Let’s create あらゆる場所でデータを保護するセキュリティーを 脅威インテリジェンス・インデックス2022を読む お客様事例を見る

ソリューション概要

これからは、確信できるセキュリティーでなければなりません

状況に応じる予測的なセキュリティーが、新しい働き方を実現し、推進・展開します。ゼロトラスト・セキュリティーがビジネスをいかに前進させるかご覧ください。

ユースケース

お客様のプライバシーの保護 あらゆる場面で顧客のプライバシー保護に努めることで、競合他社よりも自社ブランドを選択する強力な理由を提供します。 重要なデータを特定して保護し、革新的な顧客体験を提供しながら脅威に対応することで、データのセキュリティーとコンプライアンスを向上させます。 ソリューションを探す

最適な認証で生産性を向上 スピードと規模でイノベーションを起こすためには、システムとデータを安全に保ちながら、従業員が新たな方法で作業できるようにする必要があります。 IDとアクセスの管理、デバイスとエンドポイントの管理、およびネットワーク・セキュリティーを実装することにより、従業員がどこからでも、どのデバイスでも、どのアプリケーションを使用しても作業できるようにします。 ソリューションを探す

ランサムウェアの影響を軽減する 今日の細分化されたビジネス環境では、セキュリティーの脆弱性が発生します。 セキュリティー侵害が差し迫っている、あるいは既に発生していることを想定して、あらゆる状況に備えておく必要があります。 IBMのセキュリティー情報およびイベント管理(SIEM)ソリューションと脅威管理サービスは、最も貴重なデータをサイバー攻撃から守り、保護するのに役立ちます。 ハイブリッド・マルチクラウド環境全体の詳細なセキュリティー分析、グローバルなインシデント対応、脅威ツールにより、ランサムウェアから保護します。 ソリューションを探す

すべてのクラウドのデータとアプリを保護 データとアプリケーションは、クラウドやオンプレミス環境、パートナーやエンドポイントなど、さまざまな場所に分散しています。拡大するハイブリッドクラウド環境を保護するためには、セキュリティー・チームやリソースを最大限に活用する必要があります。最新のゼロトラストを実装したセキュリティー対策により、クラウドとデジタル・トランスフォーメーションを推進します。 ソリューションを探す

セキュアなリモートワーク
 リモートワークも標準的な働き方になりつつある今日では、勤務場所やデバイスにかかわらず安全に仕事ができるようにしなければなりません。 個人用と企業用のデバイスを同一の統合エンドポイント管理(UEM) ソリューションで管理することにより、セキュアなアクセス、リスク軽減、高い満足度を実現することができます。 AIを活用したUEMソリューションで、モバイル勤務を管理、保護します。 ソリューションを探す


セキュリティーを全社的な責任に

どのような役職にあっても、ゼロトラストがビジネスへもたらす効果を理解することが重要です

CIO向けのセキュリティー 会社の最高経営責任者 (CIO) は、従業員が必要なリソースに迅速かつ安全に接続できる方法を必要としています。ゼロトラストで保護されたハイブリッドクラウドは、データ主導の意思決定を全従業員にもたらすことができます。 ゼロトラストについてもっと知る

CTO向けのセキュリティー 会社の最高技術責任者 (CTO) は、革新的なデジタル体験を構築し、クラウドへ移行する際に、データ・プライバシーを優先させる必要があります。設計上の安全性を確保したゼロトラストは、ハイブリッドクラウド環境で顧客データを保護する信頼性の高いフレームワークを提供するため、CTOは安全かつ確実にイノベーション、ビジネスの発展、破壊的技術に投資できます ゼロトラストについてもっと知る

CISO向けのセキュリティー 会社の最高情報セキュリティ責任者 (CISO) は、業務を保護し、顧客体験の進化を支援する、より柔軟なセキュリティーへの取り組みを必要としています。ゼロトラスト・アプローチによる状況に基づくセキュリティー対策をハイブリッドクラウドの柔軟性にもたらすことで、CISOは大胆にイノベーションを推進することができます。 ゼロトラストについてもっと知る

ハイブリッドクラウドのセキュリティーに関する正解をお探しですか?

ゼロトラストとは、すべてをクラウドに移行する必要があるということなのでしょうか?

そうではありません。ゼロトラストは、最小限の権限、継続的な検証、および危機の想定という3つの主要原則に基づくアーキテクチャー・アプローチです。 これらの原則は、どのような環境にも当てはまります。 セキュリティー機能をクラウドに常駐させる必要はありません。基盤となるワークロードや保護対象のデータについても同様です。

自社の組織に合ったアクセス・ポリシーを定義する最適なアプローチには、どのようなものがあるでしょうか?

ゼロトラストの原則に基づき、社内で業務を遂行するためのアクセス権は最小限にとどめておくよう、アクセス・ポリシーで定める必要があります。 データ、アプリケーション、ワークロード、システムへのアクセス権を最小限にすることで、全体的な攻撃対象領域も最小限に抑えられます。 一度設定したアクセス権は、継続して認証、検証を行い、不要になった権限はすべて排除します。

シャドーITが増える中、ビジネスの安全性を確保するには、どのようにすればよいのでしょうか?

クラウドで提供されるアプリケーションやサービスは、貴社の組織のあらゆる部門に多大な利益とビジネス適応力をもたらします。 こうしたサービスの利用が増える原因の一つに、シャドーITの利用があります。 可視性の向上、インラインのセキュリティー・コントロール、リスク防止の強化といったゼロトラストのフレームワークを成功させることで、生産性が低下したり制限されることなく、クラウドを積極的に活用できます。 適応型アクセス、データ損失防止、およびクラウド・アクセス・セキュリティ・ブローカー (CASB) ツールの統合をご検討ください。

複数のクラウドやオンプレミス・システム間でのセキュリティーの統合は可能でしょうか?

ハイブリッド・マルチクラウド環境でのセキュリティーの統合は可能であり、強くお薦めします。 とは言え、ただコントロールやポイント・ソリューションを追加するだけでは不十分です。 ハイブリッド・マルチクラウドのセキュリティー・プログラムを総合的に管理するためには、一元的な可視化とコントロールが欠かせません。 パブリック・クラウドやプライベート・クラウドなどのクラウド環境には、ID、データ、ワークロードおよびネットワーク用のセキュリティー管理機能を組み込む必要があります。 こうしたコントロールは、オンプレミスのセキュリティー機能との整合性を確保し、脅威管理プログラムなどの既存ソリューションと統合する必要があります。

IBMと協働する企業

Commercial International Bankは、ゼロトラスト・アプローチを導入し、プロセスおよびセキュリティーを強化しています
Micro Strategies社は、IBMのさまざまな技術を導入し、顧客のデータ破損を防いでいます
IBM CIOオフィスが、IBM Security Verifyで将来を見据えたデジタル認証を確立しました
ANDRITZ社とIBM Security Servicesが脅威の検知と対応を迅速化しました

オープンに、安全に、確実に。

IBMのゼロトラスト・ハイブリッドクラウド戦略は、すべてのユーザー、すべてのデバイス、すべての接続にセキュリティーを備えることで、お客様のデータ、企業評価、従業員を常に保護します。IBMは、包括的で予測可能なセキュリティーの実現のために、お客様の状況に合わせて、ツールの統合とプロセスの統一を支援します。