IBM Storage

データ・レジリエンスとストレージ:ビジネスのための基本情報

記事をシェアする:

現代のビジネスにおいて、データ・レジリエンスはますます不可欠なものとなっています。悪意のある攻撃やその他の脅威から保護し、回復する能力は、ビジネスの成功に大きく貢献します。回復力のあるプライマリー・ストレージは、データ・レジリエンスの中核となるコンポーネントですが、具体的にはどのようなものでしょうか。

 

この記事では、データ・レジリエンスに関する主要な質問への答えと、データ用のレジリエントなプライマリー・ストレージがビジネスの成功にどのように貢献するかをご紹介します。

以下の内容について説明します。

データ・レジリエンスとは何か?

データ・レジリエンスとは、サイバー攻撃、データの盗難、災害、障害、人為的ミスなどによるデータの破壊から保護し、迅速に回復する能力のことです。これは、組織全体のサイバー・レジリエンス戦略および事業継続計画の重要な構成要素です。

サイバー攻撃を受けても、データ、そしてITインフラ全体を安全に保つことは非常に重要です。Enterprise Strategy Groupによる2020年のレポートによると、企業組織の60%が過去1年間にランサムウェア攻撃を経験し、そのうちの13%が毎日攻撃を経験しているとのことです*1。Ponemon Instituteによると、1回のデータ侵害で平均424万米ドルのコストがかかるとされています*2。サイバー・セキュリティー・ベンチャーズによると、2025年までにサイバー犯罪による損害は年間 10兆5,000億米ドルに達すると推定されています*3

悪意のある攻撃への対策に加え、データの損失を防ぎ、自然災害や予期せぬ障害からの復旧を支援するためには、データの回復力が不可欠です。洪水、台風、山火事などの異常気象は、その数と深刻さを増しており、毎年、世界中の何百万人もの人々や企業に影響を及ぼしています。世界経済フォーラムが「2020 Global Risks Report」*4で発表したところによると、2018年、自然災害による世界経済への影響と被害額は1,650億米ドルにのぼります。

データを破壊するような事象を未然に防ぐことが第一ですが、悪意があるかないかにかかわらず、可避できない事態が起こり、事象が発生したときに復旧できることも、同様に重要です。

迅速な対応ができるかどうかは、主要なデータをどこに保存しているかにかかっています。そのソリューションは回復力がありますか? データをアプリケーションで確実に利用できるようにすることは、ストレージの主要な機能です。では、回復力のあるプライマリー・ストレージには、どのような特徴があるのでしょうか。

レジリエント・ストレージ・ソリューションの5つの特長

レジリエント・ストレージ・ソリューションは柔軟性を提供し、インフラのベンダーやロケーションを活用して、データ・センターおよび仮想化、コンテナ化、ハイブリッドクラウド環境全体でデータの回復力を高め、運用の弾力性を高めるのに役立ちます。

レジリエントなプライマリー・ストレージの特徴として、2サイトおよび3サイト・レプリケーション、高可用性、拡張可用性、不変コピー、暗号化などが挙げられます。

 
レジリエント・プライマリー・ストレージの特徴は以下の通りです。

  1. 2サイトおよび3サイト・レプリケーション:従来の2サイトおよび3サイト・レプリケーション構成が可能で、同期または非同期のデータ通信を使用して、オンプレミス、クラウド、またはハイブリッドで構成できる。これにより、局所的な災害が発生した場合でも、データをほとんど、あるいはまったく損失することなく耐えられるという安心感が得られます(RPO《Recovery Point Objective》とも呼ばれます)。
  2. 高可用性:データに素早く、場合によっては即座にアクセスできる。レジリエント・ストレージには、遠隔地にあるデータへの即時フェイルオーバー・アクセスのためのオプションがあります。データは局所的な災害に耐えられるだけでなく、アプリケーションは何事もなかったかのように代替コピーに即座にアクセスすることができます。
  3. 高可用性の拡張: マルチ・プラットフォームでサポートされる。つまり、プライマリー・ストレージのハードウェア・ベンダーやパブリッククラウド・プロバイダーの選択に関係なく、RPO/RTOオプションを利用することができることです。
  4. イミュータブル(不変)コピー: プライマリー・データから論理的にエアギャップされたコピーを作成し、さらにプライマリー・データが感染した場合でも、そのコピーを変更できないようにする、すなわちイミュータブルにできる。
  5. 暗号化:データを悪意のある人物から保護し、盗聴や盗難から守れること。

データ・レジリエンスを確保するにはどうしたらよいでしょうか?

