IBM i

Power Systems Virtual Serverの始め方

IBM AIXやIBM iのワークロードをクラウド環境で実行する方法を調べようとして、どこから始めればよいかとお悩みではありませんか? パブリッククラウド環境でIBM Power Systemsを利用することは、オンプレ […]

さらに読む

Red Hat OpenShift 4.3がPower Systemsに対応

2020年4月、Red Hat OpenShift Container Platform for Power V4.3が発表されました。さらに、6月にはOpenShift V4.3に対応したIBM Cloud Pak f […]

さらに読む

AnsibleによるPower Systemsの自動化

IBM Power Systemsは急速に進化しており、AIX、IBM i、Linux on Power Systemsは大きな恩恵を受けています。ハイブリッド・マルチクラウド環境では、すべてのプラットフォームに一貫性と […]

さらに読む

DXによる成功に貢献するIBM i

2020年代は大きくの企業が、より本格的にデジタル変革を推進される時代になると予測されています。長年にわたり、お客様のIBM iに蓄積された業務ノウハウやデータは、デジタル変革が進んでも継承される貴重な資産です。業務シス […]

さらに読む

過去データにタイム・トラベル!簡単・便利なIBM i テンポラル表

まるでタイム・トラベルのように、過去に遡ってIBM iに蓄積されたデータを確認したいことはありませんか? こうした要望に対して、IBM i 7.2 まではデータの履歴管理を⼿組みで行う必要がありました。しかし、IBM i […]

さらに読む

「IBM i の聖地」を訪れる

広大な敷地に、鮮やかな青色のビルが建ち並ぶ、米国ミネソタ州ロチェスター市の郊外。知る人ぞ知る、「IBM i(AS/400)の聖地」と言われるIBMロチェスター事業所です。1956年、当時のIBM社長トーマス・J・ワトソン […]

さらに読む

AI活用から遠そうで近いもの

経済産業省がDX推進ガイドライン(*)を公表するなど、デジタル技術活用の機運が高まっている。多くの企業が取り組もうとしているデジタル技術の1つはAIだが、「何が必要なのか」「何から着手するべきか」など分からないことが多い […]

さらに読む

IBM i 7.4およびDb2 Mirror for iを発表

2019年4月23日は、IBM iや関連ソフトウェアの開発に取り組んでいる私たちにとって刺激的な日です。今日は新製品の発表日です!もちろん、我たちにはテクノロジー・リフレッシュの発表が、少なくとも年2回は訪れます。今日の […]

さらに読む

オープンソース対応にみる IBM i の進化

IBM iが進化を続けられる理由。それは、新しいテクノロジーに対するオープンな姿勢に他なりません。その象徴の1つと言えるのが、オープンソースのサポートです。 これまで、プログラミング言語(Node.js、Python、P […]

さらに読む