IBM クラウド・ビジョン

「IT」をさらなる成長のエンジンとするための、クラウド新時代のITトピックを経営層・IT部門のそれぞれの職務目線でお届けしています。

多くの企業に最適なテレワーク・ソリューションは? IBM Cloudに専有のVDIサービス「VMware Horizon Enterprise on IBM Cloud」が登場

「どうせVMware Horizonを使うのなら、どこのベンダーのクラウドも同じ」とはいかないのがテレワーク・ソリューション選定の落とし穴です。具体的にどのようなポイントに注意すべきか? また、IBMが提供する最新の「V […]

さらに読む

企業システム開発にもクラウドネイティブの波。チーム開発を効率化する先進ツールで実践を加速する

クラウドと関連技術を活用したスピーディーな開発により、迅速なアプリケーション提供を実現するクラウドネイティブ開発。あらゆる領域でデジタル変革が進み、ビジネスのスピードが一段と求められる中、それに追随するシステム開発の技術 […]

さらに読む

これからの時代を勝ち抜いていくためのIT人材/スキルとは?

クラウドも活用したデジタル変革を本格的に推進していくために、どのような人材を育て、どういったスキルを高め、どのような組織を作ればよいのか──このテーマに頭を悩ませているCIOは多いでしょう。デジタルエコノミーの先導役とな […]

さらに読む

ネクストノーマル時代も成長を続ける企業のクラウドジャーニー戦略

新型コロナウイルスの流行はデジタルエコノミーを加速し、デジタル変革の必要性を一気に⾼めました。企業がこれからの時代も成⻑し続けていくためには、デジタルなサービスやソフトウェアの⼤量⽣産者へと変わる必要があります。開発や運 […]

さらに読む

アプリケーション管理、リアルタイムAI、インダストリー4.0──最新エッジソリューションはどこが凄いのか?

エッジコンピューティングへの取り組みに際しては、多種多様かつ大量のデバイス上に分散したアプリケーションをどう運用するかが大きな課題となります。また、エッジデータの高度かつリアルタイムな活用や生産/保全作業の高度化にAIを […]

さらに読む

幕開ける“エッジコンピューティング時代” 先駆者の成功の秘訣は?

2020年に入り、日本国内でも一部地域で「多数同時接続」「高速大容量」「高信頼/低遅延通信」を特徴とする「第5世代移動通信システム(5G)」サービスの提供が開始されました。これにより、ビジネスでの活用が一気に加速すると期 […]

さらに読む

「オープンなクラウド開発・運用プラットフォーム」でリモート開発の実現をご支援!!

パンデミックの影響により多くのシステム開発プロジェクトが中断を余儀なくされる中で、多くの注目を集めているリモート開発。IBM社内でも製品開発などで実践しており、さまざまなメリットがあることを実感しています。2020年6月 […]

さらに読む

なぜロックダウン下でも米金融機関の開発プロジェクトは止まらないのか?

新型コロナウイルスの感染拡大は、日本国内で多くのシステム開発プロジェクトをストップさせました。一方、米国の状況を見ると、ロックダウンをものともせずに粛々と進むプロジェクトがあります。その秘密は何でしょうか?──「リモート […]

さらに読む

“オープンかつセキュア”なエンタープライズ・グレードのクラウドを支える中核技術とは?

これまで5回にわたり、IBMが提唱するクラウド・ジャーニーのコンセプトや主なソリューションを「クラウド戦略立案」「クラウド移行」「クラウド構築」「クラウド管理」のフェーズごとに見てきました。今回はこれらに通底するIBMク […]

さらに読む

IBMのオープンなハイブリッド・マルチクラウド技術が企業にもたらす価値

実際にIBMのクラウド・ソリューションを利用した世界中のお客様が、「確かにIBMのクラウドは企業向けだ、安心して使える」と評価されています。その理由はどこにあるのでしょうか? 今回はオンプレミスからのスムーズな移行や既存 […]

さらに読む

クラウド活用のメリットを最大限に引き出すなら運用管理にも変革を!

クラウドのメリットを最大限に生かすなら、運用管理の手法も“クラウド流”に一新したいところです。オンプレミスと同じアプローチをそのままクラウドに持ち込むのは、非効率的であるばかりでなく、運用管理にさらなる負担や混乱をもたら […]

さらに読む

運用効率化のために移行時から準備を! 多彩なソリューションでハイブリッド・マルチクラウド環境の運用を支援

運用管理こそ、クラウドのメリットが最も発揮されるフェーズかもしれません。ただし、その利点を最大限に引き出すためには、クラウドへの移行時に最適なソリューションを選び、必要な設計や仕組みを入れ込んでおくことが肝心です。IBM […]

さらに読む