアリティなどの要素に応じて、レポートしたい質問を選択できます。通常、スコアリングはこれらのフレームワークには含まれていません。

グローバル・レポーティング・イニシアチブ(GRI)

GRIは、包括的な範囲のサステナビリティー問題に対するマテリアリティ、経営レポートおよび開示へのアプローチを詳述した標準を提供する、世界的に適用可能なガイダンス・フレームワークです。GRI標準は、多くの組織が独自のサステナビリティー・レポートを作成する際の指針となります。

GRIの仕組み

モジュラーで相互に関連するGRI標準は、主に重要なトピックに焦点を当てたサステナビリティー・レポートを作成するためのセットとして使用されるように設計されています。3つのユニバーサルな標準は、GRIフレームワークに基づいてレポートを行うすべての組織で使用されています。組織は、経済、環境、社会など、重要なトピックについてレポートするために、トピック固有の標準からも選択します。

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)

TCFDは、事業体に対する気候リスクに対処するために明確に設計されており、まさにESGレポートの「E」に該当します。TCFDは、ESGパフォーマンスが将来の財務パフォーマンスと価値創造にどのような重大な影響を与える可能性が最も高いかを世界中の組織が明確に説明するのに役立ちます。

TCFDは、G20財務大臣が金融安定理事会(FSB)に対し、気候関連問題と金融セクターの関係を評価するよう要請したことを受け、2015年12月に創設されました。FSBはグローバル金融システムに勧告を行う国際機関であるため、気候関連金融へのこの活動は重要でした。

TCFDの仕組み

TCFDは4つの柱に分かれており、以下に関連する開示要件に対応しています。

1. ガバナンス組織のガバナンス構造化は、気候関連のリスクとオポチュニティーにどのように対処しているか。

2. 戦略気候関連のリスクやオポチュニティーが、戦略や金融計画を含む事業全体に与える具体的で重要なインパクトは何か。

3. リスク管理組織は、気候関連のリスクをどのように定義、評価、管理しているのか。

4. メトリックとターゲット重要な気候関連のリスクとオポチュニティーを評価するために、どのような測定が用いられているか。

Value Reporting Foundation(VRF)—Sustainability Accounting Standards Board(SASB)およびInternational Integrated Reporting Council(IIRC)

2021年6月、SASBとIIRCは合併し、VRF(ibm.com外部へのリンク)を設立することを発表しました。VRFは、企業が投資家に対して財務上重要なサステナビリティー情報を開示する際の基準を定めるESGガイダンス・フレームワークです。1彼らが提供するリソースには、Integrated Thinking Principles、Integrated Reporting Framework、SASB Standardsが含まれます。

全体として、SASB標準は、77の業界標準にわたるESG問題と効率を追跡します。VRFのフレームワークは、企業が外部へのESGへの影響を投資家、債権者、内部の金融関係者の言語で共有できるように支援するために構築されています。

SASB標準の仕組み

他のESGレポート・フレームワークの中で、GRIはSASBに最も似ていますが、金融ポートフォリオのみに関心がないステークホルダーにレポートするための、より広範で重要な情報を提供します。

BlackRock、Goldman Sachs、Morgan Stanleyなどの資産管理会社、GMやNikeなどの製造大手、さらにはMerck and JetBlueなどの専門化された産業が、SASB Standardsを使用してESGメトリックを開示しています。SASBは、複数の資産クラスの投資家が基準をどのように使用しているかを説明するリソースも提供しています。これらのツールを使用すると、組織は透明性と投資家との関連性を可能にするシステムを使用して具体的にレポートすることができます。

規制の枠組み

規制ESGレポート・フレームワークは、すべての応答が必須だが常にスコア付けされるわけではないため、ベンチマーク・フレームワークに似ています。政府機関でも、これらのフレームワークと報告要件が求められます。 

コーポレート・サステナビリティ・レポート指令(CSRD) 

