概要

メリット

主要な機能

システム当たりのコア数の増加

システム当たり2.5倍のコアを使用して、より少ないサーバー上で同じ場所にワークロードを配置し、システム使用率を高めます。¹

柔軟な活用

システム全体で従量課金制が適用されるため、オンプレミスでもクラウドと同等の経済性を実現します。

Active Memory Mirroring

Active Memory Mirroringにより、アップタイムを増加させ、可用性と信頼性を向上させます。

メモリー帯域幅の拡大

IBM Power S924と比較して2.4倍のメモリー帯域幅を利用できます。¹

Matrix Math Acceleration

1コアあたり4つのMatrix Math Acceleratorを使用し、データが存在する場所でのAI推論を迅速化します。

ユースケース

SAP HANA on IBM Power

SAP HANA on IBM Power

SAP HANAのワークロードに対応する迅速なプロビジョニング、手頃な価格でのスケーリング、最大のアップタイムを実現できます。

IBM Cloud Pak® for Data

IBM Cloud Pak® for Data

ハイブリッドクラウド環境に分散したサイロ化されたデータを接続する、データ・ファブリックを構築します。

IBM i

IBM i

IBM iで基幹業務向けアプリケーションを実行し、必要なものだけを購入できます。

IBM Power上のOracle Database EE

IBM Power上のOracle Database EE

Oracleワークロードをより少ない数のサーバーとコアに統合することで、ソフトウェアのライセンス・コストを削減します。

ヘルスケア・アプリケーション

ヘルスケア・アプリケーション

最大のアップタイムと信頼性を備えたIBM Power上で、FHIR規格のヘルスケア・アプリケーションを実行します。

オープンソース・データベース

オープンソース・データベース

MongoDBやEnterpriseDBなどのオープンソース・データベース向けの理想的なプラットフォームにIBM Powerを採用しています。

参考情報

アナリストによる資料

エンタープライズ・コンピューティングの「最適な結果を得る」ための方法について、IDC社の専門家が解説いたします。

e-book

ハイブリッドクラウドのビジョンと戦略のあらゆる側面について、お客様に必要なガイダンスを利用できます。

フィールド・ガイド

無料でダウンロードできるIBMのフィールド・ガイドで、IBM Powerでアプリケーションをスマートかつコスト効率の高い方法でモダナイズするための戦略を解説しています。

脚注

¹ラボでのIBMの社内パフォーマンス・テストに基づいています。