MaaS360は、IDC, OMDIA社とKuppingerCole社の2022年のアナリスト・レポートでUEMのリーダーに選出されまし

概要

企業のエンドポイントを管理して保護

優れたユーザー・エクスペリエンスを確保すると同時に、ノートPC、デスクトップ、スマートフォン、タブレット、ウェアラブル、モノのインターネット(IoT)をITが保護する方法を変革します。 IBM Security® MaaS360® with Watsonは、デバイス、アプリケーション、コンテンツ、データを保護し、リモートワーカーや個人所有デバイスの業務使用(BYOD)の取り組みを迅速に拡張して、最新のデバイス管理を利用したゼロトラスト戦略の構築を実現します。 また、Watsonの人工知能(AI)を活用したコンテキスト分析によって、実用的な洞察を得ることができます。

中心の円につなげられたセキュリティーと管理を表す4つのアイコンの画像

IBM Security MaaS360 with Watson Overview Introduction (07:46)

メリット

主要な機能

従業員の管理

迅速な導入でリモートワーカーを管理、保護します。

情報の保護

モバイル・デバイス上でビジネス文書にアクセスし、作成、編集、同期をより安全に行う方法をサポートします。

セキュリティー・リスクの軽減

拡大する脅威をリモートで管理し、ユーザーに円滑なデータへのアクセスを提供します。

安全なアクセスの実現

VPNを使用せずに、どのモバイル・デバイスからでも、会社のリソースに安全にアクセスできます。

洞察と応答の迅速化

Watson AIを利用して、登録デバイスとユーザーに影響する可能性があるリスクについての実用的な洞察を入手できます。

IDの保護と管理

UEMを利用して、スムーズなIDとアクセス管理の統合を実現します。

ユースケース

UEMとは

統合エンドポイント管理(UEM)とは(04:20)

Watch the video (04:20)

統合エンドポイント管理(UEM)とは

デバイス管理は複雑である必要はありません。 ITチームは、別々のプラットフォームからモバイル・デバイスを管理し、保護する必要がなくなりました。 UEMの利用により、単一のコンソールでエンドポイントを管理できるため、安全なアクセス、リスクの軽減、高い顧客満足度を実現できます。

エンドポイントの保護

攻撃の検知、分析、修復

MaaS360 Interactive Product Tour (0:23)

あらゆるエンドポイント、エンドユーザー、その間にある全てを保護

MaaS360は、Apple iOS、macOS、Google Android、Microsoft Windows(Windows XP SP3からWindows 10まで)などの主要なエンドポイントのオペレーティング・システムの全バージョンに対応する、統合セキュリティーを提供します。

データの分析

統合エンドポイント管理のためのコグニティブなアプローチ

A Cognitive Approach to Unified Endpoint Management (02:45)

日常的に直面する流動的な細かい情報を把握

Watson®を使用したMaaS360のコグニティブなUEMプラットフォームは、信頼できるアドバイザーとしてのサービスと膨大な量のエンドポイント・データに関するAIの洞察を提供します。 コンテキスト分析とクラウドに基づくベンチマーク機能で、高い生産性と安全性のIT環境を実現します。

お客様事例

新しいユーザー・リスク管理を利用して、リスクのあるユーザーの行動を特定して阻止

お客様の声

参考情報

コミュニティー

ディスカッション、ブログ、お客様向けのイベントから技術的な洞察を得られます。

カスタマー・サクセス・ハブ

概要を把握するための重要なリソースと情報にアクセスできます。

サポート

製品サポートのオプションについての詳細を確認できます。

IBM Security MaaS360 with Watsonの料金体系については、担当者までお問い合わせください。