パートナー・ソリューション共創センターについて

日本IBMは、SIer様をはじめとしたソリューション・パートナー様とより密な連携を図るための組織「パートナー・ソリューション共創センター」を2022年1月に新設しました。

パートナー様のソリューション、サービス、またはアプリケーションの一部としてIBMテクノロジーを活用いただくための技術支援を行います。

IBMグローバルが有するユースケースや、見て体験して理解いただくショーケース・デモを活用し、MVPの開発を支援するクライアント・エンジニアリングのメンバーとともに、パートナー様とデザインセッションを実施し、先進ソリューションの共同開発をリードします。

パートナー・ソリューション共創チャンネルについて

パートナー・ソリューション共創チャンネルについて

ソリューション共創のヒントとしていただくべく「パートナー・ソリューション共創チャンネル」を開設し、パートナー様のエンジニアの方にIBM テクノロジーの最新情報を継続的に発信してまいります。

Step1

パートナー様のビジネスとソリューションを理解し、共創のきっかけとなる技術情報を継続的にご提供し仮説に基づいた協業のソリューションをご提案します。

ステップ2

パートナー様とIBMのテクノロジーとユースケースを持ち寄り、デザイン思考とアジャイル手法を活用し、解決のためのソリューションを特定します。

ステップ3

ハイブリッドクラウドを活用してMVP実験・実証を繰り返し新規事業創出を支援します。また、マーケティング戦略を共に立案し 、契約プロセスをフォローします。

ステップ4

ソリューションのデリバリー支援と更なる拡販の検討をします。また、マーケティング活動をご支援します。

共創チャンネル情報発信スケジュール

毎週水曜日 (4回/月)

コンテンツ

  • 協業プロジェクト / ニュース / プレスリリース / デザインセッションなどの事例
  • パートナー様ソリューションの価値を高めるためのIBMテクノロジーの最新情報

コンテンツ

第17回 8月3日(水)

ストレージによるOracleコスト最適化アプローチ

多くのお客様がOracle環境のコスト最適化を検討されており、状況に応じた対策があります。今回は主にストレージによるアプローチについてご説明いたします。

第16回 7月20日(水)

“データ可観測性”プラットフォーム databand.ai買収について

第15回 7月13日(水)

究極のバックアップメディア=テープ

大容量データにもランサムウェア対策にも!

第14回 7月6日(水)

エンタープライスJava環境をモダナイズするOSSのランタイムWebSphere Liberty

第13回 6月22日(水)

クラウドサービスの運用高度化によるシステム安定化とコスト削減のご提案 -パートナー様への実際のご提案/ユースケースを基にご紹介-

第12回 6月15日(水)

お客様がいま求めているSustainabilityソリューション、Enviziのご紹介   -すぐにお客様と会話ができる商材をお届けします-

第11回 6月8日(水)

動き出した分散クラウドの潮流 - IBM Cloud Satellite

第10回 6月1日(水)

データ活用プラットフォーム最新事情 -IBM自身の取り組みと共にご紹介-

第9回 5月25日(水)

  • パートナー様が活用できるデモ・ハンズオン環境を集約!最新ソリューションを見て体験できる「IBM Technology Showcase」と「TechZone」のご紹介
  • パートナー・ソリューション共創チャンネル 第11回以降の発信方法の変更について

第8回 5月18日(水)

認証にもAIを活用 – 安全と利便性を両立 - IBM Security Verify

第7回 5月11日(水)

どのようにDXを推進していますか?コンテナ化の秘策とは

第6回 4月27日(水)

チャットボットはもう古い!新しい顧客体験の創り方

第5回 4月20日(水)

  • デザインワークショップ事例のご紹介「共創におけるアイディエーションのポイント」
  • ストレージ製品での協業のご紹介「すぐ欲しい」の要望にお応えする即納可能なオール・フラッシュ!
  • パートナー様向けサーベイのご紹介

第4回 4月13日(水)

拡大する脅威をモダンなアプローチで防御 – QRadar XDR

第3回 4月6日(水)

ランサムウエア攻撃を受けても迅速な業務復旧を可能にするIBMストレージ

第2回 3月23日(水)

Cloud環境の最適化を実現するアプリケーション・リソース管理 - Turbonomic

第1回 3月16日(水)

  • IBM Executive からのメッセージ
  • パートナー・ソリューション共創センター 活動のご紹介
  • 共創のためのIBM最新テクノロジーのご紹介
  • デザインセッションへのお誘い

お問い合わせ

ご不明点がありましたらメールにてお問い合わせください。