Guardiumと競合製品との比較は こちらをご覧ください。

Guardiumと競合製品との比較は こちらをご覧ください。 最新のデータ・セキュリティーを比較する

一つのソリューションで組織のデータすべてを保護

IBM Security Guardium Data Protectionは、企業全体からの機密データを自動的に検出して分類します。リアルタイムのデータ活動監視機能と高度なユーザー行動分析機能を提供して、機密データに対する異常なアクティビティーを検出します。このソリューションを導入すると、データ・ストア内の規制データを検出し、PCI、SOX、HIPAA、CCPAなどの規制のために事前に作成されたテンプレートを使用することで、コンプライアンス・ワークフローを合理化して自動化できるようになります。

最も機密性の高いデータにアクセスできるユーザーを管理

Guardium Data Protectionは、スケーラブルなアーキテクチャー上に構築されています。オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウド、コンテナ内に保管されているすべての主要なデータ・リポジトリーにわたる構造化データ、半構造化データ、非構造化データの活動を完全に可視化します。

単一のインターフェースで、アクセス・ポリシーを設定し、保護されたデータへのユーザー・アクセスを監視し、データ環境全体でリアルタイムに発生する脆弱性と脅威を検出、調査、修復することができます。
Guardium Data Protectionオファリングのグラフィカルなイラスト

社内外のリスクを特定

(データベースとデータウェアハウス内の)機密データの検出と分類を自動化します。 また、コグニティブ分析機能および脅威検出分析機能を使用して、すべてのデータ活動を監視および監査します。

セキュリティー・ポリシーをリアルタイムに適用

すべてのデータ・アクセス、変更管理、ユーザーの動作に対してリアルタイムでセキュリティー・ポリシーを適用して、企業全体でデータを保護します。

すべてのデータを含む1つのリポジトリーを作成

リポジトリー内で正規化した監査データを一元管理して、企業のコンプライアンス、レポート作成、フォレンジックに利用します。 異機種混合環境全体で機密データを保護します。

Guardiumを関連ソリューションに統合してコンテキスト主導型のゼロトラスト戦略の基盤を提供

IBM Security Verify

深いコンテキストに根ざして条件付きアクセスを許可します。

IBM Security Risk Manager for Cloud Pak for Security

データ、ID、インフラストラクチャーの各ツールからのセキュリティー・リスクをコンテキスト化します。

主要な機能

  • すべてのデータ活動を監視および監査
  • コンプライアンス・ワークフローと監査活動を加速
  • データ環境の変化に素早く適応
  • セキュリティー・ポリシーをリアルタイムに適用
  • 異機種混合環境をサポート
  • 組織のITとセキュリティーのエコシステムと統合

製品イメージ