新型コロナウイルスによってもたらされる新たなサイバー脅威への対応策

ソリューション

お客様に適したセキュリティー・ソリューションをご提案します。

セキュリティー戦略とビジネスの足並みを揃える

お客様のセキュリティー成熟度と業界に合わせてカスタマイズしたセキュリティー戦略を組み立てるには、リモートとオンサイトでお客様を支援できる、専門知識とリソースを備えたパートナーが必要です。IBM Securityの戦略およびリスク・サービスのチームは、まさにその信頼に応えるリソースです。

デジタル資産、ユーザー、データを保護

ビジネスにおける信頼の土台を築くには、適切なユーザーが適切なデータへの適切なアクセス権を持つようにする必要があります。IBM Security のデジタル・トラスト・ソリューションならば、それが可能です。

 

増大する脅威への防御を管理

差し迫った状況下では、統合された防御によって脅威を特定し、脅威への対応全体を調整して自動化する必要があります。IBM Securityの脅威マネジメント・ソリューションは、サイバー環境の不確実性に向き合うお客様を支援します。

オープンなマルチクラウド・プラットフォームにより、お客様のセキュリティー環境をモダナイズ

複雑な環境で、お客様のハイブリッド・マルチクラウド・インフラストラクチャーを保護するには、プロセスからテクノロジーに至るまで、ワークロードの安全性を確保する必要があります。IBM Securityは、ハイブリッド・マルチクラウド環境の企業の保護を確実に支援します。

IBM Securityの最新ニュース・トレンド

【クラウドの脅威: セキュリティー・レポート2020】

IBM X-Forceが、クラウド・サービスを利用する組織が実際に直面した脅威の詳細を分析しました。最新のトレンド、脅威から組織を守るためのベスト・プラクティスをご紹介します。

【インサイダー脅威のコスト調査 2020】

インサイダー脅威の頻度とコストが2年間で劇的に増加していることが最新の調査でわかりました。最新のトレンドと対策をご紹介します。

 

【サイバー・レジリエンス・レポート2020】

サイバー・レジリエンスが高いのはどのような組織なのか、またハイ・パフォーマーの秘訣についてご紹介します。

【Webセミナー】在宅勤務とセキュリティー・リスク:IBMのテレワーク事例と実現方法のご紹介

IBM Securityの最新情報

SIEMに関する2020年版のガートナー社マジック・クアドラントでIBMをリーダーに位置付け

ガートナー社は11回連続でIBMをリーダーに位置付け、2020年の報告書では「構想の完全性」が最高であると評価しました。

Cloud Pak for Security

さまざまセキュリティー・ツールやクラウド、オンプレミスなどのマルチクラウド環境にわたり、現在の保管場所からデータを移動することなく脅威ハンティングを実行できる業界初のオープンな統合セキュリティー・プラットフォームです。

最新のゼロトラスト戦略

ゼロトラストが注目される背景を整理し、企業においてゼロトラスト・セキュリティーの考え方を適用する場合のデザインの留意点を解説します。

セキュリティー事例

成功事例をご紹介します

カブドットコム証券株式会社

インターネット取引のお客様を狙ったサイバー攻撃による被害を防止し、口座をお持ちのお客様に安心して金融サービスをご利用いただくため、IBM Security Trusteer Rapportを導入しました。

太陽生命保険

IBMセキュリティー・サービスを活用し、実務に生かせる経営目線のサイバー攻撃対応訓練を通して、既存対応マニュアルの課題を洗い出し、緊急時に生かせる具体的な対応策を実現

沖縄科学技術大学院大学

クラウド上のSIEM(Security Information and Event Management)を活用し、研究活動に制約を生じさせないセキュリティー・コントロールの効率化を実現しています。

Think Summit Japan

2020年9月3日(木)〜4日(金)
ニューノーマル への挑戦

『Think Summit  Japan』は、デジタル・トランスフォーメーションのスピード感を持って進めるためにどのような変革が有効で、それを推進するキー・ドライバーとなるテクノロジーをいかに応用するかについて、多角的にご紹介するデジタル・イベントです。