欧州連合のCSRDは、組織が環境および社会問題に関連するいくつかのトピックにわたるサステナビリティーの開示をレポートするための規則を規定しています。CSRDの対象となる企業は、欧州持続可能性報告基準(ESRS)に従って報告しなければなりません。財務的影響と社会的影響のダブル・マテリアリティという概念に基づき、CSRDは組織に対し、事業戦略がこれらの環境・社会問題に関連するリスクをどのように軽減するかを詳述し、これらの開示を公表することを求めています。

従業員の健康、人権、贈収賄、汚職防止、経営陣全体の多様性などの問題に注目し、環境効率とともに社会的メトリックも重視しています。  

CSRDは、総資産が2,000万ユーロを超え、純売上高が4,000万ユーロを超え、従業員が250名以上の組織に適用されます。これらには、EU企業と非EU企業のEU子会社の両方が含まれます。これは50,000社以上の企業に影響を及ぼし、そのうち10,000社近くはEU域外にあります。 

また、EUで年間純売上高が1億5,000万ユーロに達し、EUに少なくとも1つの子会社または支店を持つEU以外の会社にもサステナビリティー・レポートが義務付けられます。EU以外の企業は2028年から準拠しなければなりません。 

CSRDの電子ブックをダウンロードする
全国温室効果ガスおよびエネルギー・レポート(NGER)

NGER Scheme(ibm.com外部へのリンク)は、GHG 排出量、エネルギー生産、エネルギー消費に関する会社情報をレポートおよび普及するためのオーストラリアの国家フレームワークです。2007年にNGER法によって制定され、クリーン・エネルギー規制当局によって監視されています。

NGERの仕組み

NGERスキームは、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、亜酸化窒素(N2O)、六フッ化硫黄(SF6)、および特定の種類のハイドロフルオロカーボンおよびパーフルオロカーボンなどのGHGに関する排出関連データを収集します。アクティビティーの記録は、会社または個人がNGER法に基づく義務を遵守しているかどうかをクリーン・エネルギー規制当局が知ることができるように適切なものでなければなりません。

これには、外部監査中にレポートされたデータの関連性、完全性、一貫性、透明性、正確度を検証するために使用できる情報が含まれます。

エネルギー使用量と二酸化炭素排出に関する情報開示(SECR)

SECR分類法は、エネルギー使用量、温室効果ガス排出量、および関連情報の開示を義務付けられている組織に対する英国政府のガイダンスです。以前のCarbon Reduction Commitment(CRC)Energy Efficiency Schemeが終了したため、SECRは2019年4月1日から発効する予定で導入されました。これは、上場企業が直面していた以前のレポート要件を基礎にして拡張するとともに、大規模な未上場企業および有限責任事業組合(LLP)に対する新たな義務を追加します。

また、GHGレポートやKPIの使用など、さまざまな環境主題に関する自主的なレポートを行うすべての組織にも役立ちます。SECRは、Climate Change Act 2008に定められている、エネルギー効率の向上とCO2排出量の削減を目指す英国の戦略の中心となっています。

英国に設立された推定1万1900社が、新たな枠組みの下で自社のエネルギーと炭素排出量をレポートする必要があると予想されています。2

SECRの仕組み

SECRにレポートする、引用された企業は、現在および過去の会計年度について、エネルギー使用量、スコープ1および2の温室効果ガス排出量(CO2換算メートルトン)、および選択した少なくとも1つの排出原単位指標を開示することが義務付けられています。スコープ3の排出は任意のままですが、重要とみなされる排出源に対しては推奨されます。

また、未上場の大企業とLLPは、最小限でも英国のエネルギー使用量と、電気、ガス、輸送燃料からの関連するGHG排出量、および少なくとも1つの強度メトリックを報告する必要があります。これらのサステナビリティーの各ディメンションをレポートし、その進捗状況を経時的に追跡するには、サステナビリティー・レポート・ソフトウェアでより簡単に達成できる、統合された監査可能なデータにアクセスする必要があります。

サステナブル・ファイナンス開示規則(SFDR)

