IBM® i
回復力、安全性、堅固なアーキテクチャーにより、ビジネスを推進します。
Forrester社の2023年総経済効果(TEI)調査 IBM i ロードマップを読む
自動車と輸送コンテナの航空写真

IBM® iは、IBM®Powerサーバー用オペレーティング・システムです。

IBM iプラットフォームは、ビジネスとコンピューティングの両方で変わり続けるニーズに対応するよう設計されており、それが中核をなしています。「統合(integration)」を表す「i」が名称に含まれるIBM iは、統合をその特性としており、少ないリソースと高い信頼性を備える先進テクノロジーからさらに多くの価値を引き出すために役立ちます。

IBM iビジネスは、その優れた適応性で知られています。その特性により、IBMはIBM iに対して投資を行い、IBMとお客様双方が技術革新とビジネス革新を実現するための優れた基盤を提供するプラットフォームにすることができました。IT業界はサブスクリプション・モデルによるソフトウェアのライセンシングに移行しており、IBM iビジネスも同様のシフトを進めるお客様やビジネス・パートナーの要求に対応しています。

サブスクリプション・ライセンスにより、予測可能性と一貫した支払いオプションが提供され、テクノロジーを常時最新の状態に保つことができます。サブスクリプション方式を導入することにより、IBMは、AIや分析などの新しいテクノロジー開発を加速させ、お客様がこれまでにない方法でビジネス・アプリケーションに価値を付加できるようにしています。これは、お客様がビジネスをハイブリッドクラウド環境に移行して長期的かつ強力なIBM iロードマップを活用することで、未来の成功を確実なものにできるようにするための、IBMの取り組みの新たな第一歩です。

ロードマップを読む
IBM i World 2023 オンデマンド

IBM i World 2023 (2023年7月開催) の動画リプレイです。ぜひご覧ください。

IBM iの参考情報はこちら

利点 ROIがほぼ2倍

Forrester Consulting社によると、IBM® iをオンプレミスまたはクラウドに導入したお客様は、平均191%の投資収益率(ROI)とわずか6カ月の投資回収期間を実現しました。また、これらのクライアントは、システムのダウンタイムの削減により106万米ドルのコストを削減し、3年間で47万米ドルの生産性向上を実現しました¹。

 

 

TCOの削減

IBM iは完全に統合されたオペレーティング・システムであり、データベース、ミドルウェア、セキュリティー、ランタイム、ハイパーバイザーがスタックに統合され、1つのソリューションとしてライセンス交付されています。クライアントは個々のコンポーネントでサポート料金を支払う必要がないため、総所有コスト(TCO)が削減され、ビジネス・アプリケーションを実行するプラットフォームが簡素化されます。

ミッションクリティカルなワークロードを保護

権限収集機能を使用すると、誰がどのオブジェクトをどのように使用しているかを追跡および監視できます。これはセキュリティー・ポリシーおよびルールの決定に不可欠です。これらの機能により、ビジネス・クリティカルで高い機密性が求められるアプリケーションとデータのセキュリティーが強化されます。

ライセンス交付とサポートの柔軟なオプション

ソフトウェア・ライセンスとSWMAの両方を、1つのサブスクリプション価格でまとめて1年分支払うことができます。これによりTCOが削減され、柔軟性が向上します。

ビジネス・アプリケーションへの価値の付加

IBM i 7.5は、新しいDb2 for iの機能、オプション、およびツールにより、セキュリティーと可用性を簡素化します。

アプリケーション開発の最新化

IBM iアプリケーションを最新化する際に、ソフトウェア開発者をガイドして支援するツールを使用します。

機能 フルスタックの統合

IBM iは完全に統合されたオペレーティング・システムであり、データベース、ミドルウェア、セキュリティー、ランタイム、ハイパーバイザーがスタックに統合され、1つのソリューションとしてライセンス交付されています。

