IBM Sustainability Software

Yara International ASA | 食糧問題の解決を目指して

記事をシェアする:

Yara International ASA
食糧問題の解決を目指して

 

世界中でバーチャル化が加速する革新の時代において、エコシステム、デジタル・ワークフロー、企業のネットワーク化がもたらす影響力は、かつてないほど大きくなっている。そこで生まれつつあるのが「バーチャル・エンタープライズ」だ。

本レポートでは、このバーチャル・エンタープライズを支える、エコシステムの参加者の連携を強化する共通の機能やデータなどを、価値の「ゴールデン・スレッド」(異なるもの同士を結び合わせ、より価値あるものに変える「金の糸」)と呼び、注視することとする。

 

それでは、価値のゴールデン・スレッドを生み出している企業事例として、IBMと提携し世界をリードするデジタル農業プラットフォームを構築した、世界最大手の肥料メーカー「ヤラ・インターナショナル社」の事例を見ていこう。

 

成果

1,000万ヘクタール以上 | 同プラットフォームがカバーする耕作可能地

300万人以上 | Yara社がこの 2 年間で獲得した農業生産者の数

最大20% | オンデマンド・ソリューションによって節約されるかんがい用水資源

動画『デジタル農業プラットフォームの構築 | IBM + Yara』を観る

 

ノルウェーを拠点とするYara社は、飢餓のない持続可能な世界の実現に向けて、デジタル農業プラットフォームAtfarm/FarmXを開発し、全世界の持続可能な農業を支援している。

Yara社は世界最大のミネラル肥料メーカーであり、またデジタル農業ソリューションのグローバル・リーダーでもある。同社が開発したこのプラットフォームは、世界の自営農家をつなぎ、生産力向上に必要な支援を提供する。

 

総合的なデジタル・サービスと、農業に関する迅速なアドバイスを提供することで、同社は最終的に森林破壊を阻止し、既存農地における生産量の増加に貢献している。

例えばこのプラットフォームは、局地的な分単位の気象データに基づき、タイムリーで正確な作物収穫量を予測し、窒素や水の管理方法を提案している。

 

また特定のクラウドに依存しないこのプラットフォームは、最先端のデータ・サービスを従量課金制で提供している。こうしたサービスによって、農家はIoTセンサーやAIといった最先端のテクノロジーが生み出す、局地的な天気予測や作物の被害予測、リアルタイムの施肥提案などを活用できるようになった。

 

同サービスを利用する農業生産者は、すでに 300 万人を上回っている。このプラットフォームによって、Yara社はビジネスモデルを拡大しつつ持続可能な農業を支援し、他社との差別化に成功しているが、さらに農業ビジネスの透明性と信頼性を高めるブロックチェーンなどの先進テクノロジーの開発も推進している。

 

新たな市場を創出するプラットフォームとエコシステム

– Yara社は農業ビジネスの総合プラットフォームであるAtfarm/FarmXを開発し、自営農家同士の連携と生産力向上を支援している。

– 同社は銀行や物流サービス・プロバイダーの参加を促すため、プラットフォームを取り巻くエコシステムを拡大している。

 

科学とデータが主導するイノベーション

– Yara社はマイクロ・ファーミングの成功裏な実現に向け、ARを利用したドローンなどのエクスポネンシャル・テクノロジーの試験導入も行っている。

– 大量のデータ管理機能を自動化するDataOpsのアプローチを採用した結果、データサイエンティストはモデリングとイノベーションに注力することが可能となった。

 

拡張インテリジェント・ワークフロー

– AIを活用したワークフローを、サプライヤーや農家、加工業者、さらにはその取引先にまで拡張している。

– 局地的な天気予測、作物の被害予測、リアルタイムの土壌活性化のために、ワークフローにIoTセンサー、AI、気象データなどを取り込んで活用している。

 

サステナビリティーと影響

– 「食卓から農場まで」型のバリュー・チェーンであるYara社とIBM Food Trustは、カーボン・ニュートラルと作物トレーサビリティーを推進している。

– Yara社はより良い農業社会を実現することで、飢餓のない持続可能な世界の実現に貢献している。

 

人間とテクノロジーの包摂的なパートナーシップ

– Yara社は農家やフード・バリュー・チェーン大手企業と連携して、作物の栄養分析、科学に基づく作物の開発、デジタル・ツールの開発を推進している。

– 作物に関する知見の向上は、測定データの正確化や顧客コミュニケーションの改善に加え、廃棄物の削減と透明性の向上につながっている。

 

オープンでセキュアなハイブリッドクラウドとネットワーク

– 業界初で他社の追随を許さない Yara 社のプラットフォームは、クラウド環境で運用され、瞬時の情報共有とコラボレーションを実現している。

– 特定のクラウドに依存しない戦略によって、一貫したデータ・ガバナンスとデータ・セキュリティーを実現できている。

 

製品・サービス・技術 情報

 

 

問い合わせ情報


当記事は『バーチャル・エンタープライズ』を一部抜粋し、再編集したものです。全編はダウンロードしてご覧いただけます。

 

関連記事

気候リスクと収益性のバランスの取り方 | 事業継続性と持続可能性を同時に高める事例5社

消費をより人間的に | 複雑なコーヒーをブロックチェーンが明快に

気象データ活用ビジネス最前線<第二回 | 三井化学様> セミナーレポート

More IBM Sustainability Software stories

[事例 サリー・ビューティ・ホールディングス] オムニチャネル配送がかつてないほど便利に

IBM Sustainability Software

IBM SterlingソフトウェアでDIY製品の売上を540%アップ   「私たちがプロ仕様のセルフケアブランドに力を入れ初めた矢先に、パンデミックが始まり広がっていきました。ですから、私たちはパンデミックに ...続きを読む


アイデアミキサー・インタビュー | 村上春二(株式会社UMITO Partners代表)後編

IBM Sustainability Software

組織が生みだすインパクトの大きさは未来を変える可能性の大きさ 前編ではアメリカでの越境からサーモンにぞっこんになった理由、環境保護以外の柱と漁師さんたちとの関わり方などについてお話しいただきました。 後半では会社組織や科 ...続きを読む


サプライチェーンの未来を切り拓く | プレイブック – 5つの必須戦略 from IBVレポート

IBM Sustainability Software

パンデミックなど激動する社会情勢の中で、社会・経済に与えるインパクトの大きさからサプライチェーンに大きな注目が集まっています。 こうした激変する環境の中、IBM のビジネス・シンクタンクである「IBM Institute ...続きを読む