IBM Environmental Intelligence Suite

動画デモで確認! 炭素排出量を自動計算するカーボン・アカウンティングAPI

Cognitive Applications Blog

  クリック/タップで別ウィンドウにてデモ動画が表示されます   「CO2排出量をどう減らすか」を考える際、まず企業がすべきことは「どこでどれくらい排出されているか」を確実に把握すること。そして次に、 ...続きを読む


[セミナーレポート] カーボンニュートラルで勝ち抜く! 「持続可能な製造業」を実現するサプライチェーン

Cognitive Applications Blog

  2月16日、日本IBMとCisco社の共同開催にてセミナー『カーボンニュートラルで勝ち抜く! 「持続可能な製造業」を実現するサプライチェーン』が行われました。 当記事では、セミナー当日の登壇順に3つのセッシ ...続きを読む


持続可能性の成果を加速するために | 環境パフォーマンス管理最大手Envizi社買収が実現するもの

Cognitive Applications Blog

  2022年1月、IBMは環境パフォーマンス管理におけるデータ分析ソフトウェア大手のEnvizi社を買収したことを発表しました。 この買収は、企業が直面している社会的責任と環境の持続可能性のリスクに対し、より ...続きを読む


持続可能な製造業の姿とは? | 2月16日(水)セミナー開催 

Cognitive Applications Blog

グリーン成長戦略の実現に向け、二酸化炭素削減を明日にも実現したい製造業のお客様へ。 気候災害の深刻化・甚大化、そして今後も警戒を続けなければならない新型ウイルスの蔓延を前に、投資家や地域住民の企業に対する「持続可能性向上 ...続きを読む


IBM Environmental Intelligence Suiteの「カーボンアカウンティングAPI」

Cognitive Applications Blog

  求められるGHG排出量の削減取り組み見える化 世界経済フォーラムの「Global Risks Report 2021」は、異常気象、気候変動対策の失敗、人間による環境破壊を、今後10年間で企業にとって最も可 ...続きを読む


脱「炭素」は脱「取引停止」脱「不買運動」 | 環境インテリジェンスで地球と自社の未来を明るく

Cognitive Applications Blog

  2021年8月に国連機関IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が発表した第6次評価報告書を受け、消費者や投資家をはじめとする多くの人々が、企業の脱炭素に向けた取り組みにこれまで以上に注目しています。 業界 ...続きを読む


IBM Environmental Intelligence Suiteの導入が企業にもたらすもの

Cognitive Applications Blog

  環境インテリジェンス | 炭素会計 | 植生管理 | 停電予測 | リジェネラティブ農業 | 再生エネルギー予測 IBM Environmental Intelligence Suiteの導入が企業にもたら ...続きを読む


その企業は「具体的な行動」を取っているか? | 持続可能性と気候危機に取り組むためのソリューション

Cognitive Applications Blog

  その企業は取り組みをはじめているのか。 あるいは「発表しただけ」なのか  脱炭素に向けて社会が大きく動く中で、企業の持続可能性と気候危機への具体的な行動に注目が高まっています。 地球を持続可能にするための取 ...続きを読む


エネルギーと公益事業 | デジタルトランスフォーメーションがもたらすもの

Cognitive Applications Blog

  エネルギー会社と公益事業が私たちの暮らしの根幹となっていることに、疑問の余地はありません。しかし、自然環境破壊と気候危機、そしてCovid-19に襲われているこの時代においては、電力・ガス・エネルギー業界に ...続きを読む


パワー・トゥー・ザ・ピープル [メルカドスEMI社事例] | デジタル技術で深刻化する環境問題に対処する

Cognitive Applications Blog

  世界銀行の報告書によると、ほんの数年前まで、インドの農村部に暮らす何百万人もの人びとには、電気が安定的に供給されていませんでした。 インフラ老朽化、電力流通の非効率性、増加し続ける人口、需要と供給の絶え間な ...続きを読む


デジタル技術で深刻化する環境問題に対処する | サステナブル企業の幕開け

Cognitive Applications Blog

  当記事はホワイトペーパー『サステナブル企業の幕開け』を一部抜粋し、再編集したものです。全編はダウンロードしてご覧いただけます。 “これからの「環境問題」は、もはや企業が片手間に取り組めば済むような、周辺的な ...続きを読む


[事例] E.&J.ガロワイナリー | 最重要資源「水」の問題解決を目指して

Cognitive Applications Blog

E.&J.ガロワイナリーは、AIと詳細気象データを用いて、ブドウの品質を向上させるインテリジェントな灌漑システムを開発し、25%の水使用量の削減とワインの品質向上を実現しました。   背景とビジネジチャ ...続きを読む