多くの組織では、さまざまなオンプレミス・ストレージ・ベンダーが混在していたり、長期にわたってストレージ容量を取得してきたりしており、異なる世代のストレージ・システムを持っていることになります。そこにハイブリッド環境用のクラウド・ストレージが加われば、データ・レジリエンスに対する一貫したアプローチを実現することはかなり難しくなります。

最初のステップは、すでにあるストレージ・インフラを近代化することです。幸いなことに、これはリースの期限が切れるのを待ったり、データの増加によって新しいハードウェアを購入したりする必要はないのです。IBMのソフトウェア・デファインド・ストレージは、ほとんどのベンダーの既存ストレージで、すぐに使い始めることができます。

IBM FlashSystemIBM SANボリューム・コントローラーは、いずれもIBM Spectrum Virtualizeソフトウェアで構築されており、ランサムウェアやその他の脅威から保護するために、データの不変(読み取り専用)コピーを作成するセーフガードコピー機能を搭載しています。この機能は、IBM Storage for メインフレーム・システムでも利用可能です。

さらに、IBM FlashSystemとIBM Spectrum Protect Plusのデータ回復力を組み合わせることで、オンプレミス、クラウド、コンテナ環境向けの耐障害性の高いITインフラを構築することができます。IBM Spectrum Protect Plusは、FlashSystem 5000または5200を購入すると、特別価格で購入できます。

次のステップ

データ・レジリエンスとストレージについてもっと知りたい方に、次のステップをいくつかご紹介します。

  • オンデマンド・ウェブキャストに登録する:IBMストレージが、どのようにセキュリティーと柔軟性を備えたストレージ環境を推進できるかを知ることができます。IBMストレージ製品マーケティング担当副社長のScott BakerとIBMストレージ・オファリング・マネジメント担当副社長のSam Wernerがスピーカーとして登場します。
  • IBMサイバー・レジリエンス診断を受ける (PDF, 1.2MB):この診断には、ワークショップ、詳細なレポート、推奨される改善策のロードマップが含まれています。
  • コンサルテーションを予約するこちらのフォームからお問い合わせください。当社のストレージ・エキスパートからご連絡いたします。

*1.“Solve Cyber Resilience Challenges with Storage Solutions,” Enterprise Strategy Group, August 2020.
*2. “Cost of a Data Breach Report 2020,” IBM and Ponemon Institute.
*3. “Cybercrime To Cost The World $10.5 Trillion Annually By 2025,” Cybercrime Magazine, November 2020.
*4. “The Global Risks Report 2020,” World Economic Forum, January 2020.


本記事は「Data resilience and storage — a primer for your business」を抄訳し、一部編集したものです。

More IBM Storage stories

消費電力削減を目指す次世代LinuxONEサーバーを発表

2022年9月13日(US時間)、持続可能性、安全性、拡張性の高いインフラストラクチャーとして、LinuxONEサーバーの次世代モデルである「IBM LinuxONE Emperor 4」を発表しました。当記事では、IB […]

さらに読む

IBM Power Salonのご案内〜毎月第2水曜日9時開催〜

「IBM Power Salon」それは、IBM Powerユーザーのための自由な語り場 日本IBMは、「IBM Power Salon」を2021年11月に開設いたしました。これは、IBM Power事業部が主催し、I […]

さらに読む

緊急公開:IBM LinuxONE版 2022年10月〜12月のIBM ITインフラ 特製カレンダー

*現時点では、2023年のカレンダー壁紙の制作は予定しておりません。 Linux専用サーバーの新製品 IBM LinuxONE Emperor 4が発表されました。(ニュースリリース) そこで、LinuxONE Empe […]

さらに読む