IBM Storage

IBM Elastic Storage System 3500を発表

AIは、急速にビジネスや社会に導入され活用されています[1]。AIを活用することにより、企業はより優れた意思決定を行い、中核となるビジネス・プロセスを改善することができます[2]。AIパイプラインの始まりはデータであり、 […]

さらに読む

製品仕様およびエネルギー消費効率:IBM FlashSystem 5035、IBM FlashSystem 5015

IBMのストレージ製品であるIBM FlashSystem 5035およびIBM FlashSystem 5015の製品仕様(含む、エネルギー消費効率)を紹介します。エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により […]

さらに読む

IBM Elastic Storage System 3500を発表

AIは、急速にビジネスや社会に導入され活用されています[1]。AIを活用することにより、企業はより優れた意思決定を行い、中核となるビジネス・プロセスを改善することができます[2]。AIパイプラインの始まりはデータであり、 […]

さらに読む

製品仕様およびエネルギー消費効率:IBM FlashSystem 7200、IBM FlashSystem 7300

IBMのストレージ製品であるIBM FlashSystem 7200およびIBM FlashSystem 7300の製品仕様(含む、エネルギー消費効率)を紹介します。エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により […]

さらに読む

データ・レジリエンスとストレージ:ビジネスのための基本情報

現代のビジネスにおいて、データ・レジリエンスはますます不可欠なものとなっています。悪意のある攻撃やその他の脅威から保護し、回復する能力は、ビジネスの成功に大きく貢献します。回復力のあるプライマリー・ストレージは、データ・ […]

さらに読む

製品仕様およびエネルギー消費効率:IBM Elastic Storage System 5000

IBMのストレージ製品であるIBM Elastic Storage System 5000の製品仕様(含む、エネルギー消費効率)を紹介します。エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定した消費電力を、省エ […]

さらに読む

ランサムウェア被害からの迅速なリカバリーを実現するIBM FlashSystem

本日、IBM FlashSystemのオールフラッシュ・ストレージ製品群を対象とする新しいデータ保護機能を発表します。このデータ保護機能により、ランサムウェアを筆頭とするサイバー攻撃を適切に検知し、迅速なリカバリーを実現 […]

さらに読む

2022年4月〜6月分 IBM ITインフラ 特製カレンダー壁紙

*現時点では、2023年のカレンダー壁紙の制作は予定しておりません。 *2022年7月〜9月のカレンダー壁紙は、こちらの記事で公開しています。 *2022年10月〜12月のカレンダー壁紙は、こちらの記事で公開しています。 […]

さらに読む

オンプレ・クラウド混在「こんなはずでは…」のストレージ戦略、シンプルさを取り戻せ

当記事は、Web「ビジネス+IT」に掲載されたものです。(初回掲載 : 2021年8月)   デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みの中核にあるのが「データ活用」だ。企業には、さまざまなデータを蓄積 […]

さらに読む