リスク管理とは
組織に対する脅威を特定、評価、制御します
職場で夜遅くにコンピューター・ネットワークで作業している若い会社員のグループの写真
リスク管理が重要な理由

リスク管理とは、組織の資本や収益に対する財政上、法律上、戦略上、セキュリティー上のリスクを特定、評価、制御するプロセスです。 これらの脅威、つまりリスクは、幅広い種類の原因から生じる可能性があります。例えば、財政上の不確実性、法的責任、戦略管理の誤り、事故、自然災害などです。

予期せぬ事象が組織の不意を突いた場合、その影響は、間接費への小さな影響など、軽微である可能性があります。 しかし、最悪のシナリオでは、重大な財政的負担やさらには廃業など、悲惨で深刻な結果になる可能性もあります。

リスクを軽減するために、組織はポジティブな事象を最大化しながら、ネガティブな事象の影響を最小化、監視、制御することにリソースを適用する必要があります。 リスク管理に対して一貫性のある、系統的で統合されたアプローチをとることが、重大なリスクを特定、管理、軽減するための最善の方法を決定するのに役立ちます。


リスク管理プロセス

最も広いレベルでは、リスク管理は、組織が価値とリスクに合わせて目標を確立できるようにする、人々、プロセス、テクノロジーのシステムです。

リスク評価プログラムが成功するためには、法律上、契約上、社内的、社会的、倫理的な目標を満たすことに加えて、新しい技術関連の規制を監視することが必要です。 リスクに注意を集中して、リスクの制御と緩和に必要なリソースを投入することにより、企業は自らを不確実性から保護し、コストを削減し、事業継続と成功の可能性を高めます。
リスク管理プロセスの3つの重要なステップは、リスクの特定、リスクの分析と評価、リスクの緩和と監視です。

リスクの特定

リスクの特定は、組織、その運用部門と従業員への脅威を特定して評価するプロセスです。 例えば、リスクの特定には、マルウェアやランサムウェア、事故、自然災害、その他ビジネス運用を混乱させかねない潜在的な有害事象などのITセキュリティーへの脅威を評価することが含まれます。

リスクの分析と評価

リスク分析には、リスク事象が発生する確率とそれぞれの事象により起こり得る結果を確定することが含まれます。 リスク評価では、それぞれのリスクの重大さを比較し、重要性と結果に応じてそれらをランク付けします。

リスクの緩和と監視

リスク緩和とは、プロジェクトの目標への脅威を軽減するための方法とオプションを計画・開発するプロセスのことです。 プロジェクト・チームは、特定のプロジェクト(新製品の作成など)の実行に伴うリスクと結果を特定、監視、評価する、リスク緩和戦略を実施することがあります。 リスク緩和には、プロジェクトに関する問題やそれらの問題による影響を処理するためのアクションを導入することも含まれます。

リスク管理は、時間と共に適応し変化するノンストップのプロセスです。 プロセスを繰り返して継続的に監視することで、既知のリスクと未知のリスクに対して確実に最大限の対応ができます。


リスク対応の戦略と処理

リスク対応として一般に受け入れられている戦略が5つあります。 そのプロセスは、リスク回避を最初に考慮することから始まり、次にリスク対応のさらなる3つの方法(移転、分散、軽減)に進みます。 これら3つの方法を総合的戦略の一部として互いに連携させて使用するのが理想的です。 残留リスクがいくつか残ることがあります。

リスクに対する最も一般的な対応は何か

リスク回避

回避は、組織にマイナスの影響を与える可能性がある活動に参加しないことで、リスクを緩和する方法です。 投資を行わないこと、または製品ラインを開始しないことは、損失のリスクを回避する活動の例です。

リスク軽減

この方法のリスク管理は、リスクを完全に除去するのではなく、損失を最小にしようとするものです。 リスクを受け入れながら、損失の抑制と、拡散の防止に焦点を当て続けます。 医療保険におけるこの例が、予防治療です。

リスク共有

リスクが共有されると、損失の可能性は、個人からグループに移管されます。 会社はリスク共有の良い例です。多数の投資家が資本を共同出資し、各々は会社が失敗するリスクの一部だけを負うことになります。

リスク移転

契約によりリスクを第三者に移転する(資産の損害や傷害の可能性をカバーする保険など)ことで、資産に関連するリスクを所有者から保険会社に移管します。

リスクの受容と保有

リスク共有、リスク移転、リスク軽減の対策がすべて実行された後も、いくつかのリスクが残ります。すべてのリスクをなくすことは、事実上不可能だからです(リスク回避による場合を除く)。 これは残留リスクと呼ばれます。


制限とリスク管理の規格

リスク管理の基準は、組織の目標に始まり、リスクを特定してベスト・プラクティスによってリスクの緩和を促進することを意図する、戦略的プロセスの特定のセットを設定します。 規格は、多くの場合、共通の目標を推進するために協力している機関によって、高品質のリスク管理プロセスを確保するのに役立つよう設計されています。 例えば、ISO 31 000リスク管理規格は、効果的なリスク管理のための原則と指針を提供する国際規格です。

リスク管理規格を採用することにはメリットがありますが、課題がないわけではありません。 新しい規格は、既に行われてことに簡単に適合しないかもしれないので、新しい働き方を導入しなければならない可能性があります。 そして、規格は業種やビジネスに合わせてカスタマイズする必要があるかもしれません。 


関連ソリューション

リスク管理コンサルティング・サービス

変化する市場の状況、進化する規制、複雑な業務から生じるリスクを管理しながら、効果と効率を向上させます。


財務リスクとコンプライアンス・サービス

IBM RegTechにより、洞察を得るまでの時間を短縮し、インフラストラクチャー・コストを削減し、リスクを認識した意思決定の効率を向上させます。


AI主導のリスク管理ソリューション

AIにより推進されるGRCプラットフォームとお客様のデータすべてを統合することで、リスクと法規制への適合の管理方法を簡素化します。


セキュリティーのガバナンス、リスクとコンプライアンス

IBMのセキュリティー・コンサルタントと連携することで、リスク、コンプライアンス、ガバナンスをより適切に管理できます。


セキュリティー・リスク評価

ITセキュリティーの脆弱性を特定して、ビジネスのリスクを軽減します。


脅威管理サービス

さらにスマートなセキュリティー・フレームワークを構築して、脅威ライフサイクル全体を管理します。



参考情報