データとビジネスを保護するための暗号化ソリューションです。

IBM Security Guardium Data Encryptionは、共通のインフラストラクチャーに構築された統合製品スイートで構成されています。これらの拡張性が高いソリューションは、暗号化、トークン化、データ・マスキング、鍵管理機能を提供して、ハイブリッド・マルチクラウド全体で、データベース、ファイル、コンテナへのアクセスを保護および制御し、クラウド、仮想、ビッグデータ、およびオンプレミス環境にあるアセットを保護します。ファイルやデータベースのデータをトークン化、データ・マスキング、鍵ローテーションなどの機能でセキュアに暗号化することで、GDPR、CCPA、PCI DSS、HIPAAなどの政府や業界の規制へのコンプライアンスに組織が対応するのに役立ちます。

メリット

コンプライアンスに対応した機能

データ・アクセス監査ロギング、トークン化、データ・マスキング、鍵管理などのGuardium Data Encryptionの機能は、HIPAA、CCPA、GDPRなどの規制に対応するのに役立ちます。

運用の簡素化とコストの削減

Guardium Data Encryptionのソリューションは、さまざまな暗号化環境に対するアクセス制御と鍵管理を一元化して、運用コストを削減し、複数ベンダーへのソーシングを削減します。

環境全体でデータを保護

Guardium Data Encryptionは、オンプレミスとハイブリッド・マルチクラウド環境に実装可能で、データがどこにあっても保護します。

Guardium Data Encryptionは、以下のようなさまざまなビジネス・ニーズへの対応に役立ちます。

  • 統合および一元管理された暗号化ソリューション
  • ファイル、データベース、コンテナ、アプリケーションの暗号化
  • 暗号鍵の保管、ローテーションおよびライフサイクル管理
  • ユーザー・アクセス・ポリシーの管理
  • トークン化とデータ・マスキング
  • 規制コンプライアンスへの取り組みのサポート
  • クラウド鍵オーケストレーション