データ仮想化ツールとソリューション

データを移動させることなく、異種データを単一ビューで表示します。 煩雑さやエラーのリスクを軽減しながらデータを管理します。

黒い背景の中でストレージの仮想化を描写しているイラスト

概要

データ仮想化でデータ・サイロの解消と照会の高速化

企業はサイロ解消のために、多くの場合において異種データを分析目的で、データマート、データウェアハウス、データレイクなどの中央データ・ストアにコピーしています。 この方法では、ビジネス・インテリジェンスのために管理するデータの大半が、平均400にもおよぶ固有のデータ・ソースである場合、コストがかかり、エラーも発生しやすくなります。 データ仮想化により、データを移動することなくソースのデータにアクセス可能となり、照会が高速化して正確性も増すため、価値実現までの時間が短縮されます。


メリット

データ仮想化ツールとソフトウェアの利点 データ管理の簡素化

データ仮想化ツールはサイロを解消し、複数のソースを照会してデータの管理とガバナンスをします。

ブログ投稿を読む
連携の強化

ビジネス・ユーザーとシチズン・データサイエンティスト向けに、リアルタイムのセルフサービス・アクセスでデータを使用可能にします。

Webセミナーを見る
コストを削減

移行と複製のコストを削減します。 データへのアクセスを汎用化するとともに、データのガバナンスとセキュリティーを改善します。

ブログ投稿を読む
アクセスの一元化

あらゆるデータベースの照会とビッグデータ・リポジトリーは、一元化されたアクセスの制御とガバナンス向けとなっています。

ブログ投稿を読む

主なユースケースを見る

Customer 360

あらゆる角度から捉えた顧客データを構築し、パーソナライズされたカスタマー・エンゲージメントに向けてより深い洞察を引き出します。

Customer 360ソリューションの詳細はこちら
データ統合

適切なデータを適切な人につなぐことで、信頼できるデータを簡単に配信し、イノベーションを加速します。

データ統合ソリューションの詳細はこちら
データ・ガバナンス

企業がどのようにしてデータ・ガバナンスを簡素化し、信頼できるビジネス対応のデータ基盤を構築できるのかをご覧ください。

データ・ガバナンス・ソリューションの詳細はこちら

その他のユースケース

データ仮想化のお客様事例

汎用的な照会エンジンで、異種データにアクセス



IBM Watson Queryで、複数のデータ・ソース全体で単一の分散照会エンジンを使用できます。 Watson Queryはデータ仮想化と組み合わせて使用することにより、クラウド、データベース、データレイク、ウェアハウス、ストリーミング・データ全体を照会可能で、コピーもデータ移行も必要ありません。 最も必要なデータへのアクセスを高速化できます。

Watson Queryはこちら

データ・ファブリック・ソリューションで信頼できるデータを構築


インテリジェントなデータ・ファブリックで、適切なデータを適切な人へ適切な時間に接続します。 このアーキテクチャーのアプローチは、ハイブリッド、データ・ガバナンスのあるマルチクラウド環境、セキュリティ、およびコンプライアンスにまたがる様々なデータ・タイプへのアクセスを簡素化します。 IBMのデータ仮想化を利用することにより、ソースにある信頼できる高品質のデータに、ほぼリアルタイムでセルフサービスのアクセスが可能になり、データの正確性を高めることができます。

IBMのデータ・ファブリック・ソリューションの詳細はこちら

データ・サイロを解消して照会を高速化する


IBM Cloud Pak for Dataやデータ仮想化などのようなツールにより、お客様が、従来のウェアハウジング・アプローチおよび抽出、変換、ロード(ETL)アプローチよりも高速でリソースの少ないデータ・サービスの統合ビューを、構築、実行、管理するのを支援します。

お客様事例

ストレージ仮想化のお客様事例

次の ステップ

お問い合わせ

数千社のお客様と連携して、データ、分析、AIに関する優れた戦略を構築してきたエキスパートにご相談ください。

IBM Cloud Pak for Data

IBMのデータとAIプラットフォームが、どのように適切なデータを、適切な時に、適切な方々へ、場所を選ばずに接続できるのかについてご説明します。