Linux対応サーバー・ハードウェア

堅牢なメインフレーム

セキュリティー、プライバシー保護、復元力をハイブリッドクラウド環境に提供するメインフレームであるIBM ZがLinuxに対応。最新機種はフレーム単位の拡張が可能なIBM z15です。

セキュアなLinux専用サーバー

オンプレミスからクラウドに至るあらゆる場所での暗号化を実現するLinux専用サーバーであるIBM LinuxONE IIIは、クラウドネイティブな開発をサポートします。

POWERプロセッサー搭載サーバー

データの高速処理を念頭に設計され、期間業務を筆頭とするさまざまなワークロードに対応するIBM Power Systemsは、パフォーマンス、信頼性、拡張性をLinux環境に提供します。

メリット

エンドツーエンドのIT管理

安全で信頼性が高く柔軟なサーバーを用いて、ハイブリッドクラウド向けITインフラストラクチャーの管理とオーケストレーションを行います。

データとワークロードの保護

優れたセキュリティー機能とプライバシー保護機能によりデータを保護するとともに、各種規制や法令の遵守とレジリエンシーを実現します。

柔軟な実装

IBM Power Systemsのスケールアウト・サーバーは、単一の筐体で複数のLinuxディストリビューションをサポート。ハイブリッドクラウド環境に最適な拡張性と、高い信頼性を提供します。