SFDR(ibm.com外部へのリンク)は、EU内の金融商品およびエンティティーのESGメトリックのレポートを標準化することを目的としています。これは、レポーターに対し、開示内容の詳細を記した主要な悪影響(PAI)ステートメントの公表を義務付けることで実現しています。SFDRは、EUタクソノミーおよび提案済みEU企業サステナビリティー・レポート指令(CSRD)と連携して行動し、EUのサステナブルな金融アジェンダの基礎を形成します。

SFDRのしくみ

SFDRのPAIステートメントでは、金融機関に対し、投資に対するさまざまなESGメトリックの加重平均や自らのアクティビティーによる排出量など、さまざまなタイプの定量的インジケーターのレポートが要求されています。実践的には、これは組織が投資先のアクティビティーのうち資金提供している比率をレポートしなければならないということです。例えば、投資先が100トンの有害廃棄物を生成し、金融機関がその会社の株式の20%を保有している場合、金融機関はSFDR PAIで20トンの有害廃棄物をレポートします。

評価機関

評価機関は、フレームワーク内のすべての質問に回答する必要があり、通常はスコアリング要素が含まれています。

ENERGY STAR

ENERGY STAR(ibm.com外部へのリンク)は、北米で全国的に認められたエネルギー評価およびベンチマークのメカニズムであり、さまざまな建物使用タイプのグループにわたる商業ビルを対象としています。

ENERGY  STARの仕組み

ENERGY STAR 米国環境保護庁(EPA)の自主プログラムで、優れたエネルギー効率を通じて企業や個人がコストを節約し、気候を保護できるように支援します。ランキングでは、建物の効率をピア・グループと呼ばれる他の同様の建物と比較します。建物の所有者は、ポートフォリオ全体にわたって内部的に、また同様のセクター間で外部的に効率のベンチマークを行うことができます。

ENERGY STARのスコアは 、ENERGY STARポートフォリオ・マネージャー・ツールが、気候、稼働時間、および建物規模を含め 、建物のエネルギー効率に影響を及ぼす重要変数を管理できるようにする、国の建物エネルギー消費量調査からのデータに基づいています。これは、動作パラメーターが異なり、気象パターンも異なる全国の建物を並べて比較して、エネルギー効率に関してどのように積み重なるかを確認できることを意味します。この正規化に含まれる特定の要素(時間、従業員、気候など)は、不動産のタイプによって異なります。1~100のスケールは、1が最も効率の悪い建物を表し、100が最も効率の高い建物を表し、50が平均を表すように設定されています。

ダウ・ジョーンズ・サステナビリティー・インデックス(DJSI)および企業サステナビリティー・アセスメント(CSA)アンケート

DJSIは、経済、環境、社会の基準の観点から世界の大手企業のパフォーマンスを追跡します(リンクはibm.com外部にあります)。これは、企業業績の財務面とESG面を共同で評価したい投資家によって使用されます。

DJSIの仕組み

DJSIは、年次CSAから得られる企業の総合持続可能性スコアに基づいて、明確でルールに基づいたコンポーネント選択プロセスを適用します。CSAは、業界横断的および業界固有の80~100の質問を組み合わせたアンケートを使用して、61の業界にわたる企業を比較します。会社は、経済、環境、社会の側面にわたる約20の財務関連のサステナビリティー基準について、0~100の範囲のスコアとパーセンタイル・ランキングを受け取ります。各業界のトップランクの会社のみがDJSIファミリーに選ばれます。これらのインデックスの投資家は、低揮発性、配当率、価値、運動量など、よく知られた共通要因の潜在的な効率への暴露を得られると同時に、よりサステナブルな会社に投資を向けることで、ポートフォリオのESG関連リスクを回避することができます。

オーストラリア建築環境格付け制度(NABERS)

NABERSは、6つ星の評価基準を使用して、オーストラリアの建物所有者がその資産が環境にどのようなインパクトを与えるかを理解し、入居予定者が自分の賃貸スペースがどの程度エネルギー効率に優れているかを理解するのに役立ちます。

