概要

IBM LinuxONEとは

IBM LinuxONEは、基幹業務ワークロードのニーズを満たすために設計された、独自のアーキテクチャーを持つ、エンタープライズ・グレードのLinux®サーバーです。 IBMが培ってきた持続可能で安全、拡張性に優れたシステム構築の実績と、Linuxオペレーティング・システムのオープン性を融合しています。

新着情報

メリット

持続可能性

サーバーの無秩序な増設を抑え、総所有コスト(TCO)を削減し、企業の二酸化炭素排出量とエネルギー使用量を削減します。
 

安全性

コンフィデンシャル・コンピューティングと耐量子暗号化により、内部および外部の攻撃による影響を最小限に抑えます。

拡張性

データとトランザクションを大規模に管理し、変化する要件にオンデマンドで対応します。
 

総所有コスト

節約できる金額

IBM LinuxONEのコスト見積もりツールは、ハードウェア、ワークロードの種類、ソフトウェアなどのいくつかの質問に答えることで、お客様の回答と業界で実証済みの仮定に基づいた、ハイレベルな総所有コスト(TCO)を提示します。

ユースケース

持続可能性、安全性、拡張性

LinuxONE は、基幹業務のワークロードに対するニーズに対応できるようにな設計されています。

低炭素経済への移行

Citibankは、MongoDBのワークロードをIBM LinuxONEに統合することにより、データ・センターのフロア・スペースとエネルギー消費を削減します。

コンフィデンシャル・コンピューティングの提供

Phoenix Systemsは、IBM LinuxONE上のTrusted Execution Environmentにより、お客様の使用中データに対して新しいレベルのセキュリティーを提供します。

コア・バンキング・アプリケーションのモダナイズ

大手ISVであるTemenosは、IBMとの関係を拡大し、IBM LinuxONEを利用したティア1の銀行のモダナイゼーションを支援しています。

デプロイメントの選択

オンプレミス

IBM LinuxONE Emperor 4 ​

持続可能性、安全性、拡張性および優れたパフォーマンスでデータ集約型ワークロードに対応します。

IBM® LinuxONE III Express

事前構成された3つの柔軟な容量で、ほとんどのワークロードに低価格帯で対応できます。

サービスとしてのインフラストラクチャー

IBM Cloud® Hyper Protect Crypto Services

マルチクラウドキー管理サービスで、暗号化キーとセキュリティー・モジュールを完全に制御します。

IBM® Hyper Protect Digital Assets Platform

セキュリティーが非常に高いホスティング環境で、IBM Cloud内の秘密鍵、アプリケーションおよびデータを保護します。

IBM Cloud® Hyper Protect Virtual Server

IBM Cloudのコンフィデンシャル・コンピューティングには、機密性の高いワークロードに対するプライバシー保証機能が備わっています。

IBM® LinuxONE Bare Metal Servers

ハイブリッドのフットプリントを拡大したいお客様に最適な、シングル・テナント型の高性能オプションです。

使ってみる

重要なアプリケーションとデータをハイブリッドクラウドへ迅速に移行します。