コモディティ・アーキテクチャーではなくIBMでの拡張をお勧めする理由

コモディティ・アーキテクチャーができることには限度があります。新規株式公開当日で、需要の急増が見込まれ、ダウンタイムやライセンス料、ワイヤーのもつれ、クラッシュを起こしている余地がない場合は、コモディティ・アーキテクチャーは避けた方が良いでしょう。IDCによると、IBMにはそれぞれのお客様の戦略をサポートする最適なサーバーがあり、さらに、これらのサーバーには、お客様のマルチクラウド戦略を現実にするための柔軟性があります。

スケーラブル・サーバー

IBM Power Systemsスケールアウト型サーバー

日々変動するシステム要求に柔軟に対応できるインフラストラクチャーが求められています。IBMのスケールアウト型サーバーは、お客様のデータセンターに適合し、新しいアプリケーションとうまく連動して、幅広いワークロードに対応できる柔軟性と価値を提供します。x86サーバーよりも管理が容易で、運用の複雑さが軽減されます。

IBM Power Systems: GPU搭載の高速サーバー

ディープ・ラーニングのフレームワークや加速化の一途をたどるデータベースといったデータ集約型のワークロードを、確実に実装できるようになりました。データ・サイエンティストが希望する最先端のAIのイノベーションと、ITが必要とする信頼性とを結合することで、IBM® Power System™ Accelerated Compute Seriesは、人工知能(AI)、HPC、アナリティクスといった、高いパフォーマンスが要求される現代の最新のワークロードに対応して、優れた性能を発揮します。

IBM Hyperconverged Systems

IBM Hyperconverged Systems powered by Nutanixは、サーバー、ストレージ、およびソフトウェアの管理を一元化し、スタンドアロン・ストレージ・システムの必要性を排除します。このハイパーコンバージド・インフラストラクチャー・ソリューションは、Nutanix Enterprise Cloud PlatformとIBM Power Systemsを結合して、要求の厳しいトランザクションとコグニティブ分析のワークロードを簡素化します。

IBM Z

IBMメインフレームは、たとえばブラック・フライデーのように取引が非常に多くなる日でも確実に処理を行うことで定評があります。IBM z14は、優先順位に基づき自動的にリソースを再設定し、迅速かつ効率的に新たなサービスを実装することで、ビジネス需要の変化に迅速に対応します。32TBのメモリーと170個の専用プロセッサーを搭載した最大8,000台の仮想マシンをサポートします。

IBM LinuxONE

複数の混合ワークロードを並行して実行し、Javaの性能を最大50%加速化して、要求の急増時であっても最大200万のDockerコンテナーをサポートするよう即時に拡張が可能です。1日に最大580億件のデータベース・トランザクションをサポートできるLinuxONEは、最速の商用プロセッサー上で最大170個のコア(最大1,000個のx86コアと同等)によってすべて処理します。

リソース

三菱電機株式会社

高信頼性やセキュリティーを評価し、次世代のシステム・プラットフォームにIBM Zを採用しました。

日本生命保険相互会社

日本生命のITを支えるニッセイ情報テクノロジーが、IBMメインフレームを使い続ける理由とさらなる期待を語ります。

横浜銀行

オムニチャネル・マーケティング基盤に堅牢なUNIXオペレーティング・システムAIXを搭載した Power Systemsを採用しました。

損保ジャパン

保険AIを駆使した新規サービスを急加速する同社が、ディープ・ラーニング基盤をオンプレミスで構築した理由、環境選定の3つの視点をご紹介します。

電話でのお問い合わせ: 0120-550-210 | 識別コード:IBM Systems