IBM Storage

意外と知られていないコンテナ環境でのストレージの役割

マルチクラウドでアプリケーションを運用する基盤としてコンテナ環境が注目されていますが、ストレージのことを決して忘れてはなりません。実はコンテナ環境は、オンプレミスの仮想化環境のような手厚い保護は行われていないのです。コン […]

さらに読む

コンテナおよびハイブリッドクラウド向けのシンプルなストレージ

本日、IBM は弊社ストレージ製品およびデータ保護ソリューションの新機能と機能拡張を発表しました。これらの機能拡張は、急速に普及するRedHat OpenShift をはじめとするコンテナおよび Kubernetes の […]

さらに読む

ハイブリッドクラウドにおけるデータ連携の鍵を握るもの

商用ITサービスにクラウドが使われて15年弱。企業はクラウドファーストのもと、ITのクラウド化を進めてきました。しかし、何でもクラウドに移行する時代は過ぎ、従来型ITとクラウドとを使い分ける時代になりつつあります。とは言 […]

さらに読む

DX時代のデータ活用を支えるAIデータパイプラインを実現

DX時代の競争を勝ち抜くためにはデータ活用が不可欠ですが、やみくもにデータを集めても自社の優位につながるビジネス価値を生み出すことはできません。データを「貯める」「整える」「AIが学習する」「業務への適用」をトータルにサ […]

さらに読む

基幹システムのデータを論理破壊から守る

金融機関の勘定系システムや製造業の生産管理システムなど、業務停止が許されないミッションクリティカルなシステムでは、業務継続性を維持するため、データの物理破壊に備えた厳重な対策がとられています。しかし、それだけでは不十分で […]

さらに読む

先進的なデータ保護ソリューション

サイバー犯罪行為とサイバー侵入の試みが増大する中[1]、効果的で先進的なデータ保護とサイバー・レジリエンスへのニーズがかつてないほど高まっています。サイバーセキュリティーの優先度が一晩で変わるため、従来型のデータ・フロー […]

さらに読む

データ基盤を考えるストレージ座談会

デジタル変革への取り組みが急速に進行し、さらに5G時代を見据えた今、データの重要性がかつてないほど高まっています。一方、サイバー攻撃や複雑化したIT環境下でのデータマネジメントなど考慮すべき課題は少なくありません。 今回 […]

さらに読む

Gartnerの「2020 Magic Quadrant for Data Center Backup and Recovery Solutions」でIBMが9年連続でリーダー認定を獲得

最近、IBMは「Gartner Magic Quadrant for Data Center Backup and Recovery Solutions」のリーダーとして認定されました。今回で連続9回目のリーダーとしての […]

さらに読む

IBMストレージが先導するAIジャーニー

データは、すべての企業が平等にその可能性を獲得することができる分野の一つです。 自社のデータを理解することで、明確に競争上の優位性がもたらされます。 [1] それでも、Forresterが世界中のIT、データ、基幹業務の […]

さらに読む