データ・リーダーが注目される時代に

あらゆる組織がデータ駆動型を話題にしています。 収益性、効率性、顧客ロイヤルティーにかかわる問題である、つまりデータが組織全体で使用された場合、競争上の優位性を高めることができるのを皆知っています。 しかし、データを真の差別化因子にする方向に組織全体を導くためのスキルや予見性、影響力を持つ人はほとんどいません。 そこでデータ・リーダーの出番となります。

データがかつてないほど広く組織で使用されていることから、今はデータ・リーダーに大きな注目が集まっています。 データ・リーダーとして行われる意思決定は、ほとんどすべてのビジネス・ニーズ、ベンチャー、パートナーシップの中核になります。その予見性、決断、創造性が、新しい働き方の構築に役立つからです。

しかしご存じのように、データを戦略的に使用することは、思ったより困難である可能性があります。 データ・リーダーは、スマートかつレジリエントで、説得力を持っている必要があります。 また、チャンスに賭け、早く失敗し、再び試みるのを厭わないことも必要です。 それがまさに現実です。

データ駆動型企業は、適切なテクノロジーを選択して導入するだけでは実現できません。この変革には目標を達成するために時間とリソースをかける価値があることを、他の上級幹部に納得させること、そして結果をもってそれを証明することが含まれます。 また、それらすべてを通じて、適切な文化、スキル、コラボレーションを育成することが重要です。

真にデータ駆動型になるためには何が必要か?

このガイドは、IBM内外のCDO(最高データ責任者)、データ・リーダー、データ・エキスパートによって構想されました。運用をより効率的にすることによって、収益の増加を促進し、リスクを軽減し、最終収益を拡大するデータ戦略を構築するのに役立ちます。 以下のような質問への回答が得られます。

  • データ戦略の作成にはどのように取り組めばいいですか?
  • 賛同を得て成功を実証するための最善の方法は何ですか?
  • 私の戦略を実行するのに役立つ適切なデータ・アーキテクチャーは何ですか?

 

このガイドの執筆陣は皆、データとその可能性によってビジネスをより良く変えることに情熱を注いでいます。 差別化を図るデータで先頭を進みましょう。

データ戦略の設計

発想から実行まで、6つのステップでデータ駆動型の組織を構築します。

データ・アーキテクチャーの構築

データ・アクセスの向上によりユーザーを支援します。