IBM i

短期間・高品質・低リスクでDXを実現する最適な開発・実行環境とは

「DX」という言葉は、IT業界で幅広く、時に都合よく使われています。 このブログでは、幅広く「守りのDX」= デジタル技術を使った既存業務の生産性向上のためのアプリケーション開発・導入と、「攻めのDX」= デジタル技術を […]

さらに読む

株式会社ニイタカがIBM iで「2025年の崖」を問題解決しながら「DX推進」

「2025年の崖」の典型的な壁に直面しながら、DX推進を一歩一歩と確実に歩む株式会社ニイタカ。基幹業務の中核となるIBM i とともに課題に立ち向かい、変革を推進してきた熱き情報システム部長 川端氏に、IBM Syste […]

さらに読む

IBM Power Systemsで実現する、堅牢さと可用性を兼ね備えたコスト効率のよいコンテナ基盤

アプリケーションをコンテナ化することで機能要件と非機能要件を分離することができますが、そうした中で重要度を増すのがインフラです。多様なタイプのアプリケーションに対して安定した性能と拡張性、可用性、堅牢性などを提供するイン […]

さらに読む

IBM i やAIXの開発・検証環境をPower Virtual Serverで

多くの企業でクラウド活用が拡大する中、オンプレミスで運用しているミッション・クリティカルなアプリケーションに目を向けると、思ったほどクラウドの活用は進んでいないのが現実です。その原因となっている課題をIBM Power […]

さらに読む

IBM i やAIXの災対をIBM Power Virtual Serverで実現

地震や台風などの大規模な自然災害が多発している昨今、その対策を考慮した業務継続の仕組みづくりがあらためて求められています。オンプレミスで利用している各種ツールや運用スキルをクラウド上で生かしつつ、必要最小限のコスト負担で […]

さらに読む

Power Systems Virtual Serverの始め方

IBM AIXやIBM iのワークロードをクラウド環境で実行する方法を調べようとして、どこから始めればよいかとお悩みではありませんか? パブリッククラウド環境でIBM Power Systemsを利用することは、オンプレ […]

さらに読む

Red Hat OpenShift 4.3がPower Systemsに対応

2020年4月、Red Hat OpenShift Container Platform for Power V4.3が発表されました。さらに、6月にはOpenShift V4.3に対応したIBM Cloud Pak f […]

さらに読む

AnsibleによるPower Systemsの自動化

IBM Power Systemsは急速に進化しており、AIX、IBM i、Linux on Power Systemsは大きな恩恵を受けています。ハイブリッド・マルチクラウド環境では、すべてのプラットフォームに一貫性と […]

さらに読む

DXによる成功に貢献するIBM i

2020年代は大きくの企業が、より本格的にデジタル変革を推進される時代になると予測されています。長年にわたり、お客様のIBM iに蓄積された業務ノウハウやデータは、デジタル変革が進んでも継承される貴重な資産です。業務シス […]

さらに読む