IBM Cloud Pak for Dataとは

IBM Cloud Pak™ for Dataは、企業がデータを収集、編成、分析し、組織全体にAIを組み込む方法をモダナイズする、データとAIのための統合プラットフォームです。Red Hat® OpenShift® Container Platform上に構築されたIBM Cloud Pak for Dataは、市場をリードするIBM Watson のAIテクノロジーを、データ管理や、DataOps、ガバナンス、ビジネス・アナリティクスのテクノロジーと統合します。これらの機能を組み合わせて、絶えず変化する企業のニーズに対応するAIのための情報アーキテクチャーを提供します。

最短数時間で導入できる他、IBMやサード・パーティーの数多くのマイクロサービスで簡単に拡張可能なIBM Cloud Pak for Dataは、あらゆるクラウド上で稼働し、企業がより簡単に分析とアプリケーションを統合して、イノベーションを加速できるようにします。IBM Cloud Pak for Dataは、総所有コスト(TCO)を削減し、オープン・ソース・テクノロジーにを活用したイノベーションを加速し、Amazon Web Services(AWS)、Azure、Google Cloud、IBM Cloud™、プライベート・クラウドなどのマルチクラウド環境をサポートします。

→ 新着情報を確認する

AIで使えるデータにする

企業がデジタル変革 (DX)によって業績予測の精度向上や価値の創出を強化し、顧客体験の自動化を目指すようになり、AIを採用する必要性はますます高くなっています。しかし、AIの実装を成功させるには、企業は3つの大きな課題を克服する必要があります。その3つの課題とは、データが複雑であること、スキル不足、そして信頼性が不明・不十分なことです。これらの課題を克服するには、まず良質でクリーンな、そして安全性の高いデータが必要です。すなわち、洞察を引き出せ、AI主導のビジネスの基盤をなす、すぐに使えるデータです。

*MIT Sloan(英語、ibm.com外部へのリンク)

80%のビジネス・リーダーが、AIを戦略的な優先事項と見なしています。

IBM Cloud Pak for Dataによって、AIのはしご(AI Ladder)のアプローチを費用対効果高く実現できます。

データの収集

すべてのデータをその保管場所においたまま、移行する必要なく安全にアクセスできるようにします。

データの編成

データの準備や、ポリシー、セキュリティー、コンプライアンスを自動化できる、ビジネスにすぐに活用できる信頼性の高い分析の基礎を提供します。

データの分析

企業全体に拡張可能な、エンドツーエンドのAIライフサイクルを自動化する機械学習モデルを構築、導入、管理します。

AIの業務への組み込み

ビジネス全体で信頼性と透明性を備えたAIを運用可能にし、ビジネス・プロセスと体験をよりインテリジェントで適応性の高いものへと変革します。

特長

単一の統合プラットフォーム

データ管理、データ・ガバナンス、および分析を統合する単一のプラットフォームにより価値創出実現までの時間を短縮し、効率を向上させてリソースの使用を改善します。チーム間のセルフ・サービス・コラボレーションも実現します。

業界最高レベルのデータ仮想化

データ仮想化の詳細

クラウド上でもオンプレミスでも、複数のソースにわたって簡単かつより安全にデータを照会します。これらのソースの処理能力を結合して活用することで、大規模な照会が高速化され、現在と将来のワークロードに必要なスピードとスケーラビリティーが実現します。

組み込まれたデータ・ガバナンス機能

組み込まれた高度なガバナンス機能により、変化する規制に効率的に対応します。これには、自動化されたディスカバリーやデータの分類、機密データのマスキング、データ・ゾーンとデータ・ライフサイクル管理などが含まれます。

データとAIの統合サービス

エンドツーエンドのデータ・ワークフローを管理し、AIのためデータに容易にアクセスできるようにします。データの品質を確保し、正確で自動化された洞察と意思決定を実現します。開発から本番稼働までコラボレーティブな環境で、機械学習モデルをシームレスに構築・管理します。

クラウド・ネイティブの俊敏性

俊敏で回復力があり、移植性の高いマルチクラウド・データ・プラットフォームを使用して、アプリケーションの開発とデプロイメントを加速します。Kubernetesのコンテナ化を利用して、より安全で管理された環境内で、数カ月ではなく数分のうちにサービスをプロビジョニングし、拡張することができます。

