IBM X-Force 脅威インテリジェンス・インデックス 2024
レポートを読む X-Forceアナリストとの相談予約
潜在的なサイバー脅威を示す赤、青、紫の渦巻きのある拇印の図
脅威インテリジェンスで確信が持てるセキュリティー対策を

攻撃者の戦術を理解することは、従業員やデータ、インフラストラクチャーを保護するために重要です。130カ国以上で1日あたり1,500億件を超えるセキュリティー・イベントを監視する中で得られたインサイトと観察結果に基づいて作成されたレポート「IBM® X-Force 脅威インテリジェンス・インデックス 2024」をお読みください。

世界中のセキュリティー・チームが経験した課題と成功から学びましょう。セキュリティーを強化し、ビジネス上の利益をより適切に保護することで、より良い未来に向けて組織を成長させましょう。

X-Forceアナリストとの相談予約
脅威を知る 71%

盗難または漏洩した認証情報を悪用したサイバー攻撃は年々増加しています。

32%

データの盗難と漏洩に関連したサイバー・インシデントの割合は、より多くの攻撃者がデータを暗号化して脅迫するよりも、データを盗んで販売することを好むことを示しています。

 

50%

 

AIの市場シェアが閾値を超えると、サイバー犯罪者がAIテクノロジーを攻撃するための費用対効果の高いツールの開発に投資するインセンティブが働きます。

 

 

【セミナー】脅威インテリジェンスを活用した脅威検知・対応ソリューション

セキュリティー担当者の運用業務やインシデント対応業務を効率化すべく、AIと自動化を活用したSIEM・SOARソリューションについてご紹介します。

AIを活用してライトに始める!サイバー脅威の可視化・自動分析とインシデント対応の自動化 詳細はこちら
脅威を特定して軽減するために今とるべきアクション

組織とデータを脅威から保護するため、以下の推奨事項をご確認ください。

AIを活用して従業員の時間と能力を最大限に活用する

IBM Security QRadar SIEM User Behavior Analytics(UBA)などのAIを活用したテクノロジーは、侵害された認証情報、横移動、その他の悪意のある動作を検知して調査するのに役立ち、チームの時間と能力を最大限に活用できます。

さらに、IBM Security QRadar EDR(エンドポイントの検知と対応)は、エンドポイントを攻撃から保護するのに役立ちます。このソリューションは、データの漏洩や、機密システム上での新しいアカウントやフォルダーの作成など、異常な動作も検知します。

リソースや専門知識が不足している場合は、AI駆動型ソリューションを使用して、IBM 脅威検知および対応サービスでチームの取り組みを拡張し、最大85%のアラートを処理し、24時間年中無休で保護を得ることができます。また、IBM X-Force Threat Intelligence・サービスを利用して、データの盗難を試みる攻撃者による新たな脅威を理解し、軽減することもできます。

QRadar SIEMのデモを予約する

IBM X-Forceのエキスパートに相談する

セキュアなビジネスのためのAIモデルを確立する

これまでのところ、企業のAIトレーニング・データ、モデル、インターフェースに対する攻撃は限定的です。しかしそれは、犯罪者がテクノロジーへの攻撃への投資を正当化するために、必要な量のテクノロジーが採用されるまで待つ傾向があるからにすぎません。

X-Forceの分析によると、生成AI市場が3つ以下のテクノロジーで統合されるか、そのうちの1つが市場シェア50%に達するという市場シェアの閾値を超えると、スケーラブルなサイバー攻撃を引き起こすと推定されています。

サイバーセキュリティーのリーダーは、AIデータ、モデル、使用法を保護するために今すぐ行動する必要があります。生成AIを保護するためのIBMのフレームワークが役に立ちます。これは、この新たな問題に対する総合的なアプローチを提供し、信頼でき、ターゲットを絞った、オープンで強力なAIを選択するための基礎を築きます。

ダウンロード:生成AI時代におけるサイバーセキュリティー

マルチクラウド環境全体にわたるIDのモダナイズ化

サイバー犯罪者は有効なアカウントを介してネットワークにハッキングするのではなく、ログインするケースが増えており、2023年には被害者の環境への最も一般的な侵入口となりました。実際、X-Forceが対応したインシデント全体の30%を占めています。

IBM Security VerifyなどのAIを活用したテクノロジーは、企業がハイブリッドおよびマルチクラウド・ネットワークを保護するのに役立つIDおよびアクセス管理(IAM)ソリューションを提供します。さらに、IDおよびアクセス管理サービスは、ソリューションの定義と管理、ガバナンスの変革、コンプライアンスの実証に役立ちます。

IBM Security Verifyを試す

ハイブリッドクラウド全体でデータの監視と保護

攻撃者はランサムウェアから情報を盗むことを目的としたマルウェアに移行しています。このような変化は昨年、組織に対する最も一般的な攻撃であったデータの盗難と漏洩と同時に起こりました。企業がオープンなハイブリッド・マルチクラウド・アプローチでビジネスを加速し続けるにつれて、これらの環境全体で可視性を徹底させ、データを保護するソリューションを見つける必要があります。IBM Security Guardiumを使用すると、19を超えるハイブリッドクラウド環境全体で機密データを検知、暗号化、監視、保護できます。データおよびAIセキュリティー・サービスを使うことにより、組織は革新し、適応し、競争力を維持できます。すでにハッキングされている場合、IBM X-Forceインシデント対応サービスは、計画とテストを通じて侵害によるビジネスへの影響を軽減し、攻撃に対する回復力を向上させることができます。

Guardiumのライブ・デモを予約する

セキュリティー製品とサービス

IBM Securityは、セキュリティーAIおよび自動化機能を組み込んだ製品とサービスの統合された製品群で、企業のセキュリティー対策を支援します。この製品群により、組織は脅威を予測し、広範囲にわたるデータを保護し、イノベーションを促進にしながら、迅速かつ正確に対応することができます。

レポートを読む 関連セミナーのご案内はこちら
その他の参考情報 IBM Security製品の詳細はこちら IBM Securityサービスの詳細はこちら 専門家への相談予約