将来にわたるデータ管理戦略

今日のデジタル企業は、迅速かつ実用的な洞察を必要としています。企業内に存在するデータの量や種類が増え、データの存在場所が増加してきているのに加えて、より多くのビジネス・ユーザーがそのデータを必要とするようになってきているため、そのような洞察を得るのはますます困難になってきています。これがマルチクラウド環境の複雑さと相まって、管理と統合を非常に困難なものにしています。成功するためには、企業はデータと分析に関連するあらゆるものに対してハイブリッド・データのアプローチを導入する必要があります。

IBM Db2® Hybrid Data Managementでは、任意のタイプのデータベースまたはデータウェアハウスの選択、優れたソフトウェアやオープン・ソース・ソフトウェアからの選択、さらには既存の投資の活用といった選択肢が提供されます。IBMのソリューションは、オンプレミス、プライベート・クラウド、パブリック・クラウドのデータ、あるいは構造化および非構造化データ・タイプ全体から統合されたデータに対するビジネス上の洞察を収集、管理、提供します。IBM Hybrid Data Management Platformを使用すると、データ・アーキテクチャーの変化に応じて、時と場所を選ぶことなくプラットフォームを実装し、必要に応じてそれを拡張・縮小できます。

→ データを企業競争力につなげる「ハイブリッド化」対応

差別化要因

IBM Db2 Hybrid Data Managementとのデジタル・トランスフォーメーション・ジャーニー

組み込み型機械学習とデータ・サイエンス

データからより多くの価値を入手しましょう。既にプロが好んで使っているツールを使用して、データが存在する場所で分析を実行できます。

自由な移行と拡張が可能

オンプレミス、クラウドを問わず、Db2ファミリー内の任意の製品にライセンスを移転できます。時と場所を選ぶことなく、必要に応じてデータをデプロイしたり、拡張・縮小できます。

 

IBM Common SQL Engineと組み込み仮想化

Common SQL Engineで作動する、ポータブルなアナリティクス機能を使用した、極めてスケーラブルなデータ管理が可能です。

オンプレミスとクラウドのサポート

Common SQL Engineで作動する、ポータブルなアナリティクス機能を使用した、極めてスケーラブルなデータ管理が可能です。

機能

IBM Db2 Hybrid Data Managementの検討

データベース管理

IBM Db2データベースは、オンプレミスとクラウドのデプロイメント・オプション、業界最先端のデータ圧縮、混合ワークロードに対する堅固なパフォーマンス、最新のデータ・セキュリティー、および、再設計せずに拡大・縮小および調整する能力を備えた、適切なデータ基盤を提供します。

データウェアハウス

IBMデータウェアハウスはCommon SQL Engineを装備して、幅広いデータ構造とデータ・タイプをサポートするとともに、迅速で優れたパフォーマンスに加えて、オンプレミス、クラウド、および統合されたアプライアンスのいずれの環境にもデプロイ可能な柔軟性を提供します。

データレイク

IBMデータレイクは、過去には分析できなかった膨大な量の非構造化データを利用可能にして、俊敏なデータ駆動型の意思決定を可能にします。 Hortonworks社と協力して、IBMは低コストのオープン・ソース・テクノロジーをエンタープライズ・グレードのリアルタイム分析と組み合わせることに成功しました。

ファストデータ

IBMファストデータは、超高速のデータ取り込みおよびリアルタイム・データと履歴データの同時分析を機械学習と結合して、大規模なイベント・ドリブン・アプリケーション開発をサポートするオープンな環境を構築することを可能にします。

注目の資料

ハイブリッド・データ管理でのデータ・タイプの統合を表す、3次元のマルチカラー・バーの横長の図。「パートナー」領域のロゴ

ハイブリッド・データ・マネジメント・ガイド

ハイブリッド・データ・マネジメントにより、企業がどのようにあらゆるタイプとソースのデータを活用し、オンプレミスとクラウドの環境をシームレスに統合し、機械学習を実現し、セルフサービスやその他のサービスを向上させるのかをご覧ください。

IBM Db2 Hybrid Data Management

IBM Db2 Hybrid Data Managementは、量、多様性、速度に対する制限なしに、関連するすべてのデータを収集および取り込むように設計されています。このデータは、統合されたアクセス可能な資産と見なされます。

製品

Hybrid Data Management Platform

オンプレミスまたはクラウド上のデータに対するビジネスの洞察を収集、管理、および提供するための、新しい柔軟なプラットフォームです。データ・リソースを必要なときに必要な場所に、単一のサブスクリプションで動的に割り振ることができます。