拡張可能なAPIとエコシステム

ベスト・プラクティスを有利に活用して実装を加速し、重要なビジネス価値を実現します。IBM Cloud Pak for Dataを使用することにより、金融、保険、医療、エネルギー、電力/ガスなどのさまざまな業界向けの組み込みモデルとアクセラレーターを利用できます。

業界アクセラレーター

増大するサービス・カタログを使用して、補完的なハードウェア、ソフトウェア、サービスの幅広いエコシステムを利用できます。優先データ・サービスを柔軟かつ迅速にプロビジョンし、データ・ワークフローを個々のニーズに合わせてカスタマイズします。

継続的なインテリジェンス

リアルタイム・ストリーミング・アプリケーションを開発し、ビジネス全体で継続的なインテリジェンスを提供します。IBM Cloud Pak for Data上でIBM Streamsを使用することで、移動中もしくは保存されている大量のデータを連続的かつ迅速に分析できるようになります。これにより、ビジネス上の洞察をより迅速に得ることができ、より多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。

オール・イン・ワン

必要なすべてのソフトウェアを備えたハイパーコンバージド・システムを最短4時間程度で導入できます¹。組み立ては不要です。直感的なダッシュボードで、オンデマンドのプラグ・アンド・プレイ操作により、コンピュート、ストレージ、およびソフトウェアを動的に拡張できます。

製品ウォークスルー

IBM Cloud Pak for Dataは、データの価値を引き出し、AIのための情報アーキテクチャー(IA for AI)を構築するのに役立ちます。この製品ウォークスルーでは、拡張性の高いKubernetesプラットフォームを使用して、データを収集、編成、分析し、業務にAIを組み込む方法を段階的に説明します。

IBMパートナー企業の声

MongoDB社、情報戦略担当ディレクター、David Koppe氏

IBM Cloud Pak for DataとMongoDB

IBM Cloud Pak for DataとMongoDBにより、革新的なデータに関する洞察を得て優位に立つことができます。

Figure Eight社、マーケティング担当VP、Sid Mistry氏

IBM Cloud Pak for DataとFigure Eight

IBM Cloud Pak for DataとFigure Eightにより、大容量データの安全性を大規模に推進します。

Lightbend社、製品戦略担当VP、Karl Wehden氏

IBM Cloud Pak for DataとLightbend

IBM Cloud Pak for DataとLightbendにより、開発者がAIモデルやAIアプリケーションを強化できるようにします。

新着情報

誰にでもわかるマルチクラウド・データとAIにおけるベスト・プラクティスの本の表紙

誰にでもわかるマルチクラウド・データとAIにおけるベスト・プラクティス、IBM限定版 (dummiesシリーズ)

データとAIに関する戦略の成功への鍵を知りましょう。クラウド・ネイティブ・アーキテクチャーを使用したオープン・データ・プラットフォームによって、ビジネスにAIを自信をもって取り入れる方法をご覧ください。

デスク上の小型のおもちゃのロボットと、コンピューター・グラフィックスの作業をしている人

Bloor社のInDetailレポート: IBM Cloud Pak for Data

効率性の向上といった直接的な観点から、また競争における差別化要因といった観点からも、AI と機械学習に関連する技法や技術の実装には、大きな潜在価値があります。

ラップトップ・コンピューターを使用している、デスクで作業する2人の人物のイラスト

Red Hat OpenShift Container Platform上のIBM Cloud Pak for Data

オールインワンのクラウド・ネイティブな、データとAIのプラットフォームです。オープン・ソースの力を活用します。

Next Steps

ユーザー・コミュニティーに参加して、Cloud Pak for Dataについての知識を共有し、深めましょう。

脚注

¹本ページで示したパフォーマンスは、管理された環境において標準的なIBMベンチマークを使用した測定結果に基づいています。ユーザーが経験する実際のスループットやパフォーマンスは数多くの要因に応じて変化します。したがって、個々のユーザーがここで述べられているものと同様の結果を得られると確約するものではありません。

IBMとRed Hat

Red Hatテクノロジーを基盤に構築されたIBMの次世代ハイブリッド/マルチクラウドプラットフォームはベンダーロックインや余分な費用をかけずに、モダナイゼーションとビルドのツールをご提供します。

→ IBMとRed Hatのシナジー効果の詳細はこちら

 

IBMとRed Hat