エバンジェリストの眼③:払うべきか払わぬべきか、それが問題だ

今や、ビジネスの生命線ともいえる「データ」を暗号化し、身代金を要求するランサムウェアが世界中で急増している。攻撃者の手口は日々に悪質化、巧妙化しており、日本企業にとっても対岸の火事ではなく、いつ自社に降りかかるか分からな […]

さらに読む

IBM i のRPG資産で持続可能なITとDX実現を

本記事は、IBM iのコンサルティング・サービスや受託開発サービスを提供する ティアンドトラスト株式会社 の常務取締役 小川 誠氏の寄稿記事です。記事の内容は寄稿者自身の見解であり、必ずしもIBMの立場、戦略、意見を代表 […]

さらに読む

IBM Power Salon開設の背景と目的

「IBM Power Salon」〜それは、IBM Powerユーザーのための自由な語り場 日本IBMは、「IBM Power Salon」を2021年11月に開設いたします。これは、IBM Power事業部が主催し、I […]

さらに読む

メインフレーム(IBM Z)の潜在能力の発揮

メインフレームは現在も企業の IT システムの極めて重要な役割を担う戦略的システムです。多くの大企業のアプリケーション資産において、高い割合のコア・ビジネスのアプリケーションおよびワークフローがメインフレーム上で実行され […]

さらに読む

IBM Z Student Contest〜世界規模のプログラミング・コンテスト

IBM Z Student Contest は、プログラミング・コンテスト開催に定評のあるHackerEarth社が主催する、世界中の学生を対象としたプログラミング・コンテストです。 IBM Z Student Cont […]

さらに読む

古典コンピューティングの現在と未来

今日のほぼ全てのコンピューティング(古典コンピューティング)は、数学と情報学を組み合わせた「Bit : ビット」により情報を「0」と「1」で表現し、処理を行なっています。 社会インフラを支えているコンピューティング・シス […]

さらに読む

AIとニューロ・コンピューティングの現在と未来

近年、AIの進歩は目を見張るものがあります。その躍進のきっかけとなったのが、深層学習/ディープラーニングです。脳の神経細胞や神経回路網を模倣した数理モデル(ニューラルネットワーク)が、学習データから自ら学び、画像、音声、 […]

さらに読む

量子コンピューティングの現在と未来

量子コンピューティングは、物理学(量子力学)と情報学を組み合わせた「Qubit : 量子ビット」により情報を表現し、処理を行う、まったく新しいタイプのコンピューティングです。 古典ビットは0と1のどちらかの状態をとります […]

さらに読む

エバンジェリストの眼②:コンテナなんてウチにはまだ早い、のでしょうか

DX(デジタル変革)という言葉が登場し、多くの企業での取り組みも語られてきている。実際、ITが社会に深く浸透し、生活様式を大きく変えている。DXが進むことで多くの恩恵を感じることも増えてきている。ここで改めて自社でのDX […]

さらに読む