#analytics

データ品質とは?

データ品質は、意思決定に必要なデータの信頼性を担保するために極めて重要です。 

データは重要な資産です。組織の中で動いていくものでもあり、その流れもしっかり管理する必要があります。情報源がますます増えて多様化してきており、また規制やコンプライアンスのイニシアチブがより重視されてくるのに伴い、データをさまざまな情報源から統合し活用していく方法として、一貫性のあり、信頼でき再利用可能な方法が求められています。 

IBMのデータ品質ソリューションは、収益の機会を特定し、コンプライアンス要件を満たし、お客様の問題にタイムリーに対応できるように支援します。

→ IBMがリーダーに選定された理由をご覧ください。データ品質ツールに関するガートナー社のマジック・クアドラント(US)

機能

Act on a trusted view icon

信頼できるビューでの対応

顧客に関する利用可能で意味のある情報すべてを信頼できるビューで提供します。データを管理しながら、クロスセル、アップセルの機会を的確にとらえることができます。

Accelerate data governance icon

データ・ガバナンスの加速

データ品質を向上させ、重要なエンティティーのマスター・ビューを作成して、さまざまなデータをライフサイクル全体にわたって管理します。これにより、実装にかかる時間を短縮してコストを削減し、重要なイニシアチブからのROIを最大限に高めます。

Modernize systems with consolidation icon

統合によるシステムの最新化

アプリケーションを統合して、時代遅れのデータベースの使用を廃止し、システムを最新化します。ビジネス・プロセスを自動化して、コストを節約します。

スポットライト

IBM InfoSphere Information Server v11.7の新機能をご覧ください。

最新リリースが提供する機能により、デジタル変革に向けて信頼できる分析基盤を構築できます。

  • ユーザー・インターフェースの最新化と統合
  • データレイクの管理およびランタイムの改善
  • 接続の機能強化
  • プラットフォームの最新化と簡素化

製品

IBM InfoSphere Information Server for Data Quality

継続的なデータ・クレンジングとデータ品質監視の機能により、データを信頼できるビジネス資源に変えることができます。

IBM InfoSphere QualityStage®

顧客、ロケーション、取引業者、製品などのデータ・エンティティーについての正確なビューを企業全体で作成および保守します。

IBM BigQuality

データのプロファイル作成および分析機能を提供して、データの内容および構造の一貫性と品質を正確に評価できます。

IBM InfoSphere Information Analyzer

ビッグデータ・ストレージのHadoopクラスターを対象とした、データ品質、プロファイル作成、クレンジング、モニタリングなどの豊富な機能をセットで提供します。

リソース

データ品質ツール ガートナーのMagic Quadrant

ガートナーのMagic Quadrant では、IBM がデータ品質ツールにおけるリーダーとして位置付けられています。

Information Serverを用いたデータ分析サービス

データ統合準備をご支援する、QualityStageを使ったData Quality Analysis、統合後のデータ品質維持をご支援するInformation Analyzerを使った Data Lineage Analysis 、2つのサービスをご紹介します。

IBM Data Governance Unified Process(日本語版)

情報ガバナンス・プログラムを実装するための実用的なステップとサブステップを詳しく説明するほか、IBM ソフトウェアが提供する自動化機能について説明しています。

アナリティクスと意思決定のためにビッグデータのガバナンスと管理を行うには

データに基づく意思決定を可能とするためにデータレイクに必要な管理とガバナンスとは何か?それを実現するIBM Data Lake のアーキテクチャとは?

データ品質評価の自動化を実現

IBM Information Analyzerは、自動取り込み、自動用語割り当て、および自動品質ルール作成を提供して、データレイクへの資産の追加を高品質のエクスペリエンスにします。

機械学習を使用した信頼できるデータの構築

機械学習による詳細なプロファイル作成と分析を使用して、データの価値を向上させる方法について説明します。

お客様成功事例

Localiza社は、さまざまな自動車レンタルと販売の部門で顧客との対話の可視性を高め、サービスの向上と販売促進のための機会を特定したいと考えていました。

不動産ポートフォリオの価値を5年間で2倍にすることを目標として、QuadReal社の意思決定者は、多くの異なるソース・システムに散在するポートフォリオ・データへのタイムリーで正確な洞察を必要としていました。

関連製品

IBM InfoSphere Information Server

信頼できるデータのクレンジング、モニター、変換、提供を行えるようにする、先進のエンドツーエンドのデータ統合プラットフォームです。

IBM InfoSphere Information Governance Catalog

ユーザーがビジネス用語を定義、管理、共有し、情報を検索、把握、分析することを可能にするエンタープライズ・データ・カタログです。

IBM InfoSphere マスター・データ管理

単一または複数のドメインの、顧客、サプライヤー、製品、アカウントなどを含むマスター・データを管理します。

お問い合わせ

データ活用にまつわる課題をお持ちではありませんか?
IBMはデータ活用のための多様なソリューションを幅広く揃え、ご要望にお応えします。
データ活用に関するご相談・お悩みがございましたら、お気軽にエキスパートにお問い合わせください。

 

電話番号: 0120-550-210            識別コード:Analytics