NABERSの仕組み

NABERSは、建物またはテナントのパフォーマンスを、同じ場所にある他の同様の建物のパフォーマンスを表すベンチマークと比較します。独立した評価者が、エネルギーや水道の請求書、廃棄物の消費データなど 、建物やテナントに関する12ヶ月分の実際に測定可能な情報を評価の基礎として、NABERSのスコアを算出する。NABERS評価は、商業オフィスビル、テナント、ホテル、ショッピング・センター、データセンターに対して利用可能です。NABERSは2019年に、すべての主要な建物タイプに拡大する計画を発表しました。オーストラリアの建築エネルギー効率開示法に基づき、10,000平方フィートを超える販売またはリース中のすべての建物はNABERS格付けを受ける必要があります。政府は、評価が4.5以上の建物のスペースをリースする必要があります。

成長するESGトレンドへの準備
ESG評価ツールによるAIドリブンのデータ・スクレイピング

公開データを通じて組織のESG効率を評価するために、AIツールやボットがますます使用されています。データ・スクレイピングとして知られるこの手法は、資本へのアクセスを評価するために使用されるデータの大部分がコントロール外であることを意味するため、組織にとって新たな課題となります。

さまざまな企業が、ランク付けされた「ベスト」リスト、製品検討Webサイト、ソーシャル メディアの投稿とコメント、会社データベース、ニュース記事などの各種ソースから得たESGデータを統合し、組織のプロファイルの構築に使用します。

これらの評価システムやデータ・スクレイピングを通じて収集された断片的なデータはほとんどの投資家が必要とするコンテキスト、方法論、または詳細を提供できませんが、それでもなお、このプラクティスはさらに普及しつつあります。

AIドリブンのESG評価に備える方法

データ・スクレイピングの実践が増加傾向にあるため、投資チームとサステナビリティー・チームはデータのコントロールを取り戻すための新しいアプローチを検討し、AIドリブンのESGデータ・スクレイピングの避けられない欠点から組織のESG評価を保護できます。

ステップ1―ターゲットとすべき評価機関を特定します。重要機関投資家にアプローチし、どの評価機関を利用しているかを尋ねます。

ステップ2―ターゲットの評価機関がどのようなデータを使っているのか、また、それをどのように発掘しているのかを理解します。可能であれば評価機関に直接尋ねるか、ネットで調査し、可能な限り明らかにします。

ステップ3―提供するデータとそれを共有する場所が、評価機関のニーズを満たしていることを確認します。そのためのヒントをいくつか紹介します。

最適なキーワードを決定する

組織の公開情報を確認して、AIデータ・スクレイピングとボットによって取り込まれたデータが正確であることを確認します。使用されている用語を分析し、明確にするために調整します。この分析は、組織のWebサイト、比較Webサイト、およびBloombergなどの会社検索データベースに適用する必要があります。

ソーシャル・リスニングを採用する

オンラインでの会話を追跡して、組織について何が公開されているかを究明し、不正確なステートメントがあれば修正するように努力します。例には、お客様レビュー、Googleビジネス・リスティング、お客様のソーシャル・メディアのコメント、組織についての言及などがあります。

公開されているESG情報を増やす

サステナビリティーのアクション計画やレポートにおいて、より多くのデータを提供します。組織のESG効率と取り組みについてさらに詳しく説明した裏付け文書を公開します。このデータは、組織のWebサイト、ソーシャル・メディアまたはその他のプラットフォームで公開できます。

ESGレポートのグローバル・スタンダード

ESGレポートの将来は、規制の変更、フレームワークを中心とした業界の合体、およびフレームワーク間の統合という少なくとも3つの観点から見ることができます。これらすべての視点は、ESGレポート・フレームワークの調和という1つの大きな方向性を示しています。

規制の変更―国内および超国家の法域にわたってさまざまな進歩が見られました。米国証券取引委員会(SEC)は、TCFDをモデルとしたESG開示を義務付ける提案を2022年3月に発表しました。同様に、CSRDを含む、EUの持続可能な金融パッケージであるEU TaxonomyとSustainable Finance Disclosure Regulation(SFDR)では、企業にESG関連の開示がさらに要求されます。

