5月26日Webセミナー:サイバー脅威の最新動向と対策

IBMのセキュリティー機関X-Forceの日本責任者が解説

 <脅威インテリジェンス・レポート 2022 公開中>

概要

プラットフォームのメリット

ユースケース

脅威の検知と対応

クラウド技術やネットワークを通じてデータがどのようにつながっているかを示すイラスト

脅威の検知と対応

脅威の検知と対応を最新化するために、ツール間の柔軟な統合、ワークフローの統一による連続的な処理、作業の自動化による分析作業の効率化、オープン・アーキテクチャーの活用によるベンダー・ロックインの回避を実現します。

ID管理とアクセス管理

クラウド技術やネットワークを通じて、テクノロジー機器を使う人々がどのようにつながっているかを示すイラスト

ID管理とアクセス管理

ゼロトラスト・プラットフォーム上の認証とアクセス管理機能を活用し、横断的なユースケースを容易に構築することができます。シングルサインオンと多要素認証により、Cloud Pak for Securityプラットフォームと他のアプリケーションを安全に保護します。

データ・セキュリティー

デスクの前でモニターの画面を見る人

データ・セキュリティー

データ・セキュリティーの可視性を一元化し、分散したハイブリッド・マルチクラウド環境でのユーザーのトランザクションを把握します。データ・セキュリティー・チームとSOCチームの間のサイロを解消し、セキュリティー調査に不可欠なデータを共有します。

オンラインデモ相談会

役割別の課題とソリューションのメリット

それぞれの役割のオペレーションがどのように強化されるかご確認ください。

セキュリティー・リーダー

抱える課題

  • ツールの種類とデータの保存場所のばらつき
  • 多くのポイント製品を統合する必要がある
  • 人材やスキルが不足

 

提供されるソリューション

  • 保存場所を選ばすにデータに接続
  • オンプレミスとクラウド双方にデプロイ可能
  • 統合コンソールによる管理
  • 自動化による簡素化

セキュリティー・アナリスト

抱える課題

  • 完全な脅威の可視化に時間がかかりすぎる
  • アラートのトリアージと洞察が不十分
  • 複数のツールによる脅威ハンティングが非効率

 

提供されるソリューション

  • カスタマイズされたスコアによる脅威の優先順位付け
  • ケースの自動作成
  • データ・ソース全体でのフェデレーテッド・サーチの実行

インシデント・レスポンダー

抱える課題

  • 大量のデータを手動で処理
  • 複数のツール間でプロセスを定義する必要性
  • 異種のチーム間でのアクションの調整

 

提供されるソリューション

  • ツールの統合と、タスクとロギングの自動化
  • インシデント対応用のプレイブックの作成
  • 統合コンソールを利用したコラボレーション

データ・セキュリティー担当者

抱える課題

  • 機密データに対するリスクの監視と特定
  • 規制要件への対応
  • データの脅威への対応

 

提供されるソリューション

  • データ・セキュリティーの可視化
  • ハイブリッドクラウドのデータ・アクティビティ・モニタリング
  • データリスクの分析と優先順位付け
  • データの脅威への対応

お客様の声