オブジェクト・ベースのアーキテクチャー

IBM iはオブジェクト・ベースのアーキテクチャーを採用しているため、プログラムを他のものに見せかけることはできません。これにより、ウイルスやセキュリティー侵害から環境を保護できます。

サブスクリプションの期間ライセンス

サブスクリプション・ライセンスにより、予測可能性と一貫した支払いオプションが提供され、テクノロジーを常時最新の状態に保つことができます。

ビジネス価値を生み出す新たなテクノロジー

IBM i上で実行されるアプリケーションは、AI、IoT、データ分析などの新しいテクノロジーと統合することで、付加価値を高め、ビジネスの新たな機会を切り開くことができます。IBM i 7.5では、Watsonの地理情報機能をIBM Db2®と併せて使用し、流通業のトラック・ルートの最適化など、ロケーション・ベースのデータを分析することができます。

システム管理の簡素化

IBM iには、管理をほとんどまたはまったく必要としない自律機能が備わっており、大人数のシステム管理チームの必要性を軽減します。IBM Navigator for iおよびIBM i Mobile Accessを使用して、任意のデバイスからIBM i環境をリモートで管理できます。

クラウドのデプロイメント・オプション

IBM iは、IBM CloudのIBM Power Virtual Serverを含む、さまざまなパブリック、プライベート、およびハイブリッドクラウド環境にデプロイして実行できます。

IBMのテクノロジー IBM Db2 for i

IBM Db2 for iは、IBM iに完全に統合されたリレーショナル・データベース・マネージャーです。

IBM Navigator for i

あらゆる場所でWebブラウザからIBM iインスタンスを管理および監視するための最新のユーザー・インターフェースを備えています。

IBM Db2® Mirror for i

基幹業務アプリケーションの継続的な稼働を可能にする高可用性ソリューションです。

IBM PowerHA for i

IBM iの高度な障害検知機能、フェイルオーバー機能、復旧機能により、継続的なアプリケーションの可用性を実現します。

IBM BRMS for i

IBM iで保存操作や復元操作を計画および管理するための戦略的ソリューション。

IBM Cloud Storage Solutions for i

IBM iファイルをクラウドで安全に保管することで、テープ・ドライブ、テープ・カートリッジ、オフサイト・ストレージのための配送サービスが不要になります。

IBM Rational® Developer for i

IBM iアプリケーションを作成、保守、最新化するためにEclipse上に構築されたIDEです。

IBM i用の統合Webアプリケーション・サーバー

IBM i用の統合Webアプリケーション・サーバーは、すぐにアクセスできるWebサーブレット・コンテナを含む軽量のJavaアプリケーション・サーバーで、jspおよびサーブレット・ベースのJavaアプリケーションを開発するための柔軟な基盤を提供します。

IBM i Modernization Engine for Lifecycle Integration

IBM iアプリケーションの開発およびモダナイゼーション環境です。

IBM i Solution

IBM i Solution Editionsを使用してITソリューションを実装すると、価値実現までの時間を短縮できます。これらの強力なソリューションは、IBM iおよびPowerサーバーと、業界をリードする独立系ソフトウェア・ベンダー(ISV)のコア・ビジネス・アプリケーションを組み合わせたものです。IBM i Solution Editionsは、多くの中小規模企業の要求に応える柔軟性を備えています。

ソリューション一覧 →

サービス一覧 →

データシートを読む

IBM i Solution Editionsの詳細をご覧ください。

システムを登録する

割引価格のIBMコンポーネントがプログラム内で適切に使用されるようにするため、IBM i Solution Editionを販売した場合は、毎回このフォームにご記入ください。

IBM i Solution EditionsのISVリスト

リストをダウンロードして、プログラムに含まれるすべてのISVをご覧ください。

次のステップ
その他の参考情報 IBM Powerサーバーの詳細 IBM i 関連情報 IBM i Club IBM Power Salon IBMグローバル・ファイナンシング