概要

データ品質とは?

データ品質は、組織全体でデータを利用できるようにしつつ、データをクレンジングし管理するのに役立ちます。 高品質のデータを使うことにより、戦略システムがすべての関連データを統合して、組織と組織内の相互関係の全体像を提供できるようになります。データ品質は、意思決定の信頼性の決定に不可欠な特性です。

DataOpsは、ビジネス対応のデータ・パイプライン全体で、すべてのビジネス目標への適合のためにデータ品質が維持されるようにします。 組織は、IBMのデータ品質ソリューションを実装することによって、データの整合性を強化して、情報資産を最大限に活用することができます。

IBMはデータ品質ソリューションに関する2020年版ガートナー社の「マジック・クアドラント」市場レポートでリーダーとして評価されました。 (要登録, 英語)

60秒でデータをデコード:データ品質とは

60秒でデータをデコード:データ品質とは(00:45)

データ品質のメリット

信頼できるビューでの対応

データを管理し、クロスセルの対象となる顧客を正確に特定します。

データ・ガバナンスのサポート

ライフサイクル全体で多様なデータを管理し、ROIを最適化します。

システムのモダナイズ

アプリケーションを統合し、プロセスを自動化してコストを削減します。

Flagstar銀行

Flagstar銀行のデータ品質アーキテクトであるDavid Abayev氏が、情報アーキテクチャーをモダナイズする戦略について説明します。

推奨関連製品

IBM InfoSphere DataStage

この非常に拡張性の高いデータ統合ツールは、オンプレミスとクラウド上で、データを移行・変換するジョブの設計、開発、実行を支援します。

IBM InfoSphere Master Data Management

単一または複数のドメインのマスター・データ(顧客、サプライヤー、製品、アカウントなど)を管理します。

IBM Cloud Pak® for Data

オンプレミスかクラウドかを問わず、データの統合を行う柔軟なマルチクラウドのデータ・プラットフォームです。データをその発生場所で安全に維持します。

お客様向けご相談窓口

お客様ご相談窓口

初期費用やお客様の要件に合わせた構成についてもご相談可能です。
ビジネスでのデータ / AI 活用のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。