SAPアプリケーションのサービス

SAP S/4HANA向けのコンサルティング・サービス

SAP S/4HANAは、デジタル・ランドスケープでシンプルなエンタープライズ機能を提供するインメモリー・ビジネス・スイートです。IBMは、SAP S/4HANAのコンサルティングおよび実装サービスを提供し、導入を迅速化して変革を加速します。

SAP C/4HANAのサービス

卓越した顧客体験の実現をご希望ですか? すべてのチャネルや業界にわたり、適切、有意義、かつタイムリーな方法で顧客エンゲージメントを実現するソリューションを提供していますか? IBM と SAP は、マーケティング、販売、サービスをさらに統合する戦略とソリューションを設計することで、顧客関係の向上を支援します。

SAP SuccessFactorsのサービス

従業員の採用、育成、維持において優れたパフォーマンスを実現します。IBM の専門家は、戦略的な人材管理ソリューションの作成を支援して、SAP SuccessFactors ソリューションで素早く効果的に使用できるようにします。

SAP Aribaのサービス

SAP Aribaの実装によるコンサルティングから、お客様の調達業務のデジタル変革を進めるパートナーです。より効果的な調達事例、不正な支出の削減、さらに扱いやすい契約プロセス、最新化された効率的な調達業務といったメリットを実現します。

IBM SAP DevOpsサービス

中断することなく、継続的なデリバリー、自動化されたテスト、スケーラビリティーを備えたSAP上で実行されるビジネス・プロセスを統合します。IBMの専門家のSAPにおける豊富な経歴により、お客様固有のニーズを満たすマルチサービス・クラウド・ソリューションとマルチプロバイダー・クラウド・ソリューションを統合できる、エンドツーエンドのソリューションの設計とサポートが可能になります。IBM SAP DevOpsサービスによるアプリケーション最新化を進める方法を説明します。

IBM CloudのSAP認定クラウド・サーバー

IBM Cloudによるクラウド移行でSAPサポート期限「2025年問題」に対応します。

SAP Applications on IBM Servers

IBMマネージドSAPアプリケーション・サービス

IBMは、最先端のクラウド・インフラストラクチャー・テクノロジーと世界規模の経験豊富な専門家チームにより、物理サーバーと仮想サーバーの両方のオペレーティング・システム、データベース、SAPアプリケーションの管理と監視を支援します。SAP アプリケーション向け IBM クラウドは、高速ネットワークを備えた世界中のデータセンターで稼働します。

 

IBM Power Servers for SAP HANA

デジタル時代に必要な柔軟性、可用性、パフォーマンスを最適化した次世代のプラットフォームで、SAP HANAへの投資効果を最大化しませんか?x86サーバー20台で構成されるシステムも、Power Systemsであれば3台に統合でき、大きな経済的効果も享受できます。すでに全世界で2,300社以上の企業が、Power Systems上でSAP HANAを稼働させています。

IBM DB2 for SAP

お客様を最適にサポートするSAP向けのデータベースをお探しですか? エンタープライズ・プランニングからカスタマー・リレーションシップ・マネジメントに至るまで、SAPソリューションは高性能でコスト効率の良いデータベース・プラットフォームで実行される必要があります。IBM DB2 は、最も幅広いプラットフォームの選択肢を提供して、緊密な統合、パフォーマンスの加速、信頼性を実現します。

SAP向けの業種別ソリューション

小売業向けSAPソリューション

適切な小売業向けのプラットフォームにより、生データを実用的な洞察に変えることができます。世界中の小売業者が、そのようなプラットフォームを構築するためにIBMとSAPを利用しています。

電力・ガス向けSAPソリューション

IBMとSAPは連携して、重要なメーターのデータを運用とビジネスのための重要アプリケーションに統合するインテリジェントな電力/ガスのネットワークのメリットを実現します。

消費財向けSAPソリューション

ビジネスや製品にまつわる消費者の固有の要件に対応していますか? IBM と SAP は連携して、取引のプロモーション管理、新製品開発、カスタマー・ロイヤルティー管理など、幅広い機能を網羅する消費財を提供します。

IBMとSAPで既にお客様が達成している成功をご覧ください

最新のパースペクティブの解説

[導入事例] 旭化成、処理量の増大や急なニーズにも柔軟に対応できる情報分析基盤を構築

旭化成が採用したのは、アプライアンス・マシンよりも大容量のメモリーが搭載可能なIBM Power Systemsでした。採用のポイントとなったのは「システムを止めることなく、必要なときに必要なだけコアやメモリーを増減できる」ことです。

IBMおよびSAPはモバイル主導のデジタル変革を推進

IBMとSAPは、モバイルにおけるSAP投資を拡張する複数の方法を発表します。

SAP AribaとIBMの連携

SAP AribaとIBMは、コグニティブ・コンピューティングを活用して次世代のsource-to-settleソリューションを開発します。

IBMのエキスパートにご相談ください。

IBMをフォローする

IBMをフォローする