IT部門向け

クラウド新時代のトピックをお届けするIBM Cloud Vision。特集記事の中で、IT部門の方向けの記事を集約しています。
本特集に興味をお持ちの方は、ぜひニュースレターへご登録ください。

リモートITデリバリーPlaybook(1):会えないからこそ、相手をより理解しようとする

「リモートITデリバリーPlaybook(以下、 Playbook)」は、日本の環境に合わせてバーチャル・コラボレーションを実現するためのヒント集です。リモート開発・運用を実現する「IBM Dynamic Deliver […]

さらに読む

複雑化するクラウドネイティブ環境の“可観測性(Observability)”をInstanaで確保する

今日、デジタル変革(DX)に取り組むさまざまな業界のお客様が、迅速なサービス提供や先進的なアプリケーション開発のためにコンテナやマイクロサービスなどクラウドネイティブ技術の活用を進めています。これらの技術を利用したシステ […]

さらに読む

OpenShiftで始める企業のコンテナ活用。基礎から導入/使いこなしのポイント、組織体制まで

「デジタル変革を加速するためにアプリケーションの開発/リリースのサイクルをスピーディーに回せるようにしたい」「アプリケーションを物理インフラから切り離し、クラウドなどを柔軟に活用できるようにしたい」といった目的からコンテ […]

さらに読む

AIOpsで複雑化するシステム運用管理の課題を解決! ハイブリッド・マルチクラウド時代は運用管理もAIが支援

ハイブリッド・マルチクラウド化の進展によって複雑化が進む企業システム環境。その運用管理の効率化や障害対応の迅速化、さらには障害の未然防止を実現するアプローチとして注目を集めているのが「AIOps」です。システム運用管理に […]

さらに読む

エッジコンピューティングの最大の課題は「多種多様かつ膨大なエッジデバイス上で稼働するアプリケーション管理」。効率的な管理基盤をどう実現する?

エッジコンピューティングが従来の企業コンピューティングと大きく異なる点の1つは、さまざまな場所で稼働する多種多様かつ膨大なエッジデバイスやエッジゲートウェイサーバーなどに対するアプリケーションやデータ分析用AIモデルの配 […]

さらに読む

多くの企業に最適なテレワーク・ソリューションは? IBM Cloudに専有のVDIサービス「VMware Horizon Enterprise on IBM Cloud」が登場

「どうせVMware Horizonを使うのなら、どこのベンダーのクラウドも同じ」とはいかないのがテレワーク・ソリューション選定の落とし穴です。具体的にどのようなポイントに注意すべきか? また、IBMが提供する最新の「V […]

さらに読む

企業システム開発にもクラウドネイティブの波。チーム開発を効率化する先進ツールで実践を加速する

クラウドと関連技術を活用したスピーディーな開発により、迅速なアプリケーション提供を実現するクラウドネイティブ開発。あらゆる領域でデジタル変革が進み、ビジネスのスピードが一段と求められる中、それに追随するシステム開発の技術 […]

さらに読む

アプリケーション管理、リアルタイムAI、インダストリー4.0──最新エッジソリューションはどこが凄いのか?

エッジコンピューティングへの取り組みに際しては、多種多様かつ大量のデバイス上に分散したアプリケーションをどう運用するかが大きな課題となります。また、エッジデータの高度かつリアルタイムな活用や生産/保全作業の高度化にAIを […]

さらに読む

「オープンなクラウド開発・運用プラットフォーム」でリモート開発の実現をご支援!!

パンデミックの影響により多くのシステム開発プロジェクトが中断を余儀なくされる中で、多くの注目を集めているリモート開発。IBM社内でも製品開発などで実践しており、さまざまなメリットがあることを実感しています。2020年6月 […]

さらに読む

“オープンかつセキュア”なエンタープライズ・グレードのクラウドを支える中核技術とは?

これまで5回にわたり、IBMが提唱するクラウド・ジャーニーのコンセプトや主なソリューションを「クラウド戦略立案」「クラウド移行」「クラウド構築」「クラウド管理」のフェーズごとに見てきました。今回はこれらに通底するIBMク […]

さらに読む

運用効率化のために移行時から準備を! 多彩なソリューションでハイブリッド・マルチクラウド環境の運用を支援

運用管理こそ、クラウドのメリットが最も発揮されるフェーズかもしれません。ただし、その利点を最大限に引き出すためには、クラウドへの移行時に最適なソリューションを選び、必要な設計や仕組みを入れ込んでおくことが肝心です。IBM […]

さらに読む

先進技術を活用したクラウド・アプリケーション開発のアプローチ「モダナイゼーション」と「クラウドネイティブ開発」の勘所

これまで利用してきたアプリケーションを最新のクラウド技術で再構築(モダナイゼーション)する際には、企業全体のビジネス戦略やIT戦略を確認したうえで、それらの戦略と整合性が取れた方針を立てることが大切です。また、クラウドネ […]

さらに読む