進化するデータ・セキュリティー・アナリスト

秋にリリースするGuardium Data Protection 11.5とGuardium Insights 3.2の機能強化についてエキスパートが解説します。

概要

データ・セキュリティーは誰もが取り組む課題

デジタル変革とクラウドへの移行が進むにつれて、データ・セキュリティーの必要性が高まっています。 複雑なデータ環境の中で、さまざまなユースケースに直面し、その全てがデータ・セキュリティーをさらに緊急の課題にしています。 Guardiumは、脅威環境の変化に合わせて適応できるデータ・セキュリティー・ソリューションであり、データ・セキュリティーのライフサイクルを通じて完全な可視性、コンプライアンス、保護を提供します。

IBM Security Guardiumは、今日の進化する環境の要求に対応できる、最新で拡張性のあるデータ・セキュリティー・プラットフォームです。 複数のクラウド環境にわたって機密データや規制対象データを保護しながら、コンプライアンス順守の義務を管理し、重要データがどこに存在するかを発見し、重要なものを暗号化して監視し、脅威に対応してリスクを低減します。

IBM Security Guardium データ・セキュリティーの再考

IBM Security Guardium データ・セキュリティーの再考(02:50)

Guardiumをお勧めする理由

Guardiumの充実した機能で価値を早期に実感

65%

のお客様は、Guardium Data Protectionを導入してから1カ月以内に価値を実感しています。

600

億のセキュリティー・イベントが、IBMが監視する130以上の国と地域で一日に発生します。

401%

のROIを達成し、3年間で500万米ドルの利益を得たお客様からの報告です。

メリット

データの発見と分類の自動化

企業は、データがどこに存在し、さらに保護する必要があるかどうかを理解することが課題になっています。 IBM Guardiumは、オンプレミスとクラウドに存在する規制対象の構造化データと非構造化データを検出、分類、カタログ化して、脆弱性を明らかにします。

監視と保護

データ・セキュリティーの基本的な課題は、誰がアクセス権を持ち、何ができるかを特定することです。 企業は、重要なデータを保護するために、オンプレミスとクラウドのデータ・ソースの動向をリアルタイムで監視する必要があります。 IBM Security Guardiumは、暗号化、キー管理、リアルタイムのアラート、ダイナミック・リダクション、疑わしいIDの隔離などによってデータを保護します。

データ・コンプライアンスのニーズを加速

コンプライアンス・ニーズが多様化し、頻繁に変更されることが課題になっています。 IBM Guardiumは、簡素化された技術環境と、PCI DSS、SOX、HIPAA、GDPR、CCPAなどの多くの規制に対応する事前構築済みのテンプレートを使用して、コンプライアンス・ワークフローを自動化し、コンプライアンス活動を迅速化します。 これにより、報告の迅速化、プロセスの合理化、TCOの削減、コンプライアンス体制の強化が可能になります。

リスクの理解と調査の優先順位付け

セキュリティー・アナリストは、優先順位の低い脅威に対してすぐに過負荷になることがあります。 Guardiumは、未知の脅威を識別するための高度な分析とリスク・スコアを提供します。 主要なセキュリティー・ツールと統合することで、セキュリティー・アナリストは、SOCとチケット・システム全体で対応の優先順位付けと編成が可能になります。

IBM Security Guardium Data Protection

データ・アクティビティーを監視し、あらゆる場所に保存されているデータのコンプライアンス監査とレポート作成を迅速化します。 データとデータ・ソースの検出と分類、ユーザー・アクティビティーの監視、脅威への対処をリアルタイムに実行します。

IBM Security Guardium Insights

可視性、監視、コンプライアンス管理、高度な分析、データ・ソースの柔軟性を一元化します。 高度な分析により、データ・リスクに関する洞察を深めます。

IBM Security Guardium Data Encryption

ファイル、データベース、およびアプリケーションなど、 あらゆる状態の機密データを環境全体で暗号化します。 データ・セキュリティーとプライバシー規制に対処し、クラウドを活用したデータの暗号化キーを管理します。

IBM Security Discover and Classify

構造化または非構造化、静止または移動中のどこに存在する機密データや規制対象データであっても、 ゼロトラストに基づいた検出と分類を行います。 データの可視性、コンテキスト、洞察を提供します。

IBM Security Guardium Vulnerability Assessment

データを精査し、脆弱性、脅威、セキュリティー・ギャップを検知します。

IBM Security Guardium Key Lifecycle Manager

一元化された安全なキー管理を提供し、コストの削減と運用効率の向上を実現します。

IBM Data Risk Manager

データに関連するビジネス・リスクを発見、分析、可視化し、ビジネスを保護するための対策を講じることができます。

業界からの評価

参考情報

複数のソースから得られる実用的な洞察

Guardium技術解説: データ・リスク管理のための統合的アプローチをご覧ください。

データ侵害で生じるコストとは

データ侵害のコストに関する調査で、実際の侵害から得た洞察をご覧ください。

複数環境にわたるデータ・セキュリティー

ハイブリッド・マルチクラウドの世界におけるデータ・セキュリティーの課題に対処します。

IBM Security Guardiumソリューションで実現できることを詳しく説明します。