Db2ファミリー

IBM Db2には、データベース、データウェアハウス、データレイク、ファストデータ用の製品が含まれています。任意のタイプのデータベースまたはデータウェアハウスを選択し、優れたソフトウェアやオープン・ソース・ソフトウェアを選択し、さらに既存の投資を活用できます。

Integrated Analytics System

データ・サイエンティストの開発やデプロイメントの時間を短縮し、競争力を維持するのに必要な洞察を推進する、高性能でクラウド対応のデータ・プラットフォームです。

Informix

OLTPおよびIoT向けに最適化された、理想的なエンタープライズ・クラスのデータベースです。SQL、NoSQL/JSON、時系列、空間データをシームレスに統合できるユニークな機能により、新しいフロンティアを構築します。

リソース

ハイブリッド・データ・マネジメントのROIとハイブリッド・データ・マネジメントをお勧めする理由

Aberdeen社とIBMが、最新のデータ・インフラストラクチャーの構築と管理における課題や負担を検討し、ハイブリッド・データ・マネジメントのリーダーとなるための重要なステップをご覧ください。

ビジネスの将来にとってファストデータ管理が不可欠な理由

ファストデータ管理の導入により、新しいビジネス・オポチュニティーと洞察を見つけることができます。Forrester社とIBMが、イベント・ドリブン・ビジネス・アプリケーションの次の波の中核を成すビジネス要因とテクノロジー要因についてどのように議論するのかをご覧ください。

データ・マイグレーション

簡素化されたツールと専門的なサービスにより、ハイブリッド・クラウドへのジャーニーを加速します。

お客様事例

株式会社ゲオホールディングス

事業部門主導によるデータ・ドリブンのマーケティングを実践するため、他社アプライアンスからIBM Db2 Warehouse on Cloudに移行。

900万人の顧客への個別レコメンドを実現し、過剰クーポン配布の抑制で週あたり350万円のコストを削減しました。

株式会社バローホールディングス

100億件を超える販売履歴データの分析基盤を、パブリッククラウドのIBM Db2 Warehouseに移行。

決め手は、他のクラウド・ベンダーにはない、24時間365日のサポート体制と、クラウド上でもデータをインメモリで処理するパフォーマンスの高さでした。

株式会社フィンズ

“放送業務に欠かせない基幹システムにIBM Db2を採用”

各局のシステム共同利用により、TCOを20%削減。同時に、運用負荷軽減、パフォーマンス向上を実現。

株式会社ディノス・セシール

カタログ通販の膨大なデータを処理するデータウェアハウス基盤を刷新。IBM Db2 10.5 on Powerを活用して“全件データ分析”のパフォーマンスを3倍以上に向上

Sicoob

Sicoob がインフラストラクチャー転換によって新たな成長と運用効率を実現

株式会社正興電機製作所

“Db2 の Oracle 互換性を最大限活用し、短期間での移行を完了”

Oracle Databaseで稼働していた九州電力配電部門のデータ管理サーバをIBM Db2でリプレースして導入・運用コストを削減

三菱総研DCS株式会社

“強化されたOracleデータベース互換機能が開発における不安を払拭”

5年間のDBMSのライセンスおよび保守コストを23%削減、多彩な機能で運用効率も向上

IBM Db2がお客様のITインフラストラクチャーの簡素化、重要なビジネス・レポート作成の迅速化、データ・アクセスの高速化を達成すると同時に、投資と運用コストを削減する方法について説明します。

KONE Corp.が、IBM Watson IoT™およびIBM Cloud™を使用して、世界中で110万基のエレベーターで「人の流れ」を向上させる方法をご覧ください。

IBMが提供する、超高速データウェアハウジング・プラットフォームを実装した後、Nedbank Group社がすべての部門でアナリティクスの需要がどのように急増したのかについて説明します。

IBM Db2 Warehouseの導入により、弊社はデータウェアハウスのストレージ容量を最大25%から35%削減できることになるでしょう。

—Paul Morley、エグゼクティブ, グループ・データ・サービス、, Nedbank Group

お問い合わせ

データ活用にまつわる課題をお持ちではありませんか?
IBMはデータ活用のための多様なソリューションを幅広く揃え、ご要望にお応えします。
データ活用に関するご相談・お悩みがございましたら、お気軽にエキスパートにお問い合わせください。

電話番号: 0120-550-210            識別コード:Analytics