産業セクターの合体―ESGレポートの実践が成熟するにつれて、産業セクターはそれぞれが好むフレームワークを中心に合体しつつあります。この点でムーバーとなったのは、GRESBフレームワーク対する報告を好む不動産セクターでした。BlackRockなどの資産運用会社は、投資先にSASBに対するレポートを奨励するなど、投資コミュニティーでは最近になってこの傾向が見られます。

フレームワークの統合―このような変化の結果、国際会計基準(IFRS)財団やGRIに見られるように、フレームワークがより専門的になったり、国際統合報告評議会(IIRC)やSASBに見られるように、フレームワークが統合されたりしています。

ESGレポートの変化に備える方法

ESGレポートの共通言語に向けた斬新的なステップが進み、数か月ごとに新たな発表が行われる中、組織はESGフレームワークが直面する避けられない変化にどのように備えればよいでしょうか?

データを正しく取得する

現在、正確で監査可能なデータ基盤を持つことは、ESGレポートの変更が有効になったときに、過去のエラーやプロセスの変更を回避することを意味します。ESG報告対応ソフトウェア・ソリューションは、監査可能なデータ記録と正確な排出量計算により、これを達成するのに役立ちます。

ESGレポートが市場の義務に沿った最新の状態に保たれるよう、新しいフレームワーク要件に合わせてソリューションを定期的に更新する必要があります。

適切なステークホルダーとの関係を構築する

サステナビリティーのリーダーは、現在のステークホルダー・グループの枠を超えて、さまざまな枠組みや規制の変更に必要な詳細なデータを提供できる他のグループを検討する必要があります。

関連ソリューション
IBM Envizi ESG Suite

IBM Envizi ESG Suiteは、ESGデータの収集、分析、レポート作成の課題や複雑さを排除し、データの力を活用して持続可能性の向上への取り組みを成功させることができます。

Enviziはこちら

IBM  Turbonomic  Application Resource Management(ARM)プラットフォーム

アプリケーションが実行に必要なものだけを消費すると、運用効率が向上し、使用率が向上し、エネルギーコストとそれに伴う二酸化炭素排出量が削減されます。

Turbonomicの詳細はこちら

IBM  Maximo

統合された資産および信頼性管理プラットフォームである IBM Maximo を使用すると、資産のライフサイクル全体で効率を向上させ、リソースの消費と廃棄物の発生を削減する方法で運用を監視、管理、維持できます。

Maximoはこちら
参考情報 炭素会計とは

炭素会計を使用すると、組織は温室効果ガス排出量を定量化し、気候への影響を理解し、排出量を削減する目標を設定できます。

GHGレポートの複雑さをマスターする

再生可能エネルギーの購入をどのように考慮するか、スコープ3の排出量計算にどのようにアプローチするか、そして4番目の排出量スコープがあなたのビジネスにとって何を意味するのかを検討します。

GHG排出量算定とESGデータ管理のガイド

持続可能性の主張を裏付けるために必要な高品質のデータを生成または取得する手順を学び、報告と開示のためにGHG排出量を計算するベストプラクティスのアプローチを明らかにします。

ESGレポートの未来―未来の展望

ESGパフォーマンスが議題の最上位に急上昇する中、ESGレポート・セクターは変化する運命にあり、競合するガイダンスやレポート・フレームワークの集合体に悩まされてきました。

詳細情報はこちら

IBM Envizi ESG Suiteを使用すると、環境、社会、ガバナンス(ESG)データの取得、統合、管理、分析、報告を簡素化できます。

エンビジを探索 デモの予約
脚注

1 “IIRC and SASB form the Value Reporting Foundation, providing comprehensive suite of tools to assess, manage and communicate value,”(ibm.com外部へのリンク)Value Reporting Foundation、2021年6月。

2New digital tool enables easier energy and carbon reporting,”(ibm.com外部へのリンク)GOV.UK、2020年3月