IBM Power

IBM Power Salon開設の背景と目的

記事をシェアする:

「IBM Power Salon」〜それは、IBM Powerユーザーのための自由な語り場

日本IBMは、「IBM Power Salon」を2021年11月に開設いたします。これは、IBM Power事業部が主催し、IBM Power Systems改め IBM Powerをお使いのお客様、ビジネス・パートナー様、ソリューション・ベンダー様が自由にご参加いただけるオンライン形式の集いです。
IBM Power Salonは毎月第2水曜日、9時に開会します。事前のお申込は不要です。下記ボタンよりご自由にご参加ください。

IBM Power Salonへの入り口はこちら(WebEx)

 

本ブログでは、IBM Power10 プロセッサー搭載サーバーの発表を機とする「IBM Power Salon」開設の背景、具体的な開催内容について、IBM Power 副事業部長 高木 泰成が紹介します。


ビジネス環境の多様で多岐な変化への追随こそが、IBM Powerの真骨頂

2021年9月9日に、IBM Power10プロセッサーを搭載するエンタープライズ・サーバー「IBM Power E1080」を発表しました。ありがたいことに、「IBM Power E1080」は、ハイブリッドクラウド時代のIT基盤が抱える課題に完全に対応する製品と評価いただいております。

実は、これまでも、各世代のIBM Powerプロセッサーは、IT市場をめぐる情勢が変化したタイミングに、課題解決に寄与するべく登場してきました。

第3のプラットフォーム(クラウド、ビッグデータ/アナリティクス、モビリティ、ソーシャル)が注目された2014年。基幹システムと第3のプラットフォームとを効果的に連携させて、新たな価値を生み出すためにIBM Power8プロセッサー搭載サーバーが登場しました。

AIの可能性を追求し、大量のデータから新たな洞察を獲得するコンピューティング・テクノロジーが注目された2017年。「AI時代のために特別にデザインされた、唯一の激速プロセッサー」と称されたIBM Power9プロセッサーを搭載するサーバーが登場。重要な社会基盤の一部として、あらゆる業種のお客様の基幹システムを支えています。

デジタル・トランスフォーメーション(DX)が加速した2020年。在宅勤務を筆頭とする働き方改革が進んだ結果、サイバーセキュリティーの脅威への対応が急務となりました。さらに、「パリ協定」を踏まえて、日本が「2050年温室効果ガス実質ゼロ」そして「2030年温室効果ガス46%削減、さらに50%の高みを目指す」ことを宣言したことから、脱炭素社会への取り組みも並行して進める必要があります。

このような状況下、多くのお客様が直面している課題とビジネス環境への変化に完全に対応する唯一のプラットフォームとして、IBM Power10プロセッサーを搭載したエンタープライズサーバー「IBM Power E1080」が産声をあげたのです。

IBM Power Salon開設の背景と目的

多様な変化への追随と多岐な課題への対応を担ってきたIBM Powerが果たす役割は、当然ながら基幹システムを支える基盤に留まることはありません。

DXに着手する上で有効な手段であるコンテナ技術、適材適所を考慮した外部クラウドサービスとの連携など、IBM Powerが担える範囲は広がり続けています。 また、クラウドを経由してLPARを利用するPower Systems Virtual Serverによって、お客様が意図を持ってオンプレミスとクラウドサービスを選択できるようになりました。
そして、あらゆるエリアでデジタル化を視野に入れる状況下、お客様が検討および利用されるユースケースは多岐に渡ります。

「IBM Power Salon」は、さまざまな課題に取り組まれていらっしゃるお客様と、課題解決へのお手伝いができるビジネス・パートナー様、ソリューション・ベンダー様が、一同に会して情報交換を行うための場です。
「IBM Power Salon」は、月次で開催を予定しております。お気軽に参加いただければ幸いです。

開催日時

毎月第2水曜日 9:00-10:00

内容

  • お客様によるDX事例、クラウド事例の経験、知見の共有
  • IBM i/AIX/Linuxの技術情報、サポート情報
  • IBMスペシャリストによるQ&A 他各内容については変更する可能性があります。

参加方法

開催日の開始時間までに、下記ボタンよりWebExへお入りください。事前登録は不要です。

IBM Power Salonへの入り口はこちら(WebEx)

   * ご参加のURLは毎回同じです。ブックマークしてご使用ください。

開催スケジュール

今後の開催日時、テーマは下表の通りです。上記ボタンよりからご自由にお入りください。

開催日時 (毎月第2水曜日) 主なテーマ(予定) リプレイ・資料
第1回 2021年11月10日 (水) 9:00-10:00 IBM i 動画リプレイ/資料
第2回 2021年12月 8日(水) 9:00-10:00 IBM i 資料 (動画リプレイは準備中です)
第3回 2022年 1月12日(水) 9:00-10:00 AIX
第4回 2022年 2月 9日(水) 9:00-10:00 IBM i
第5回 2022年 3月 9日(水) 9:00-10:00 IBM i
第6回 2022年 4月13日(水) 9:00-10:00 AIX / Linux
第7回 2022年 5月11日(水) 9:00-10:00 IBM i
第8回 2022年 6月 8日(水) 9:00-10:00 Power10

(*) ご参加用のURLは毎回同じです。ブックマークしてご使用ください。

お問い合わせ先: NO1POWER@jp.ibm.com  (IBM Power Salon事務局)

本記事では、ビジネス環境の変化に追随する、IBM Powerの真骨頂とIBM Power Salonについてご紹介しました。皆様とSalonで繋がれますことを楽しみにしております。


高木 泰成

高木 泰成
日本アイ・ビー・エム株式会社 IBM Power事業部 副事業部長  IBM i統括部長

2003年 日本IBM入社。約12年間、お客様担当営業として主に流通業、 製造業のお客様をご支援。2017年より2年間、営業部長として公共、流通のお客様を担当した後、Cognitive Systems事業部長としてAC922に始まるPOWER9事業を推進。2021年 IBM Power事業部 副事業部長 IBM i統括部長に就任。全国のビジネスパートナー様と共に更なるエコシステムの拡大を担う日本代表として、同じミッションを持つ世界の同僚達とともに密に連携しながら日々奮闘中。

More IBM Power stories

Power10による量子時代のセキュリティー「耐量子暗号」とは

IBM Power10プロセッサーを搭載したエンタープライズサーバー「IBM Power E1080」が2021年9月9日に発表されました。Power10プロセッサーの特徴やPower9 プロセッサーとの違いは、IBM […]

さらに読む