アグリテック

[事例] E.&J.ガロワイナリー | 最重要資源「水」の問題解決を目指して

Cognitive Applications Blog

E.&J.ガロワイナリーは、AIと詳細気象データを用いて、ブドウの品質を向上させるインテリジェントな灌漑システムを開発し。25%の水使用量の削減とワインの品質向上を実現しました。   背景とビジネジチャ ...続きを読む


Yara International ASA | 食糧問題の解決を目指して

Cognitive Applications Blog

Yara International ASA 食糧問題の解決を目指して   世界中でバーチャル化が加速する革新の時代において、エコシステム、デジタル・ワークフロー、企業のネットワーク化がもたらす影響力は、かつて ...続きを読む


IoTを活用した日本の農業改革 | 社会課題 ✕ ITセミナーレポート

Cognitive Applications Blog

  「IBM Community Japan」という、未来へ向けたテクノロジーの開発・実装を学び共創する「実践者向けコミュニティー」があるのをご存知だろうか。 先月24日、そのコミュニティー主催のセミナー「社会 ...続きを読む


進む地方行政DX | サービス・ソリューションプロバイダー マクニカの参入で拡がる範囲と未来

Cognitive Applications Blog

最初は「エッジコンピューティングの観点から共創できないだろうか?」とお話をいただいたんです。でも聞いているうちに「マクニカならもっともっとできますよ」って。  そうなんです。Anastasiaこそ、まさに私たちのR ...続きを読む


消費をより人間的に | 複雑なコーヒーをブロックチェーンが明快に

Cognitive Applications Blog

    ご存知ですか。ブロックチェーンとコーヒーの相性はサイコーなんですよ。 あなたがコーヒー愛好家なら、コーヒーが日常にこの上ない喜びを与えてくれていることに異論はないでしょう。でも、その一杯があな ...続きを読む


気候リスクと収益性のバランスの取り方 | 事業継続性と持続可能性を同時に高める事例5社

Cognitive Applications Blog

  気象は日々、あらゆるビジネスに影響を与えます。 適切なタイミングで適切な行動をとるには、気象データだけではなく、AIや高度な分析が必要です。   ■ 「異常気象」が5年連続可能性の高いリスク第1位 ...続きを読む


ブロックチェーンが伝える、美味しく安全で適正な食の流通

Cognitive Applications Blog

  110年以上の歴史を持ち、日本最古の英字新聞としても知られているThe Japan Times。 そのJapan Timesの3月7日発行分に、『Your dinner has an origin stor ...続きを読む


IBMの最新技術/ソリューションを3Dバーチャル体験

Cognitive Applications Blog

  IBM本社事業所7Fに開設しているお客様センター(IBM Client Experience Center=略称CEC)の展示が、新型コロナの状況下でも、3Dバーチャル環境でオンラインにてご覧いただけるよう ...続きを読む


Think2019現地レポート #1 “5 in 5” by Watson IoT

Cognitive Applications Blog, イベントレポート

  Think2019現地レポート #1 by Watson IoT 今後5年間で実現しそうなビジネスと社会を変えるイノベーションを、IBMの研究員たちが発表するのが「5 in 5(ファイブ・イン・ファイブ)」 ...続きを読む